2020年03月31日

志村けんさん逝く、新型コロナはまだ大丈夫じゃない

‘20年3月31日(火)

ザ・ドリフターズのメンバーで
タレントの志村けんさんが
コロナウイルスによる肺炎のため
亡くなったことが30日、分かった。
29日午後11時10分、都内の病院で
死去した。70歳。死因は
新型コロナウイルスによる肺炎。
葬儀は親族のみで行う。
今後親族と相談しながら
お別れの会をとりおこなうか
検討する。
志村さんは3月23日に
新型コロナウイルス検査で
陽性と判明、都内の病院に入院
していた。所属事務所の
イザワオフィスは同25日に
報道各社に文書で発表していた。
関係者によると、志村さんは
今年1月に定期健診で胃のポリープが
発見され摘出手術のために
6日ほど入院していた。一方で、
「基本的に通院するような持病も
 なく体調は良かった」という。
志村さんは1974年、
ザ・ドリフターズに荒井注さんの
脱退を機に加入。
TBS系「8時だョ!全員集合」の
「少年少女合唱隊」のコーナーで
地元の「東村山音頭」を歌った
ことでブレーク。
加藤茶(77)とのコンビの
「ヒゲダンス」、
「カラスの勝手でしょ」、
「志村、後ろ!」が大流行し、
社会現象にもなった。
さらに、「バカ殿様」は
86年からフジテレビ系で
特番化され現在まで続く
名物番組となった。
85年に「全員集合」が終了後、
加藤と
「加トちゃんケンちゃん
 ごきげんテレビ」、
87年からはフジテレビ系
「志村けんのだいじょうぶだぁ」が
スタートするなど、日本のお笑い界の
代表的な存在となった。
私生活では独身を貫く一方で、
プレイボーイとして、たびたび
週刊誌などを賑わせた。

◆志村けん(しむら・けん)
本名・志村康徳 
1950年(昭25)2月20日、
東京・東村山市生まれ。
ザ・ドリフターズの付き人を
経て、74年、正式メンバーに。
TBS系「8時だヨ!全員集合」で
「東村山音頭」のギャグで
ブレーク。
加藤茶との「ひげダンス」、
「カラスの勝手でしょ」
「アイーン」など次々に
ギャグを生む。
主なキャラクターは
「バカ殿様」
「変なおじさん」
「ひとみばあさん」など。
166センチ、血液型A。
◆ザ・ドリフターズ 
64年にいかりや長介さん
(04年死去)をリーダーに
したコミックバンドとして
誕生。
他のメンバーは加藤茶、
荒井注さん(00年死去)、
高木ブー、仲本工事。
66年にザ・ビートルズの
日本武道館公演の前座を
務めた。
74年に荒井さんが抜けて
志村けんが加入。
69年にTBS系
「8時だヨ!全員集合」が
放送開始。77年に
フジテレビ系
「ドリフの大爆笑」が
スタートし、
コントグループとしても
国民的人気となった。70年に
「ドリフのズンドコ節」が
ミリオンヒット。
ほかに「いい湯だな」
「ミヨちゃん」
「誰かさんと誰かさん」
などの代表曲がある。
(日刊スポーツ3/30 10:;12)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | お悔やみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

こまめに外出するわが国の高齢者は元気過ぎるのか

‘20年3月30日(月)

○高齢者や既往症のある人
米ジョンズ・ホプキンズ大の
集計によると、新型コロナウイルス
感染症による死者が28日、
世界全体で3万人を超えた。
20日に1万人を超え、25日には
倍増して2万人を上回ったばかり。
感染者も65万人を超え、
世界的大流行は依然として
続いている。
各国発表によると、死者が
群を抜いて多いのは1万23人の
イタリアで、5690人のスペインが
続く。両国で世界全体の死者の
約半数を占める。
いずれも平均寿命が約83歳と
世界でも屈指の高さで、
高齢化社会を新型コロナが直撃
している。

新型コロナ感染症は高齢者や
既往歴がある人ほど、重症化
しやすいことが分かっている。
【ジュネーブ共同】(共同通信社3/29 05:50)
 
○おばあちゃんの原宿巣鴨
「おばあちゃんの原宿」といわれる
巣鴨地蔵通り商店街(東京都豊島区)では、
臨時休業する店が相次ぎ、
普段の週末より少ないものの、
人通りは絶えなかった。

野菜を買いに訪れたという
近所の女性(78)は
「外出自粛中なので、
 『人に見られると恥ずかしい』と
 思いながら家を出てきたが、
 意外と人がいた」と拍子抜けした様子。
娘と2人で板橋区から来たという
女性(82)は
「池袋に買い物に行ったけれど
 百貨店が閉まっていたので」と話し、
散歩を楽しんでいた。

商店街の洋食店経営者(81)は
「昨日と比べると人出は変わらない。
 要請があっても出歩く人は出歩くの
 でしょう」と複雑な表情で話していた。

■青パト呼びかけ
「皆さんの行動が感染の拡大を
 防ぐことにつながります」

板橋区の仲宿商店街では、
区の青色防犯パトロールカー(青パト)が
外出自粛を呼びかけながら走行した。
この日の商店街は買い物客で
普段の週末と変わらないにぎわい。
青パトの運転手を務めた男性(54)は
「外出自粛が浸透していない。
 広報が重要だと思った」と語った。

文京区も青パトによる巡回を実施。
スピーカーで「換気の悪い密閉空間」
「多くの人が密集」「近距離での会話」の
3条件が重なる場所を避けるよう求めた。
(読売新聞オンライン3/29 09:38)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

韓国マスコミが大丈夫かと心配する上野公園の人出

‘20年3月29日(日)

市街地の歩道に大きな白い
花びらがかたまって落ちている。
何かと思ったら銀行の支店の
裏庭に植えてある背の高い
モクレンの木の花びらで、
垣根越しに落ちていたのだ。
モクレンの花は散るときには
どっと散る。
ソウルでは春一番の花だが、
咲いたのも気付かないうちに
もう散りはじめていたのだ。

枯れ木ばかりの春のソウルで、
花といえばこのほか黄色い
レンギョウや淡いピンクの
杏子(あんず)の花などもあるが、
今年はどうも印象が薄い。
世の中がコロナ、コロナ・・・で
準戦時体制みたいになっている
せいか、花の開花などには
気が回らなかったようだ。

で、南部の方では桜の開花期だが、
韓国最大の花見の名所である
鎮海(チネ)の「軍港祭」と
いわれる桜祭りが、今年は
コロナ予防のため中止になり、
花見も全面禁止された。
聞くとソウルでも、桜の名所の
汝矣島(ヨイド)で毎年4月に
行われる桜祭りが中止になったとか。
たしかにマスクをしての花見などは
うっとうしくて気分は出ないだろう。

そんな雰囲気のなかで
韓国のマスコミは、東京・上野公園の
花見の人出を驚きをもって
伝えていた。
周りの韓国人からも、
「東京はあんなことで
 大丈夫なのか?」と随分、
心配された。
“国難”といわれ、挙国的な
防疫体制の韓国では
考えられない風景というわけだ。
(黒田勝弘 ソウルからヨボセヨ(もしもし)
 花見気分にもなれず 産経新聞3/28 7(国際)面)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

新型コロナウイルス感染者数、米国が中国を抜く

‘20年3月28日(土)

新型コロナウイルスの
世界の感染者が27日、
累計50万人を突破した。
米ジョンズ・ホプキンス大学
システム科学工学センター
(CSSE)の集計によると、
日本時間同日早朝の時点で
52万人以上。
感染拡大に歯止めがかからず、
事態は深刻度を増している。

米国が8万2000人を超え、
中国(約8万2000人)を
抜いて世界最多となった。
このほかイタリア(約8万1000人)、
スペイン(約5万6000人)、
ドイツ(約4万4000人)など。
AFP通信の集計では、
欧州だけで全体の約半数の
27万人以上という計算だ。

CSSEによれば、世界の死者は
2万3000人超に上った。
イタリア(約8200人)、
スペイン(約4200人)、
中国(約3300人)、
イラン(約2200人)、
フランス(約1700人)の
順に多い。イタリアは
医療崩壊の危機にひんしている。
(k時事通信社3/27 08:06)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

五輪を延期させたのは暴君ネロと新型コロナだけだ

‘20年3月27日(金)

思えばオリンピックとは
ものすごいイベントである。
いや、ここでいうのは
古代ギリシャのそれのことだ。
紀元前8世紀から
紀元4世紀までの実に
1200年近くの間、4年ごとに
293回も開催されてきた
▲その間、聖なる休戦が
破られて祭典の開催地で戦闘が
起きたこともあったが、
一度として中止されたことは
なかった。
ただ「延期」は、一度ある。
紀元65年に開催されるはずの
第211回の祭典が2年後の
67年に繰り延べされたのだ
▲延期させた張本人は
ローマ帝国の暴君ネロだった。
ネロは自身が馬車競走などに
出場、落車したのに審判に
優勝と判定させるなど、
まさに「自分ファースト」の
オリンピックに仕立てたのだ。
主催のギリシャ人には
屈辱の歴史である
▲まだ1世紀余の歴史しかない
近代五輪は、戦争による中止を
夏冬計5度も経験した。
しかし、「延期」はこれが
史上初という。
東京五輪・パラリンピックを来年に
繰り延べさせたのは、暴君より
たちの悪い新型コロナウイルスだった
▲4年の周期に心身をささげた
アスリートには気の毒である。
1年延期の経済的・社会的負担は
日本にも大きい。だが、ここは
新型ウイルスの脅威を軽視せず、
感染症から人命を守る闘いにおいて
なすべきことが「ファースト」
だろう
▲振り返れば
近代五輪・パラリンピックは
グローバル化する文明を祝福する
祭典である。
その文明がもたらした感染症の
パンデミックを
制圧することなしには、
どんな祝祭も似つかわしくない
21世紀の人類だ。
(余録 毎日新聞3/26 02:04)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする