2019年05月23日

土俵の怪我は休まずに土俵で治せ、と初代横綱若乃花 

'19年5月23日(木)

昭和の大横綱、
初代の若乃花に名言がある。
<土俵のけが土俵の砂で
 治していくんですよ。
 けがをするたびに
 休んでいたんでは
 勝負師にはなれません>
◆砂にすべてが込められて
いる。土俵に転がり、
肩や背中にへばりつく
砂が真に強い力士を育てて
いく――。
大相撲の三月場所を思い
出す。大関の地位に
ありながら砂にまみれた
力士がいる。栃ノ心である
◆右ひざの故障で力が入ら
ないのか、突き落とされ
たり、寄り切られたりで
負け越し、大関の座から
陥落した。ところが関脇
として臨んだ五月場所では
連日、体がよく動いて
元気な相撲を見せている
◆きのう(21日)も
御嶽海をぐいぐいと
寄り切り、9勝1敗。
大関復帰の条件10勝が
現実味を帯びてきた。
再昇進できれば2005年の
栃東以来となる。
その地位を失った力士の
ほとんどが越えられ
なかった急峻な崖を
登り切ろうとしている
◆ひざの痛みとの
付き合いは長い。
一時は幕下55枚目まで
落ち、そこから大関へ。
そして今また若乃花の
遺訓を体現するかのように
砂だらけの体で大関取りを
めざす。この復活力に
ときめく相撲ファンは多い
ことだろう。あと一番。
(編集手帳 讀賣新聞5/22)

体重を増やせば、前に出る
圧力となって、
相撲に有利な材料となる
だろう。しかし、
叩かれたり、いなされたり、
投げを打たれたりすれば、
崩れた体勢を立て直すことが
難しくなる。

怪我をしにくい体は
相撲の取りやすい体であり、
稽古のしやすい体だと思う。
体重のある力士にとって
ひざの怪我はひざを
庇いながら相撲を取る
ことになり、相撲人生の
致命傷になりかねない。

ひざの怪我はあったが、
踏み止まることができた
栃ノ心の引き締まった体は
動きやすく、相撲に
ふさわしい体のような
気がする。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする