2019年07月14日

折れない心の子どもを育てる環境をつくる

'19年7月14日(日)

○折れない心とは
折れない心がある人は、
問題にぶつかっても
すぐに立ち直ります。
折れない心は経験を通じて
培われます。
子どもが転びながら
歩き方を覚えていくように、
人は失敗を経験しながら
人生の歩み方を学んで
いきます。

○なぜ大切?
失敗や逆境を経験したり、
間違いを指摘されたりすると、
がっかりして心が折れて
しまう子もいます。
それで、子どもが次の
事実を知ることは大切です。
・頑張っても失敗する
 ことはある。
・逆境を経験しない人は
 いない。
・改善点を知ることは
 成長に欠かせない。
折れない心を培えば
お子さんはこれから起きる
問題にも自信を持って
立ち向かえるでしょう。

○どうやって教えるか

失敗したとき
子どもが気持ちを整理
できるように助けてあげま
しょう。
学校のテストで失敗したり
すると、子どもは
投げやりになって
「もう無理!」と言うかも
しれません。
失敗を繰り返さないために
どうすればよいかを
考えさせましょう。
そうすればくよくよせずに
問題に向き合おうとするで
しょう。

逆境に遭ったとき
人生は予測がつかないもの
です。
お金を持っていても
次の日にはなくなったり、
今は健康でも次の日には
病気になったりするかも
しれません。

お子さんを危険から
守るために、親として
精一杯のことをしておら
れるでしょう。しかし、
実際には、人生で経験する
すべての困難から子どもを
守ることはできません。
子どものうちに
失業や破産といった問題を
経験することはないとしても、
友達との仲たがいや家族との
死別などについては、
対処法を教えておくことが
できます。

辛口な指摘を受けたとき
辛口な指摘はいじめとは違い
ます。それは子どもの態度や
行動を改めるのに役立ちます。
改善点を認めるように教える
ことは親子双方にメリットが
あります。

指摘された点から学べる
ように、どうすれば子どもを
助けられますか。
もし学校や他の場所で
お子さんが注意されたら
かばいたくなる気持ちと
闘ってください。
その代わりに、お子さんに
こう聞けるかもしれません。
・「どうして注意されたんだ
 と想う?」
・「どうすればもっと良く
 できるかな?
・「今度何か注意された時は
 どうしたらいい?」
他の人の指摘から学ぶことは、
子どもの今と将来に役立ち
ます。
(目ざめよ!2019 No.2 ウエブサイトJW.org)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする