2019年05月21日

「静かなる侵略」が巧みな中国、豪州へも日本へも  

'19年5月21日(火)

オーストラリアにとって、
最大の貿易相手国である
中国は、なくてはならない
存在である。
全人口の5.6%に当たる
約120万人もの
中国系豪州人を抱えても
いる。その一方で近年、
大変な脅威であることも
分かってきた
▼きっかけは、
野党、労働党の議員が
中国系実業家から多額の
献金を受けていたスキャン
ダルである。議員は
その見返りに、南シナ海の
領有権問題で中国政府を
支持する発言をしたことが
発覚し、辞職に追い
こまれた。
議員に献金した中国人
富豪はシドニーに
在住していたが、今年2月、
居住権を剥奪されている
▼欧米の民主主義に
かみつくかのように、
政界工作などによって
世論を誘導する中国の
対外戦略は、
「シャープパワー」と
呼ばれる。米国の
シンクタンクが名付けた。
多くの移民を受け入れ
「多文化主義」を掲げる
豪州は、格好の標的と
なってきた
▼18日に投開票された
総選挙では、与党、保守
連合(自由党、国民党)が
野党、労働党を破って、
政権を維持することに
なった。選挙前は、
親中路線の労働党が有利
と予想されていた。
それが覆った要因の一つ
として、政界工作疑惑が
生み出した「反中感情」が
挙げられそうだ
▼保守連合政権は、
安全保障上の懸念を理由に
次世代通信規格「5G」の
インフラ整備から、中国の
華為技術(ファーウェイ)の
排除を決めている。
引き続き対中警戒路線が
続きそうだ。とはいえ、
中国が手をこまねいている
とは思えない
▼昨年2月に豪州で刊行
された「静かなる侵略」は、
中国が影響力を強めている
実態を指摘して話題となった。
著者のチャールズ・
スタート大のクライブ・
ハミルトン教授は、
「中国が豪州に介入した
 手法は日本にも
 適用される」と警告して
いる。
(産経抄 産経新聞5/20)

中国にとって対外的なことも
国内問題なのであろう。
圧力を掛け続ければ、何かが
しみ出す。そこで次の手を
打てばいい。
それを狙っているのだろう。

中国資本によって
北海道が買われていること
から、中国にとって、
日本は実効支配しやすい
国になるであるろう。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする