2020年04月02日

水前寺清子さんの歌を体現したのはイチロー氏だった

‘20年4月2日(木)

トヨタ自動車は1日、
自社が運営するウェブメディア
「トヨタイムズ」で、
昨年現役を引退したイチロー
さんの新入社員向けのメッセージ
動画を配信した。
新型コロナウイルスの感染拡大の
影響で中止した入社式で流す
予定だった
「サプライズメッセージ」だ
という。

イチローさんはメッセージの
冒頭、トヨタが今年1月に
発表した新しい街の構想
「ウーブン・シティ」に触れ、
「(豊田)章男社長がトヨタという
 会社のバッティングフォームを
 変えようとされている」と
切り出した。
現役時代、毎年のように
バッティングフォームを変え、
成績が下がっても
常に挑戦してきた自身の経験を
踏まえ
前進と後退を繰り返して、
 少しだけ前に進む

 つまり、後退も成長に向けた
 大切なステップなんじゃ
 ないか」と述べた。

また、現役引退後、
学生野球の指導に必要な
研修を受けた経験から、
「指導する側よりも
 指導される側の方が力が
 強くなっている。
 これも時代だからという
 一言で片付けて良いので
 しょうか?」としたうえで、
「僕は大変憂慮しています。
 上司や先輩から教わることには
 大切なことがたくさんあります。
 それを謙虚な気持ちで
 受け止めてほしい」
「厳しく指導することが難しい
 時代に誰が教育をするのか?
 それは自分自身です」と
語りかけた。

トヨタの新入社員は1165人。
例年は愛知県豊田市の
トヨタ本社で入社式を開き、
出席者全員で社歌を歌うのが
恒例だが、今年は
新型コロナウイルス感染拡大の
影響で中止。
トヨタ広報によると、
イチローさんがトヨタの
新入社員にメッセージを送るのは、
2018年以来2回目。
(朝日新聞DIGITAL4/1 11:47)

参考
ウーブン・シティ
米国・ラスベガスで1月初めに
開催された世界最大の
IT家電ショー「CES2020」で、
世界中をアッと言わせたのが
トヨタ自動車の
「コネクティッド・シティ」の
プロジェクトだ。
CASE、AI、パーソナルモビリティ、
ロボットなどの実証を
実施する街として建設。
「Woven City
(ウーブン・シティ)」と
名付けられた。(weblio)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする