2019年07月11日

ご先祖様に知識も体力もあったとしたら何処から来たか

'19年7月11日(木)

日本人の南方起源説を
唱えた民俗学者の
柳田国男が次にしたことは、
海に生活を預けた古代人の
足跡を探すことだった。
だが、うまくはいかなかった
◆沖縄など全国のあちら
こちらを旅すれど、史跡や
民話が見つからない。
<海の路(みち)を忘れたか。
 猟と農業への興味が
 祖先を海と分けたか。
 大洋を渡ってきた
 種族の末とは思われぬ
 くらいだ>と、
自信をなくしたかのような
文章も残る
(「海女部史のエチュウド」)
◆台湾を出発した国立科学
博物館などのチームの
丸木舟が、手こぎで
約200`の航海を乗り切り
与那国島に到着した。
泉下の柳田先生のご機嫌は
いかがだろう
◆ただ現在の起源説は
やや入り組んでいて北海道、
対馬、沖縄の3ルートで
渡来したと考えられている。
なかでも沖縄ルートは強い
海流である黒潮も横切って
島に渡れるかどうか。
それが謎とされたが、今回、
人力で十分なことを
証明したことになる
◆このプロジェクトと
いえば、3年前は草舟が
崩壊し、翌年は竹製の舟で
航行不能に。
失敗を重ねたすえ、浜辺に
降り立ったチームの面々の
日焼けした笑顔がまぶしい。
ご先祖様もこうだったの
かしら。
(編集手帳 讀賣新聞7/10)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

本業の合間の副業でも、思慮が欠ければ叱られる

'19年7月10日(水)

テレビに映らない場所でも、
面白い人だったらしい。
時は昭和半ば。
「笑点」の大喜利で人気を
博した春風亭梅橋さんが
残す数々のエピソードに、
九官鳥事件がある
◆新宿末広亭の待ち時間に
「伊勢丹」の
ペット売り場に通い、
九官鳥に「三越、三越」と
鳴くように仕込んだ。
鳥はまもなく売り場から
撤去されたとも
◆カルピス事件もある。
司会をしたラジオのクイズ
番組で、ある乳酸菌飲料が
回答者の土産に出て、つい
口走ってしまった。
「カルピスみたいなもので
 しょう」。
スポンサーの飲料会社が怒り、
即刻番組を降ろされたという
◆カルピスが7日に発売
100年を迎えた。
九官鳥事件と違って梅橋
師匠がいささか気の毒な
のは、同種の商品を分かり
やすく紹介するのに
先の失言以上の説明はない
ことだろう。
子供時分、わが家はむろん、
友人、親戚宅・・・どこに
行っても夏には氷の音と
ともにそれが出てきたのを
思い出す
◆ほぼ中身を変えないでの
100年は商品として異例
だろう。読売歌壇に以前
こんな作品が載ったことが
ある。
<カルピスの原液よりも
 甘い恋そんな想いも
 いつかは薄まる>。
みなさんの思い出は?
(編集手帳 讀賣新聞7/9)

「三越」を覚えた気の毒な
九官鳥だが、三越へ高く
売りつけることも、
そのまま伊勢丹に置くことも
できたのではないか。

三越へ行けば、客を呼び
込む効果が期待できるし、
伊勢丹に残せば、
伊勢丹の遊び心が評判を
呼んで客足が増えるかも
しれない。

落語家にはちゃらちゃらした
面がある。
妹が若い落語家から色紙を
もらってきた。
それには、こう書いてある。

<遊んでいるような小鳥さえ
 生きるためには苦労する>。

落語家たちの言い訳のような
気がする。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

日本プロ、勝った石川遼が「ゴルフって不思議ですね」

'19年7月9日(火)

<男子ゴルフ:
 日本プロ選手権>
 ◇最終日◇7日◇鹿児島・
 いぶすきGC
 (7150㍎、パー70)

石川遼(27=CASIO)が、
驚異的な粘りで記憶に残る
優勝を飾った。
16年8月のRIZAP・KBC
オーガスタ以来、3年ぶりの
ツアー通算15勝目。
プレーオフを制した石川は
声を震わせ、優勝インタ
ビューに臨んだ。
「(優勝は)信じられない
 気持ちです。
 本当に長かったなという
 気持ち。途中で僕の
 優勝はないと思った人が
 いたかもしれないけど、
 本当に応援してもらって
 挑戦者の気持ちで
 チャレンジしようと
 (気持ちを)もっていけた。
 (優勝で)できるんだな
 と実感できた。本当に
 いい経験になった。
 自分が(優勝して)ここに
 立っていることが信じられ
 ない。夢なのかなと。
 (優勝を)遠く感じて
 いたけど戻ってこれた。
 先週優勝した星野選手に
 勝てたことはいい自信に
 なる」と感無量の様子
だった。

九州南部で続いた記録的な
大雨の影響で、最終日は
決勝の2ラウンド(R)分と
なる過酷な36ホールでの
戦いになった。
午前8時。首位から出た
石川は第3Rの前半に
2連続ダブルボギー、
後半にも11、12番で連続
ボギーをたたき、一時は
20位前後まで大きく後退
した。
しかし、優勝が絶望的かと
思われた時点から、驚異の
追い上げを見せた。
第3Rの残り3ホールで
3連続バーディー。首位と
4打差6位で第3Rを終了。
コース上の気温は36度まで
上昇。
そのまま続いた第4Rで、
石川は同組の黄重坤
ハン・ジュンゴン、韓国)
と激しいV争いへと持ち
込んだ。
36ホールの長丁場。
残り2ホールとなった
17番パー3で、黄重坤が
ティーショットを池に
落として痛恨のダブルボギー。
石川はパーとし、ついに
通算12アンダーの首位で
並んだ。
勝負は最終18番パー5へ。
一騎打ちとなった石川、
黄重坤ともにバーディーを
奪って13アンダー。
そのまま“37ホール目”となる
プレーオフに突入した。
プレーオフ1ホール目パー5。
石川、黄重坤ともに2打目で
グリーンをとらえイーグル
チャンス。ロングパットを
決められなかった黄に対し、
石川は見事にイーグルを
沈めて右手で豪快にガッツ
ポーズ。大声を上げて
喜びを体現。涙をぬぐった。
(日刊スポーツ7/7 19:25)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

韓国の反日行動はしばらく政権維持に利用されるだろう

'19年7月8日(月)

最近、左派の文在寅政権に
批判的な人々から、
ユーチューブの時事番組の
視聴を時々勧められる。
「政権にほぼ掌握されて
 批判の矛先が鈍った
 既成メディアの報道を
 みても今の韓国は
 わからない」というのだ。

番組は、保守系の元記者、
評論家、学者などが出演
する。政府の統制を
受けない利点を生かした
痛烈な政権批判が売りだ。
登録者数74万と主要紙の
部数に匹敵するものもある。

時事評論家が出演する
「ペンアンドマイク」は、
日本政府による半導体
材料の対韓輸出規制に
ついて
「文在寅政権がもたらした
 惨事だ。なのに(文氏は)
 おじけづいて黙っている。
 解決するつもりはない
 のか。日本に行かなくて
 いいのか」と追及した。

妄信的な反日からの脱却を
説く「李承晩TV」は、
タブーとみなされてきた
言説で保守の覚醒を促して
いる。著名な経済史学者が
出演し、昨年10月の
徴用工訴訟の判決について
「大法院(最高裁)は
 (韓国人労働者の多くが
  自発的に日本に渡った)
 歴史的事実を知らずに
 原告の主張を真に受けた」
と真っ向否定した。

新たな言論空間が脚光を
浴びたのは、文政権が
「積弊清算」の名の下に
保守派の一掃を進めている
ことへの危機感の表れでも
ある。

文政権と与党は、
1960〜80年代に軍事政権
による弾圧を受けた
活動家が中心だ。
軍事政権の流れをくむ
保守政治家が権力を
私物化し、政治と癒着する
「財閥」と呼ばれる
大企業が富を独占してきた
とみなしている。
取材で会った左派の学者が
「保守勢力と同じ空の下で
 生きていたくない」と
敵意をあらわにしたことが
ある。

文氏が側近として仕えた
盧武鉉(ノムヒョン)
元大統領は李明博
(イミョンバク)政権下の
2009年5月、検察の捜査を
受けた後、投身自殺した。
文氏は自伝に
「政治的な他殺」と記して
いる。

文政権と与党は、
大統領任期が再選のない
5年の韓国で
「20年執権」を目標に
布石を打っている。
4月末には、選挙制度
改正案を、国会で委員会に
提出して330日が過ぎれば
本会議にかけられる
「迅速処理案件」に指定した。
来年4月の総選挙を有利に
戦う狙いだ。

今月17日には、次期検事
総長に尹錫悦(ユンソクヨル)
ソウル中央地検検事正を
指名した。
保守の李明博、朴槿恵
両元大統領や側近など
120人以上を起訴する捜査を
指揮し、
「積弊清算を巡る捜査を
 成功に導いた」
(大統領府報道官)人物だ。
引き続き、保守ににらみを
きかせるつもりだろう。

総選挙が視野に入った
文政権が、保守勢力と和解に
動く気配は見られない。
保守層の不満はいつか
政権交代とともに政治報復
となって左派に向けられる
だろう。
泥沼の政争こそ韓国政治の
「積もり積もった弊害」に
ほかならない。
(ソウル支局長豊浦潤一
 ワールドビュー
 讀賣新聞7/7 7(国際)面)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

ヒステリックな韓国は何をしてもやり返してくるだろう

'19年7月7日(日)

安倍政権が韓国への
強硬姿勢を鮮明にしている。
元徴用工問題をめぐり
信頼関係が損なわれた
として、韓国向け半導体
材料の輸出管理を4日付で
強化。安倍晋三首相も
批判のトーンを強めている。
国民の間に嫌韓感情の
広がりが見える中、21日
投開票の参院選をにらみ、
厳しい態度で臨んだ方が
支持を得やすいとの読みも
あるとみられる。

「(韓国は)国際約束を
 ほごにした。日本も
 やるべき時はやる」。
首相は3日のテレビ朝日の
番組で、長引く
元徴用工問題が輸出規制の
背景にあると明言。
韓国政府が打開策として
最近示してきた日本企業の
資金拠出案を
「とても飲めるものでは
 ない」と一蹴した。

公示日の4日のNHK番組
では
「隣国といい関係を
 持ちたいが、国際社会の
 常識に従って行動して
 もらいたい」と述べ、
当面の関係悪化はやむを
得ないとの認識をにじま
せた。5日には日韓合意に
基づく元慰安婦支援財団が
登記上の解散手続きを
終えたのを受け、政府が
外交ルートで抗議した。

安倍政権が
かたくなな態度を強めた
のは、6月28〜29日の
20カ国・地域首脳会議
(G20大阪サミット)
までに韓国政府が元徴用工
問題の有効な打開策を示さ
なかったためだ。
首相はG20サミットに
合わせた文在寅大統領との
会談を事実上拒否。
閉幕後、直ちに輸出規制を
発表した。

規制は首相官邸と経済
産業省が主導し、外務省は
事実上、蚊帳の外に
置かれたもよう。
政府関係者は、6月上旬に
日韓防衛相会談に臨んだ
岩屋毅防衛相が保守層を
中心に批判を浴びたことも
「強気の態度を後押しした」
と指摘する。

6月中旬発表の日韓の民間
団体による共同世論調査
では、韓国に好印象を持つ
日本人が過去最低の20%に
落ち込んだ。

韓国政府は輸出規制に
対抗策を講じる構えを
見せており、対立の
先鋭化も否定できない。
海上自衛隊機に対する
レーダー照射問題も
未決着のまま。
日本政府内では
「このままでは日韓関係は
 修復不能になる」
(外務省関係者)との懸念も
漏れる。 
(時事通信社7/6 8:10)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする