2019年08月19日

電話に出ないという特殊詐欺に騙されないための一方策

'19年8月19日(月)

○投稿記事

私の家にも、怪しい電話が
かかってきます。
登録してある電話番号なら
電話機に名前が表示され
ます。
それ以外は、セットしてある
留守電に相手が話さない限り、
受話器は取りません。

これが対抗策です。
もちろん大金を手元には
置いていません。
もし「オレオレ」ときたら、
落ち着いて対応しようと
思っています。

以前、特殊詐欺をテーマに
したテレビドラマを見た時の
ことです。
年老いた母親が、お金を
受け取りにきた
「受け子」に、だまされて
いることに気づかず
「子供が犯した不始末」への
善処を願って、頭を下げる
姿に涙が出ました。

もしこれが自分の親なら、
本当の詐偽師はどう思う
のか。
ドラマで彼らは、だまし
取ったお金で豪華な
飲み食いをしていました。
私は言ってやりたい。
「真面目に働け」と。
(北海道旭川市 無職 鈴木茂実さん67)
(気流 讀賣新聞8/18 10(投書)面)


文明の利器も不正行為に
加担するようでは評価を
下げざるを得ない。

わが家でも「0120」、
「050」、「非通知」は
碌な要件ではないので
出ないことにしている。
従兄の連れ合いは
不動産投資の勧誘に驚いて
それ以降、家庭電話には
一切出ないで、携帯で
身内と連絡を取り合って
いる。

それよりも人を騙して
それを恥と思わない人達が
いること方が嘆かわしい。

テレビドラマの結末は
勧善懲悪で終わる筈だが、
手口を真似る輩がいるような
気がする。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする