2020年05月11日

トランプ米大統領が詐商法まがいのメールで献金を勧誘

‘20年5月11日(月)

近ごろ怪しいメールが頻繁に
届く。
「あなたの寄付はゼロ」
「貢献度は底辺の1%」
「今なら35j(約3700円)で
 ゴールド会員に」。
新型コロナウイルスに便乗した
新手の詐欺商法ではない。
トランプ米大統領からの献金の
勧誘だ
▲取材に必要と4年前の
大統領選で陣営に登録した
アドレスが残っているのだろう。
外国人は献金禁止だから貢献の
しようがないが、必死のメール
攻勢の背景には献金が伸び悩む
懐事情があるらしい
▲11月の大統領選に向けた
資金獲得競争で、民主党大統領
候補に確定した
バイデン前副大統領に
3月分の集計で初めて抜かれた。
これまでの総額では引き離して
いるものの、独走してきただけに
焦りがあるのだろう
▲大規模な集会で支持者を
熱狂させ、資金獲得につなげる
のが強みだ。新型コロナの影響で
集会開催が制限され、その機会が
奪われてさぞかし失望しただろう。
だが、それだけが資金力の失速の
原因だろうか
▲感染症対策をめぐる軽率な
言動が物議を醸し続けている。
最近も治療法として
「消毒液を注射できないか」
と発言し、うのみにしないよう
当局が注意喚起する事態に至った。
支持率低下にも拍車がかかった。
だれもが不安ないま、
市民を惑わす発言をすれば信頼を
失うのは当然だ
▲政治献金を日本では「浄財」と
呼ぶことがある。もともと
宗教団体などへの寄付を指す、
貴重なカネのことだ。
その使い道を私たちは政治家に
託す。世の東西を問わず
信頼がなければすすんで
差し出すことはない。
(余録 毎日新聞5/10 02:02)

亡くなって久しい義父が
「金がないのは、首がないのと
 同じだ」と言ったことがある。

会社も政治も同じだということか。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする