2019年03月26日

子供の想像力を育てるために、読み聞かせをする

'19年3月26日(火)

全国各地の学校で今日
(25日)、修了式が
行われ、通知表を渡された
子供たちが家に帰ってくる。
子供たちには
楽しい春休みだが、
家庭での時間をどう
過ごさせるか。
特に低学年や幼稚園の
子供がいる親には
思案どころだろう
◆手軽にできる
「読み聞かせ」は、
今も根強い人気がある
ようだ。
地域の広報や案内には、
図書館や子供会などで
開かれる行事が見つかる。
読み方講座もある
◆絵本をめくりながら
話す読み手の声に集中
している子供の顔を見ると、
語りの力を改めて思う。
話し手は一人だし絵も
動かない。
でもそんな不足が、
聞く側の想像力を刺激
するのだろう。
高機能のネットやスマホ
では出来ない、豊かな
体験だ
◆読み方は、必ずしも上手
でなくてもよいらしい。
<できるだけ自然で、
 読み手がその絵本を
 たのしんでいる気持ちが
 伝わってくればいいの
 です>
(『えほんのせかい
  こどものせかい』
 文春文庫)との、児童
文学者、松岡亨子さんの
言葉に救われる
◆家庭で読み聞かせが
出来れば何よりである。
親子で一緒に、楽しく
想像の世界に遊ぶ。
人生の中でそんな時期は、
春の夢のように
あっという間である。
(編集手帳 讀賣新聞3/25)

孫娘(4月から小3)の
小学校では
22日(金)に修了式をした。
両親が働いているので、
25日からの春休み初日は
父方の祖父母の家へ
弁当持参で遊びに行った。

特に支障がなければ、
毎週金曜日に母方の
祖父母の家である
わが家へ泊まりに来る。

そして、眠くなるまで
われわれに漫画
「クレヨンしんちゃん」の
読み聞かせをする。

大人びたことばは
その漫画で学んでいるのを
知った。


参考
『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語〜サボテン大襲撃〜』映画オリジナル予告編

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする