2019年05月26日

判定が伴う競技は判定と真摯に向き合うことが求められる

'19年5月26日(日)

優勝の行方を左右し、
なおかつ栃ノ心の
大関復帰が懸かった大一番。
前に出る朝乃山を、
栃ノ心がすくい投げを
打ちながら、相手の
首根っこを押さえて
ねじ伏せた。
勝利を確信した栃ノ心は
思わず右手でガッツポーズ。
ところが、
西の土俵だまりに座って
いた勝負審判の放駒親方
(元関脇玉乃島)が
物言いをつけた。

およそ6分にも及ぶ
長い協議の後、阿武松
審判長(元関脇益荒雄)は、
栃ノ心の右かかとが
先に出たため、軍配
差し違えで朝乃山の勝ちだ
と説明。思わぬ形で
大関復帰の10勝目を逃した
栃ノ心は何とも言えない
複雑な表情を見せた。

テレビ映像を見る限り、
栃ノ心の足が残っている
ようにも見える。
ただ、審判長によると、
ビデオ室からの説明は
「(足が出たか)
 断定できない」。
両者にとって大事な一番の
勝負判定には長い時間を
要した。
結局、一番近くで見ていた
放駒親方の、栃ノ心の
かかとが土俵の外の砂に
わずかに触れたように
見えたという判断が優先
されたという。
ビデオは参考材料で、
あくまでも重視されるのは
審判の目。
それが大相撲の判定の
大原則だ。

喜びから一転した栃ノ心は、
「勝ったと思った」と
涙を浮かべた。
この逆境をどうはね返すか、
いよいよ大関復帰へ向け、
正念場に立たされた。
(南恭士)
(やぐら太鼓
 讀賣新聞5/25 18(スポーツ)面)


平成29年の
九州場所11日目、白鵬は
中途半端な立ち会いで
嘉風に寄り切られて土が
ついた。
嘉風が勝ち名乗りを受けて
花道を引き揚げる中、
土俵から下りるよう促す
審判を無視して仁王立ち。
八角理事長も
「(力士が)自分で
 決めてはいけない」
といっている。

参考
白鵬はまだ、大鵬にもましてや双葉山には遥かに及ばない
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする