2019年06月12日

人生の信条はアラヨッ!でなければと田辺聖子さん

'19年6月12日(火)

いつも元気なその女性は
「芦村タヨリ」という。
35歳、独身、会社勤めの
デザイナー。
<年下男をコマすときは
 平気で十歳(とお)
 ぐらいサバをよむ>
◆彼女にはわずか4文字の
人生信条しかない。
アラヨッ。ヨイショはだめ、
腰が重い。人生いろいろ
ピンチが来ても、アラヨッの
掛け声で飛び越えていく――。
田辺聖子さんの
『夢のように日は過ぎて』
(新潮文庫)の主人公である
◆恋愛小説の名手、
田辺さんが91歳で亡く
なった。軽妙なタッチに
温かなまなざし。
次々につむがれる
「おせい」さんの世界に
どれほどの人が心を浸した
だろう
◆訃報に接し、数ある物語
から先の女性を思い出した
のは、田辺さん自身の信条に
触れたことによる。
かつて編集者に語ったという。
「私がデビューした頃は、
 ご主人や息子さん、
 お兄さん、弟さん。家族を
 戦争で亡くした女性が
 たくさんいらした。
 私はそういう女性たちが
 元気になる小説を書きたい」
◆ご自身は終戦の年、
早くに父を失った。
悲しいことを避けられない
のが人生の一面とすれば、
それは百も承知の
アラヨッに違いない。
つぶやくと、おせいさん
から元気がもらえる。
(編集手帳 讀賣新聞6/11)

参考
田辺 聖子
(1928/3/27〜2019/6/6)
大阪府大阪市生まれ。
淀之水高等女学校を経て
樟蔭女子専門学校
(現大阪樟蔭女子大学)
国文科卒。
恋愛小説などを中心に
活動し、第50回
芥川龍之介賞(1964年)など
数多くの文学賞を授与
されている。
文化勲章受章者。
(Wikipedia)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | お悔やみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする