2019年03月17日

人間の子育ては本能ではないことに気づかなければ

'19年3月17日(日)

一年の計は元旦にあり。
とはいうものの、ふしぎな
もので春かくると、
またそこから一つの年が
始まるように感じられる。
思えば、四季の順番も
春が真っ先にくる
◆去年の今頃、悲しい
偶然に戸惑いを覚えたのを
思い出す。
大学ノートに
「もうおねがいゆるして」
と書き残した船戸結愛
(ゆあ)ちゃん(5歳)、
「泣き声がうるさい」
と暴行された小林心愛
(のあ)ちゃん(生後2か月)、
毛布に巻かれたまま
クローゼットに放置され
窒息した小西真愛
(まりあ)ちゃん(1歳)
◆いずれも亡くなったことが
3月に報じられた、「愛」を
その名に持つ子供たちである
◆そしてこの春の景色を
見わたせば、まさかと
改まってつぶやきたくなる。
千葉県野田市の小学4年生、
栗原心愛(みあ)さん
(10歳)の死をめぐり
両親への捜査が続いている。
父親は暴行容疑で3度目の
逮捕となった。心愛さんの
訴えを書き留めた担任の
メモが痛ましい。
「あたま→なぐられる10回
 (こぶし)」
◆春は統計の季節でもある。
全国の警察が昨年1年間に
摘発した児童虐待事件で、
被害者となった子供たちは
1394人にのぼった。
前年から226人増えた。
砕け散る愛を思う。
(編集手帳 讀賣新聞3/16)

子育ての上手下手を
動物と比べれば、人間が
負ける。
子どもを一人前にする
ということは親離れさせる
ことである。
人間の場合は、一人前にして
社会に送り出すことである。
子どもはそれまでの
社会からの預かり物である。
虐待していいわけがない。
ラベル:虐待 暴行 
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする