2019年08月01日

空を飛んで逝ったディープインパクトの強い衝撃

'19年8月1日(木)

お馬さんも確かめる場所は
人間と同じらしい。
中央競馬会の池江泰郎厩舎に
彼が入ったとき、牧場での
評判を聞いていたスタッフは
体の小ささに拍子抜けした
◆まちがって女の子が
来たのではないかと思い、
厩務員は股間をちらっと
覗ったという。そんな
見かけにもかかわらず、
彼はいきなり快進撃を
始めた。2005年のダービー
など7冠を制した
名馬ディープインパクト
である
◆種牡馬(ぼぼ)生活を
送っていた北海道の牧場で
急死したという。17歳
だった。他の馬を
ごぼう抜きにする強さの
秘密は小柄ながら、
大型馬をしのぐ
ストライドの大きさに
あったといわれる
◆その乗り味は、
手綱をとり続けた武豊騎手
いわく
「空を飛んでいるよう」。
速力もさることながら、
前脚を伸して美しく駆ける
姿がファンをとりこにした。
国内でただ一つ負けた
有馬記念は
後に厩舎スタッフが意外な
敗因を明かしている。
「横に馬がいると一緒に
 走るのが楽しいのか、
 いくら鞭を入れても
 伸びないんです」
(江面弘也『名馬を読む』)
◆唯一無二の走法といい、
心に秘めたものといい、
今なお魅力的な謎を残して
「史上最強馬」逝く。
(編集手帳 讀賣新聞7/31)

参考
YouTube-【報ステ】“無敗の3冠馬”ディープインパクト死す(19/07/30)
 
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする