2019年07月09日

日本プロ、勝った石川遼が「ゴルフって不思議ですね」

'19年7月9日(火)

<男子ゴルフ:
 日本プロ選手権>
 ◇最終日◇7日◇鹿児島・
 いぶすきGC
 (7150㍎、パー70)

石川遼(27=CASIO)が、
驚異的な粘りで記憶に残る
優勝を飾った。
16年8月のRIZAP・KBC
オーガスタ以来、3年ぶりの
ツアー通算15勝目。
プレーオフを制した石川は
声を震わせ、優勝インタ
ビューに臨んだ。
「(優勝は)信じられない
 気持ちです。
 本当に長かったなという
 気持ち。途中で僕の
 優勝はないと思った人が
 いたかもしれないけど、
 本当に応援してもらって
 挑戦者の気持ちで
 チャレンジしようと
 (気持ちを)もっていけた。
 (優勝で)できるんだな
 と実感できた。本当に
 いい経験になった。
 自分が(優勝して)ここに
 立っていることが信じられ
 ない。夢なのかなと。
 (優勝を)遠く感じて
 いたけど戻ってこれた。
 先週優勝した星野選手に
 勝てたことはいい自信に
 なる」と感無量の様子
だった。

九州南部で続いた記録的な
大雨の影響で、最終日は
決勝の2ラウンド(R)分と
なる過酷な36ホールでの
戦いになった。
午前8時。首位から出た
石川は第3Rの前半に
2連続ダブルボギー、
後半にも11、12番で連続
ボギーをたたき、一時は
20位前後まで大きく後退
した。
しかし、優勝が絶望的かと
思われた時点から、驚異の
追い上げを見せた。
第3Rの残り3ホールで
3連続バーディー。首位と
4打差6位で第3Rを終了。
コース上の気温は36度まで
上昇。
そのまま続いた第4Rで、
石川は同組の黄重坤
ハン・ジュンゴン、韓国)
と激しいV争いへと持ち
込んだ。
36ホールの長丁場。
残り2ホールとなった
17番パー3で、黄重坤が
ティーショットを池に
落として痛恨のダブルボギー。
石川はパーとし、ついに
通算12アンダーの首位で
並んだ。
勝負は最終18番パー5へ。
一騎打ちとなった石川、
黄重坤ともにバーディーを
奪って13アンダー。
そのまま“37ホール目”となる
プレーオフに突入した。
プレーオフ1ホール目パー5。
石川、黄重坤ともに2打目で
グリーンをとらえイーグル
チャンス。ロングパットを
決められなかった黄に対し、
石川は見事にイーグルを
沈めて右手で豪快にガッツ
ポーズ。大声を上げて
喜びを体現。涙をぬぐった。
(日刊スポーツ7/7 19:25)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする