2019年05月31日

拝金主義者でなくとも、お金は大切にしないと罰が当たる

'19年5月31日(金)

〇岩倉具視の復讐
紙幣が新しくなる。
同時に、五百円硬貨の
リニューアルも発表された。

小学校3年生の時のことだ。
母親が兄と私にお使いを
頼んだ。
渡されたお金は、当時の
岩倉具視の五百円紙幣。

近所の八百屋への道すがら、
例によってぼくらは
兄弟げんかをした。
あげく、私は母から
手渡された五百円紙幣を
遠くへほうり投げた。
そのままお使い業務放棄。
ひとり近くの公園でぶらぶら
していた。

はずみで、おおきめの石に
足をとられた。
少し触っただけなのに、
くるぶしあたりから
みるみる血があふれた。
痛みはなかった。なのに、
5針も縫うけがになった。
傷口をなめながら、
子供心に思った。
岩倉具視さんが怒った、
ばちあたった。

その後、銀行員になった
私は、昭和57年10月、
出納係として、新五百円
硬貨をお出迎えした。
まさに、その日、岩倉具視
五百円札最後の日、
五百円ぽっきりの違算金を
だした。どうしても、
精査が五百円あわないのだ。
銀行業務における
出納違算金は重大なミスで
ある。上司の怒る声を
聞きながら、20年前の
あの日を思い出していた。
なんや、岩倉さん、まだ
私を許してへんのか、
それとも、硬貨に
とってかわられるのが
嫌なんか。

その後、いくたびかの
新札発行や記念硬貨の
発行を経験して、私は
3月に定年退職を迎えた。
今回の新しい紙幣、新しい
硬貨を還暦の新たな
気持ちでお迎えしたいと
思っている。そして、
お役御免となる肖像画の
方々、気持ちよく後任に
役目をお譲りいただきたい
と思う次第である。
(千葉県習志野市
 若山正文さん(60)
 嘱託銀行員)
(朝晴れエッセー 五百円紙幣
 産経新聞5/30 1面)

 
お金は、その価値で
物やサービスが受け取れる
権利である。

自分のものだからと、
紙幣を変に細かく折り畳ん
だり、メモを書いたりする
のはよくない。

五円玉を金のなる木に
飾って、流通を止めたり、
その五円玉が汚れたからと
いって砥石で磨いたりする
のも変造硬貨になるので
よくないだろう。

お金は流通の過程で
自分のところに一時的に
あるだけである。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

社会に害をなす者を野放しにするシステムがよくない

‘19年5月30日(木)

読売新聞
子供のころはなぜか、
時間の流れを遅く感じる。
詩人の高橋順子さんは
その感覚を「雨つぶ」に
例えている
◆<わたしたちの時間は
 /空の中に生まれた
  喜ばしい雨つぶ
 /のように始まるの
  ではないか・・・
  新品のまんまるの
  雨つぶはまだ
 /きみの空に浮かんでいて
  落っこちそうもない>
(「子どもの時間」)。
幼い子には退屈なほど
悠長な時の流れでも、
親には愛情を注いでも
注ぎきれないほど
早く過ぎる時間かも
しれない
◆そんな大切な時を
凶刃が切り裂いた。
川崎市でスクールバスを
待つ児童らを刃物を持つ
男が襲った殺傷容儀事件
である
◆悲報に胸がつぶれる。
私立小6年栗林華子さん
(11)と、子供を送りに
来ていた外務省職員
小山智史さん(39)が
亡くなった。
子と親がどれほど幸せな
時間を生きているか、
つゆほども知らない人間の
犯行に違いない
◆先の詩に次の一節がある。
<(雨つぶが)ゆらゆらし
 だすのは/きみが最後の
 スクールバスから
/降りるころだろう>。
思春期の始まる頃合いと
思われる。栗林さんは
最後のバスにもう乗れない。
小山さんもわが子の成長を
見守ることができなく
なった。無念だろう。
(編集手帳 讀賣新聞5/29)

河北新報
小学生の子を持つ親にとって、
通学で一番心配なのは
交通事故だろう。学校は
親に横断歩道へ順番で立って
もらったり、集団登校を
させたりするなどして、
子どもの安全を守っている。
そんな親や学校の想像を
超えるような凶悪な事件が
起きてしまった
▼川崎市多摩区の公園近くの
路上で、通学バスを
待っていた私立カリタス小の
児童ら19人が襲われた。
男が両手に持った包丁で刺し、
小学6年の女子児童(11)と、
別の児童の父親(39)が
亡くなった。他の17人も
重軽傷を負った
▼いつもの朝のように
「行ってきます」と、
家を出たであろう
子どもたちである。
目撃者によると、
男は子どもたちに
無言でゆっくりと近づいて
襲い掛かったという。
どんなにか怖かったこと
だろう
▼児童を標的にした事件と
いえば、2001年に
大阪教育大付属池田小に
包丁を持った男が侵入し、
児童8人を殺害した事件が
頭に浮かぶ。国はそれ以降、
防犯カメラの設置など
学校の安全対策を徐々に
強化してきたが、
通学路までは目が
行き届かないのが現状だ
▼容疑者の男は自ら命を
絶った。全容解明は
容易ではないだろう。
では、何の落ち度もない
子どもたちをどう守れば
よかったのか。その答えは
考えても、考えても
見つからない。
憤りといら立ちだけが
残る事件である。
(河北春秋 河北新報ONLINE NEWS5/29)

毎日新聞
えたいの知れぬ
悪意によって人を襲う
犯罪をいう「通り魔」だが、
その昔は人にとりついて
乱心させる魔物を指した。
江戸時代の本には
やりを携えた白装束の男や
笑みを浮かべる
白髪の老人の姿で現れる
▲「通り悪魔」「通り者」
ともいうこの魔物、
庭先などに突然出現するが、
そこであわてずに下腹に
心気(しんき)をおさめて
目を閉じれば消える。
ほどなく隣家や近所で
乱心による殺傷事件が起きた
というのが、どの話にも
共通する結末である
▲昔の人は理解を絶する
無差別な凶行を何かの魔の
仕業(しわざ)と思うしか
なかったのだろう。
それは今もさほど変わらない。
いつもと同じ朝、突然
子どもたちが訳の分からぬ
殺意に襲われたなら、
その理不尽をどう
心におさめられるだろうか
▲川崎市の登戸駅近くで
いつものように通学バスを
待っていた児童と保護者に
いきなり襲いかかった男の
凶刃である。
男は子どもらを次々に刺し、
小6女児と別の児童の
父親が亡くなり、負傷者は
重傷者3人をふくめて
17人にのぼった
▲何の防備もない
子どもらの集団は、
だからこそ襲われたのか。
男は自らの首を刺し、
ほどなく死亡が確認された。
包丁を4本も用意していた
底知れぬ悪意の魔は
どこから来たのか。
その口から聞き出す機会は
永遠に失われてしまった
▲「どうしたら子どもを
 守れるのか」。
途方もない悪意を目の前に
して戸惑う声が上がるのも
しかたない。
だが、それでも子どもは
守るという地域や学校の
「強い善意」の連携をおいて
魔物を封じる手立てはない。
(余録 毎日新聞5/29)

昨今、してはいけ
ないことを
してはいけないと教える
しつけが充分にできて
いないように思う。
犯行後に自殺したところを
みると、善悪が分かるよう
ではあるが、犯行の犠牲は
それでは済まない。

社会で生きることの
便利さには、制約が伴って
思うようにいかない
こともある。
それに不満があるとすれば
しつけが足らないことになる。

昔の子供たちは、道草を
しながら、登下校したもの
である。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

覇権獲得に執着する中国には、隙を見せてはならない 

‘19年5月29日(水)

財務省と経済産業省、
総務省は27日、
日本企業に対する
海外企業の出資規制を
拡大すると正式発表した。
出資規制を定める
外国為替及び外国貿易法
(外為法)について、
情報技術(IT)や
通信関連の20業種を追加、
拡充する。
8月1日から適用する。

中国などを念頭に、
IT関連技術が流出すると
日本の安全が脅かされると
判断した。
半導体メモリーや
スマートフォンの製造会社
など15業種を
新たに対象に加えるほか、
通信関連の5業種について
対象企業を拡大する。
従来は、原子力など
軍事転用が想定される
分野が中心だった。

対象となる上場企業の
株式を10%以上取得する
場合などは、国への
事前の届け出が義務化
される。国が審査して
問題があれば、中止命令を
出すこともできるように
なる。
(技術流出懸念 8月から適用
 讀賣新聞5/28 11(経済)面)


現在、米大統領補佐官
ピーター・ナヴァロ著
戦争の地政学
「米中もし戦わは」
(文春文庫)を
読みかけている。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

JR西日本には伊賀と甲賀と、忍者の里が二つ、近くにある

'19年5月28日(火)

滋賀県甲賀市とJR西日本が
整備を進めてきたJR甲南駅
(同市甲南町)の新駅舎が
完成し、供用が開始された。
イメージは「忍者屋敷」で、
急勾配の屋根が目を引く
外観や、随所に散りばめら
れた手裏剣の絵などが
訪れる人を楽しませている。

新駅舎は線路を挟んだ
南北の往来の不便さを解消
するため、線路を
またぐように作られる
「橋上駅」で、両側には
エレベーターや、
車いすでも使える多目的
トイレなどが整備され、
バリアフリー化されている。

甲賀市は「忍者の里」として
知られ、同駅周辺は
甲賀流忍術屋敷があり、
忍者をテーマにした
観光拠点の整備も予定されて
いる。

新駅舎のトイレのタイルには
手裏剣の絵があしらわれ、
軒裏には木材を使っており、
同市の担当者は
「忍者の里にふさわしい
 駅になっている」と
胸を張る。

駅のホームと電車の床との
段差を解消する
かさ上げ工事などを行い、
今年度中に整備を完了する
予定だ。
((株)産経デジタル5/27 7:02)

甲南駅は草津線の駅で、
1日平均の乗車人員は
2014年から1000人を
割り込んでいる。
なお、忍者屋敷までは徒歩
20分を要する(Wikipedia)

一方、忍者ゆかりの土地が
近くにもう一か所ある。

伊賀流は、伊賀国の地に
伝わっていた忍術流派の
総称。甲賀流と並んで
忍術の中で最も有名な
流派の一つである。
根拠地は、現在の三重県
伊賀市と名張市にあった。
普段は農業や行商をして
各地の情報を探る一方、
指令が下ると戦場や
その後方へ出向き、
工作活動に励んだ
(Wikipedia)

最寄り駅は伊賀上野
(JR西日本の関西本線)
である。
同駅は伊賀鉄道の起点駅
でもある。
同駅も近年、1日平均の
乗車人員は1000人を
割り込んでいる。

観光スポットは
俳聖松尾芭蕉の関係施設や
忍者屋敷
(伊賀流忍者博物館)を
含め、伊賀上野の方が
多く、伊賀鉄道も使えば、
アクセスは圧倒的にいい。

因みに、新幹線で京都駅に
降りたと仮定すると、
甲賀忍者の甲南駅までは
約1時間、甲南駅から
伊賀忍者の伊賀上野駅までは
約30分の距離である。


posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

トランプ米大統領、相撲観戦で外交の戦略を学べるか 

'19年5月27日(月)

米ハワイ出身で
戦後初の外国人力士だった
先代東関親方
(元関脇高見山)は巨体で
突進相撲を得意にした。
モットーは
「Go for broke
(当たって砕けろ)」。
ぶちかまして一気に攻める
取り口が人気だった
▼1972年の名古屋場所で
初優勝。ある祝電を聞き、
涙をこらえきれなくなる。
「私は米国民とともに
 優勝のお祝いを
 申し上げます」。
差出人は当時のニクソン
大統領。元親方は
「あの感激は忘れられない」
と振り返った
▼あれから47年。
26日の大相撲夏場所千秋楽
(両国国技館)で現職の
米大統領が土俵に上がる。
優勝力士に大統領杯を贈る
トランプ氏の身長は190a。
高見山や横綱白鵬関とほぼ
同じで迫力ある“初土俵”に
なりそう
▼来日目的は首脳会談。
外交では相手をぶちかます
戦略を得意にするトランプ氏。
高見山と違い、おきて破りの
手を使う。貿易交渉や
北朝鮮対応の懸案を抱える
日本にとっては難敵である
▼安倍晋三首相は
格闘技好きのトランプ氏の
ために升席を用意したり、
一緒にゴルフを楽しんだりと
接待攻勢をかけ、懐柔を図る。
おかげで警備も大変。
米メディアから「お世辞術」と
やゆされる安倍氏の抱き付き
戦略は奏功するか。
トランプ氏は強引な押しだけ
でなく、肩透かしを得意と
することもお忘れなく。
(河北春秋 河北新報ONLINE NEWS5/24)

さて、トランプ大統領は
相撲を観られなかった
力士に米国大統領杯を
授与することになるのか。

当初の予定では大統領は
千秋楽の相撲を役相撲の
3番しか観ないという
ことであった。それでは
優勝の決まっている
朝乃山は、結びから4番前に
御嶽海との相撲を終えて
いる。

完璧な「おもてなし」を
目指して、関係者は
結局、結びまでの5番を
観てもらうことにした
ようだ。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする