2019年07月26日

天をを相手に、己を尽くせ、と西郷隆盛

'19年7月26日(金)

「狭い人間社会にこだわる
 ことなく、天に思いを
 馳せよ。
 天の示す道を歩むために
 誠を尽くし、
 人をとがめず、むしろ
 自分に真心が足りない
 ことを省みるべき」
という意味で、西郷隆盛が
残した言葉です。

人を相手にせず、
天を相手にせよ。
天を相手にして、
己を尽
(つくし)
人を咎めず、我が誠の
足らざるを尋ぬべし

 西郷隆盛『西郷隆盛遺訓』

現代の日本人には、
「天」という考え方は
馴染みのないものに
なりましたが、
これは論語の
「我を知る者はそれ天か」
と同じような意味で、
自分の運命を見渡している
大きなものを指しています。

そうした天があるのだから、
自分を哀れんだり、自分への
愛ばかりを求めたりして
自分を甘やかしてはいけない。
もっと大きな視点で行動せよ、
と説いているのです。

西郷は行動のスケールが
大きく、大胆不敵な
イメージもありますが、

広い視野を持って事を慎重に
勧める戦略家でもありました。
そんな西郷の資質は、
藩主・島津斉彬の臣下だった
ことも影響しています。

斉彬は
「西洋人も人であり、また
 佐賀人も人である以上、
 薩摩人に不可能の理なし」
として、藩の近代化を強く
推進しました。

人間世界のちっぽけな感情に
執着せず、自己中心的になる
こともない。
つねに全霊の努力を続ける
西郷の生き方は、このときに
育まれたのです。
(齋藤孝 心を動かす
 偉人の言葉 セブン&アイ出版)

ラベル:人 天 我
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

微笑は、教養にひとつなのである、と小泉八雲

'19年7月25日(木)

一読すると「そうだよな」と
読み流してしまいますが、
微笑が教養であるとは
どういうことか。考える
ほどに深い意味が含まれた
言葉です。

ラフカディオ・ハーンは、
日本各地に伝わる幽霊話
などを文学としてまとめた
「怪談」などの著作で
知られる小説家、文学者です。

1890年に来日し、日本の
風土や日本人に魅せられた
ハーンは、6年後に
日本国籍を取得して
小泉八雲と名乗りました。;

微笑は、教養のひとつなので
ある

 ラフカディオ・ハーン
 『知られざる日本の面影』

当時、自分を見る多くの
日本人から笑顔や微笑を
返された体験から、
ハーンは
「日本はお伽(とぎ)
 国で、日本人はお伽の
 国の住人だ」と感じます。
ほんの100年前の話なのに、
現代の日本人とはずいぶん
雰囲気がちがいますよね。

そして、この日本人の微笑は、
お辞儀や挨拶といった作法
とともに、家庭生活を通して
古くから教え継がれている
美しい作法であることに注目
したのです
日本人の微笑を、相手に
不愉快な思いをさせない
ための作法であり教養として
とらえたというわけです。

たしかに、他者を気遣ったり
マナーを重視したりする
現代の日本人にも、少しは
受け継がれている特質であり
美徳なのかもしれません。

ハーンの見た日本人は、
現代の日本にはほとんど
存在しないでしょう。
しかし、この本でかつての
日本の面影を追い、
日本人の美徳に触れる
ことで、わたしたちは
いつでも自らの心の
あり方を磨くことが
できるのです。
(齋藤孝 心を動かす偉人の言葉
 セブン&アイ出版)


猫だって、きつい顔を
しなければ、寄ってくる。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

挨拶で相手の心の水面に好感の波紋が生まれる

'19年7月24日(水)

森鴎外が1909年
(明治42年)に発表した
短編小説「鶏」は、鴎外が
軍医として勤務したことの
ある小倉(北九州市)に
住む軍人・石田小介が
主人公だ。一節に当時の
暑中見舞いの様子が描かれ
ている
◆鴎外の身の回りにも、
普通にあった光景なのだ
ろう。日曜日に暑中見舞い
の客の訪問を受けたり、
師団長ら上司には自宅を
訪ねて名刺を出して済まし
たりする情景を、石田を
主語にして書いている
◆江戸時代、猛暑の時期に
お世話になった人に
贈り物をしたのが、暑中
見舞いの由来とされる。
明治以降、郵便制度が発達
すると、徐々に簡素化され、
あいさつ状を送るように
なったという
◆こうした風習もすたれ
つつあるのだろうか。
日本郵便は、暑中・残暑
見舞い用のはがき
「かもめ〜る」の利用に
ついて
「個人が3割、法人が
 7割」と明らかにしている
(2017年・郵政民営化
 委員会)
◆7月は「文月」、そして
きょう(きのう)23日は
「ふみの日」だ。
小中学校も夏休みに入り、
先生に暑中見舞いを
送ったり、もらったり
する子もいるだろう。
季節感や宿題の進み
具合を、直筆で相手に
伝える喜びを感じ取って
ほしい。
(編集手帳 讀賣新聞7/23)

文化は便利になる文明の
影響を受けて変化するもの
なのか。
暑中見舞いという文化も
物を持って伺うことから、
中元という大半が送る方法に
変化し、はがきで挨拶する
方法も付き合いの親疎に
よって、篩(ふるい)に
かけられるが、これも省略
するようになると、人は
さらに孤立する方向へ進む
だろう。

何でもない挨拶でも
相手の心に何となく
好ましい影響を与えている
ように想う。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

香港で分かる、民主主義は国民が育み、常に見守るもの

'19年7月23日(火)

○河北新報
日本人も香港で
逮捕されれば、中国に連行
される。
香港の大規模デモの原因に
なった当局の条例案が先月
可決されていたら、そんな
恐れがあった。
今も完全撤回を求め、デモが
続く
▼背景にあるのは
独裁国家の一都市になる
ことへの危機感。
抗議の自殺をする若者も
いる。
そんな香港に比べれば、
民主的な選挙制度を持つ
日本は民主化が進んでいる
と感じる人が多いだろう。
だが、香港の民主活動家、
周庭さんはそう単純では
ないという
▼理由は日本人の政治的
無関心。周さんは日本の
学生団体との著書で
「日本人は普通選挙の
 システムに頼りすぎて
『自分はこの人を
 選んだので、後は
 任せておけばいい。
 自分は何もしなくて
 いい』と考える」
と指摘。
民主的な制度があっても、
政治に無関心では意味が
ないと訴える
▼今回も政治への無関心が
数字に表れた。
きのう(21日)開票された
参院選の投票率は非常に
低かった。自分に関係ない
と思うからか。
投票したい人や政党がない
からか。与党が勝ったが、
約半数の有権者が棄権した
事実は重く受け止める
必要がある
▼選挙中はどの候補者、
政党もいいことばかり言う。
選挙後に期待を裏切る
ことが多い。
「後はお任せ」の態度では
為政者の思うつぼ。
自分が望む政策が
実行されるか、しっかり
見届けよう。
(河北春秋 河北新報ONLINE NEWS7/22)

○読売新聞
農家の方は見かけるもの
かもしれない。
<とうが立つ>。
「とう」は【薹】と書く。
難しい字だが、野菜などを
適時に収穫しないと、
伸びてくる花茎のことで
ある
◆花茎が伸びれば作物は
食べ頃を逸する。
よってが立つは、あまり
いい意味に使われない。
政権与党への国民の意思を
農家に例えれば、
まだまだは立っていない
との判断だろう。
参院選は自民、公明両党が
合わせて、改選議席の半数を
超えた
◆政権を選択する衆院選に
対し、参院選は中間選挙と
呼ばれる。政権への評価と
みれば十分な及第点は
もらったことになる
◆野党では、立憲民主党が
議席を伸した。この春の
野田佳彦・前首相(無所属)
の発言を思い出す。
「対自民党の決勝で勝つか
 どうかが大事なのに、
 準決勝のことしか考えて
 いない」。
民進党から分裂した
立憲民主、国民民主の勢力
争いを嘆いたものである。
とはいえ、どちらが
準決勝で勝ち王者への
挑戦権を得るか。それも
注目点の一つだった。
勝った立憲民主党は
これまで以上に中身が
問われよう
◆国民から党が立ったと
みられるか、野党の地位の
ままが立ったとみられ
るか。正念場だろう
(編集手帳 讀賣新聞7/22)

投票率が低い状態を
政治に参加する人が少ない
という観点から、わが国の
民主主義は未熟だと言わ
れる。民意は政権に
届いているのだろうか。

脱線して恐縮だが、
昔は適齢期の結婚を誰もが
意識していた。
今なら耳に入れば厳重に
抗議されるが、
婚期を過ぎた女性を
当地では
が立っている」と
陰口を言ったものである。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

北朝鮮の顔色を見ながら駆け引きを考える反日韓国

'19年7月22日(月)

北朝鮮の国営朝鮮中央通信
(KCNA)は19日、
日本政府が輸出規制措置で
韓国に圧力をかけて、
「朝鮮半島
 (Korean Peninsula)
 おける平和の流れの
 破壊をもくろんでいる」
 として、日本を非難する
論評を掲載した。

論評は日本を
「千年来の敵」と評し、
「(日本の統治時代に)
 わが民族に及ぼした人的・
 物的・精神・道徳的損失は、
 日本という国をそっくり
 ささげてもとうてい賠償
 できない」と断じた。

北朝鮮の金正恩(Kim Jong-Un)
朝鮮労働党委員長は近年、
ドナルド・トランプ
(Donald Trump)
米大統領をはじめ、中国の
習近平(Xi Jinping)国家主席、
ロシアのウラジーミル・
プーチン(Vladimir Putin)
大統領、韓国の文在寅
(Moon Jae-in)大統領らと
相次いで会談しているが、
これまでのところ日本との
対話への関心は示していない。
【AFP=時事】
(AFPBB News2019/07/20 16:00)


韓国は単独では日本と妥協
することはできない。
北朝鮮は分け前を要求して
いる。「千年来の敵」との
交渉が始まるのを楽しみに
しているようにみえる。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする