2019年07月04日

熱中症が気になる季節は電気代が気になる季節

'19年7月4日(木)

今の製品は“燃費”がだいぶ
改善したそうだが、
クーラーといえば、ひと昔
前までは電気料金が心配に
なる家電の代名詞だった
◆かつて本紙の時事川柳欄に
こんな秀作が載ったことが
ある。
<クーラーを買うと
 団扇(うちわ)がついて
 きた>。
節約のため使用を控えた
時代があったことは確かだ
ろう。いわば、ぜいたく品
から必需品へ。
この何年かでこれほど
使用の意義が重くなった
電気製品はあるまい。
熱中症への備えである
◆学校の年中行事にも影響
するようになった。
千葉市では小中学校の
教室の設置率が10%に
届かず、12日で授業を終え
夏休みに入るという
◆本紙が政令市や県庁
所在地を調べたところ、
52自治体のうち19市が
未完了で、多くが設置率
30%未満だった。昨夏の
悲痛な出来事を思えば、
心もとない数字だろう。
愛知県豊田市の小学1年
男児が熱中症で死亡して
から、まもなく1年になる。
熱暑の中の校外学習が原因
だったが、出発前に体調の
異変を兆しでおり、教室の
暑さが関係なかったとは
言えない
◆昔の夏の教室といえば、
下敷きであおぎ風を送った
ものである。
最近では心から懐かしい
とは思えない。
(編集手帳 讀賣新聞7/3)

50Aで契約しているが、
記録に残る15年間で、
わが家の電気代が
月1万円を切るのは
この6月分で3回目である。
因みに、327kWhは
最少使用量に違いない。
最近だがクーラーを2台入れ、
冷蔵庫を3台から2台に
減らして新しくした。
設置に来た電気屋は
「今は省エネじゃないと
 売れない」と言っていた。

豊田市に親戚があるが、
夏の暑さは格別である。
まるで、クーラーの室外機
から吐き出される熱風の
中にいるようである。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする