2020年01月31日

大震災の避難所に「アンパンマンのマーチ」という違和感

‘20年1月31日(金)

東北が天災に襲われ、
信じられないような大きな
被害を受けたとき、
すべての言葉はむなしい。
はじめは、そう思った。

いったい何をすればいいのか。
呆然とするばかりだった。

ところが大震災から三日後、
あるラジオ番組に
「アンパンマンのマーチを
 流してください」という
リクエストがあり、
さっそく放送したところ、
子どもたちがラジオに合わせて
大コーラスを始めた。
大人たちも涙をこぼして
感動した。
それから、ラジオ局は連日、
この歌を流したという。

このニュースを聞いて、
「そうか、ぼくにできることは、
 心に傷を負った子どもたちを
 元気づけ、励ますことなんだ」
とわかった。

すぐに被災地に激励ポスターを
送り、チャリティコンサートも
始めた。

震災で大きなショックを受けて
まったく笑わなくなってしまった
子どもが、アンパンマンの
ポスターを見て笑い出し、
それを見たお母さんが泣き出した
というニュースも届いた。

ぼくがつくった歌やぼくが生み出した
アンパンマンが、こんなときに
少しでも役に立ったのだとすれば、
本当にうれしい。
(やなせたかし 明日をひらく言葉 PHP研究所)

震災数日後、営業を始めた
スーパーでも、このアンパンマンの
マーチを流していた。

こんなときにとこの曲に
違和感を感じたが、しばらく聞く
うちに、元気になるのに
気づいた。

元気になるためなら、もう一曲。

NHK教育テレビで放送される
アニメ忍たま乱太郎の
オープニングテーマは
乗りのいい、
 馬飼野康二作曲
 松井五郎作詞の
勇気100%」。

「きみ」、「ぼく」、
「青春」、「冒険」とかに
違和感を感じる人も
そこだけ目をつぶれば、
元気のもらえる歌だ。


がっかりしてめそめそして
 どうしたんだい
太陽みたいに笑う
 きみはどこだい
Wow Wow

やりたいこと やったもん勝ち
 青春なら
つらいときはいつだって
 そばにいるから

夢はでかくなけりゃ
 つまらないだろう
胸をたたいて 冒険しよう

そうさ100%勇気
 もうがんばるしかないさ
この世界中の元気
 抱きしめながら
そうさ100%勇気
 もうやりきるしかないさ
ぼくたちが持てる輝き
 永遠に忘れないでね
       (1番)

当然、幼児が歌いやすい
音域と息継ぎで、
若者が好む歌にも
数えられている。

いっそのこと、子どもっぽく、
歌ってしまうか、ハミングしても
明るい気持ちになれる名曲だ
と思う。

参考
YouTube-アンパンマンのマーチ
YouTube-勇気100%
posted by (雑)学者 at 11:43| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

中国では新型肺炎はどこ服吹く風、貧困層の病気だから

‘20年1月30日(木)

半地下に暮らす全員が
失業中のキム一家と、
高台の豪邸に住む
IT企業社長のパク一家。
今話題の韓国映画
「パラサイト」は、
格差社会をグロテスクに
描き出す。
善良なパク家は、
貧しい人たちの生活に
無関心だった。
それが一家の悲劇に
つながっていく
▼中国政府の発表によれば、
新型コロナウイルスによる
肺炎の感染者は、
中国本土で6千人近くに
達した。
連日、このウイルスに関する
ニュースが流れている。
ただし、先のパク家の視点
だけで伝えられているの
ではないか
▼そんな疑問を抱いたのは、
今週号の
「ニューズウィーク日本版」の
記事
「新型肺炎の最大の犠牲者は
 貧困層だ」を読んだからだ。
記事によれば、
私たちがニュース映像で目にする
マスク姿の中国人旅行者は
ほんの一部の富裕層である。
これに対して、発生源となった
武漢市内の生鮮市場では、
主に出稼ぎの単純労働者が
働いていた
▼彼らの多くは、武漢が閉鎖
される前に、長距離バスや
相乗りトラックで故郷に
向かっている。
たとえウイルスに感染しても、
貧困層にとって病院は
遠い存在である。
身分証もインターネットの
アカウントも持たない人たちは、
中国自慢の監視網さえ潜り抜けて
しまう。つまり国内においては、
すでにウイルス拡散を防止する
のは手遅れということだ
▼「パラサイト」では、
キム家の父親は、ベンツの運転手
となってパク家にもぐりこむ。
ベンツは「格差」の象徴だった。
先ごろ北京の世界遺産、故宮に
ベンツで乗り込んだ女性が、
「特権階級のわがまま」と、
批判を浴びたばかりである
▼中国の習近平国家主席は、
ウイルス感染の流行を
「悪魔」と表現した。
悪魔を産み育てたのは、
中国の超のつく格差社会である。
(産経抄 産経新聞1/30)
posted by (雑)学者 at 14:18| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

中国発の新型肺炎は食用にされてきた野生動物たちの反撃

‘20年1月29日(水)

新型コロナウイルスによる
肺炎患者が中国で急増し、
他国にも広がっている。
日本は強制入院などが
可能になる「指定感染症
とする方針だ。
対策を強化しても終息には
時間がかかるとみられ、
長期戦を覚悟しなければ
ならない。
中国の発表では患者数は
1日あたり数百〜1000人ずつ
増えている。
最初の患者が出た
武漢などで公共交通機関を
止める「封鎖措置」をとったが、
すでに広範囲に感染者がいる
とみられ、対応が後手に回った
感は否めない。
日本や米国、フランスなど
中国以外の患者は今のところ、
数十人にとどまる。
だが、最長14日とされる
潜伏期間
を考えると、
これから増える懸念がある。
武漢から日本へは、
患者が出始めてから封鎖までに
1万人以上が渡航したもようだ。
今後はチャーター機で多くの
日本人が帰国する。
せきや発熱のある人を把握し、
迅速に検査する必要がある。
安倍晋三首相は27日、
新型肺炎を指定感染症にすると
表明した。
感染症法に基づき、患者の
指定医療機関への隔離や
就業制限が可能になる。
検疫での正確な健康状態の
申告も義務付ける。
当初は世界保健機関(WHO)の
「緊急事態」宣言を待って、
厚生労働省が指定を検討する
方針だった。
WHOは22、23日の
緊急委員会で宣言を見送ったが、
その後の感染拡大を踏まえて
異例の短期間で指定を決めた。
人々の自由な行動を制限するため
慎重さは大切だが、事態の
緊急性を考えると妥当といえる。
世界的流行を抑えるには
各国が対策で足並みをそろえる
ことが不可欠だ。WHOは
早急に最新情報を集め、
あらためて緊急事態宣言の
是非を検討すべきだろう。
中国は世界第2の経済大国
であり、感染拡大で
人やモノの動きが長期間、
滞れば影響は多くの国に及ぶ。
武漢にはホンダや日産自動車の
中国合弁会社の本社のほか、
多数の部品メーカーがある。
日本への観光客も多く、
関連企業の業績への悪影響が
懸念される。
新型コロナウイルスの遺伝情報は
2002〜03年に広がった
重症急性呼吸器症候群
(SARS=サーズ)と似ている
という。
サーズは終息までに
約8カ月
かかった。
新型肺炎も東京五輪までに
収まらない可能性
がある。
国境を越えて入る
他の多くの感染症にも
目配りしながら、
腰を据えて対策に
取り組まねばならない。
(社説 日本経済新聞(電子版)1/27 19:05)
posted by (雑)学者 at 10:04| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

救命の恩義は忘れないが、戦争の怨念も永久に忘れない

‘20年1月28日(火)

1890年秋。
オスマン帝国の使節団を乗せた
軍艦「エルトゥールル号」が
和歌山県沖で台風の直撃を受け、
遭難した。
荒れ狂う海に投げ出された
乗組員のうち69人を
串本町大島の住民が救助し、
献身的に看護した。
トルコはその史実を教科書に載せ、
後世に語り継ぐ
▼時は下って1985年3月。
イラン・イラク戦争のさなか。
各国は在イランの同胞を
帰還させる救援機を急派した。
が、日本政府の対応は遅れ、
多数の邦人が現地に残された。
窮地を救ったのがトルコ政府だ。
自国機を差し向けてくれた。
理由のひとつが伝統的な
親日感情。
その原点が、エルトゥールル号
遭難事件だった
▼そんな筋立ての映画が
5年前に公開された。
日本とトルコの合作
「海難1890」である。
安倍晋三首相も鑑賞している。
戦争と感染症。
もちろん、危機の性質は大きく
異なる。
首相は新型コロナウイルスの
感染が深刻化するなか、中国・
武漢に滞在する邦人のうち、
帰国希望者にチャーター機を
用意する方針を表明した
▼加えて国内の感染者に対し、
強制的な入院措置などを
可能とする「指定感染症」の
手続きをとる。
インバウンド消費の減少が、
日本経済を下押しする懸念も
生じている。
思えば、イラン・イラク戦争当時、
安倍晋太郎外相は危機対応に
苦労した。
グローバル時代の新たな厄災を
前に、首相の胸にどんな思いが
去来するのか。
(春秋 日本経済新聞1/28)

今次世界大戦で、
敗戦国となった日本。
心底信用できる国は少ない。
posted by (雑)学者 at 09:29| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

強い野生動物を食べる前に弱い人間が肺炎にやられる

‘20年1月27日(月)

○新型ウイルス、海鮮市場で
中国国営中央テレビは26日、
湖北省武漢市の華南海鮮市場で
採取したサンプルから
新型のコロナウイルスが多数
検出されたと伝えた。
市場内でも野生動物が売られて
いた区域でほとんどが検出され、
今回の肺炎の感染源が
野生動物であることを裏付けて
いるという。

中国疾病予防コントロール
センターが
派遣した専門家チームが
1月1日と12日に採取した
585サンプル中、33サンプルから
ウイルスを検出した。
(北京時事 JIJI.COM1/26 23:28)

○死者増加、感染拡大
中国湖北省武漢市で発生した
新型コロナウイルスによる
肺炎感染で、中国政府は、
国内の死者が27日午前0時
(日本時間同1時)現在、
前日発表から24人増えて
80人に上ったと発表した。
感染者も769人増えて2744人に
なった。止まらない感染拡大を
受け、中国政府は同日、
春節(旧正月)に合わせた
連休を2月2日まで延長すると
発表した。
本来は24〜30日の1週間
だったが、3日間増える。
春節連休の延長は極めて異例の
措置だ。

死者の内訳は湖北省76人、
上海市、河北、河南、黒竜江
各省が各1人。
全国の重症患者は461人。
湖北省の発表によると、
同省の感染者は前日から371人
増え、1423人に上った。
うち重症患者は221人で、
危篤患者は69人。死者はさらに
増えるとみられる。
(北京時事 JIJI.COM1/27 09:39)
posted by (雑)学者 at 11:25| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする