2019年03月31日

いい道具は大事だから、使わずに仕舞っておくという口車

'19年3月31日(日)

道具ほど大事な物はない
土屋賢二お茶の水女子大学
名誉教授


釣り好きの男の話によると、
釣竿、リール、ベストなど、
高価な釣り道具をそろえると
数百万円もするらしい。
一億円のルアー(疑似餌)も
あるという
(人間を釣るための疑似餌
 だろう)。

わたしは話を聞いただけで
終わる男ではない。
一を聞いて十を知る男だ。
正確に言えば、一を聞いて
十を知ったと勘違いする
男だ。もっと正確に言えば、
一を聞いて五を聞き間違え、
十を誤解し、二十を知って
いると吹聴する男だ。
釣り具の話を聞いただけで
男女の本質を洞察した。

女は
「魚を釣るのに特別な
 道具は不要だ。棒切れ
 でもバットでも割り箸
 でも指でも釣れるはずだ。
 道具を買う金で魚を買え。
 釣る時間があるなら、
 その時間働いて稼げ」と
考える。
女には結果がすべてだ。
道具への愛など理解できない
(夫への愛も知らない)。
道具も夫も利用するだけ
利用し、用済みになれば、
邪魔なだけだと思っている。

男は違う。男には道具が
すべてだ。
極端に言えば、結果は問題
ではない。
ただ、結果が出ないときは
道具のせいだから、高価な
道具を買う必要がある。
結果が出れば、それ以上の
結果を求めてさらに高価な
道具を求める。
こうして男は「豚に真珠」
という非難に耐えつつ、
ゴルフ用具、楽器、車、
音響機器への愛を貫く。

男は実用性を求めている
のではない。腕時計に
カメラと電話と炊飯器の
機能がついていても、
魅力は感じない。
実用性は二の次なのだ。
実際、腕時計に
水深百メートルの
防水機能など必要ない。
時計をつけたまま顔を洗える
という防水機能さえ不要だ。
大事な時計なら、顔を洗う
ときは必ず外すし、高価な
時計なら、金庫にしまう
はずだ。だが、その金庫が
水深百メートルの海底に
沈んでも時計は動き続ける
のだ。男はそう考える
ことに満足を見いだすの
だから、ため息が出るほど
気高い。

わたしは昔、夢にまで見た
狩猟用ナイフを買ったが、
狩猟にも武器にも使うわけ
ではない。だが、たんなる
装飾用でもない。
このナイフがあれば
干している漁網にネコが
からまって窒息しそうに
なっていたら、躊躇する
ことなく、あたりに包丁や
ハサミがないか探し、
ないことを確かめた上で
(大事なナイフはできる
 だけ使いたくないのだ)、
ナイフでネコを救うことが
できる。また、暴漢に襲わ
れて海に投げ込まれて鯨に
呑み込まれても、鯨の腹を
切り裂いて脱出することが
できる。
あるいは、山中で遭難して
いるときに奇跡の名句を
思いつき、書き留めよう
として、鉛筆の芯が折れて
おり、かじって芯を出そう
にも歯が抜けていた場合、
鉛筆を削ることができる。

問題は道具を大事にする
あまり、自由に使うことが
できないことだ。
下手に硬い物を切れば
刃こぼれする。そのため、
このナイフはこれまで
新聞紙しか切っていない。
新聞紙ですら刃を鈍らせる
恐れがある
(新聞紙を切ったときは
 カッターナイフの方が
 切れ味がよかった)。
それならもはや「道具」
とは言えない
と思うだろうが、物を切る
ことができるという
「可能性」にこそ道具の
価値がある。

保管にも気を遣う。
道具の価値が分からず、
刃物を凶器に使いかねない
人物の目に触れない場所に
しまい、ときどき眺める
だけにする
(眺めるたびにナイフの
 何かが減るような
 気がするからだ)。
そうやって大事に保管して
いるうちに、
保管した場所を忘れて
しまう。

道具をひたすら大事にする
男の本質はもう明らかだろう。
男は、道具の奴隷なのだ。
男は道具にかしずいている。
上司にかしずき、妻に
かしずく上に、道具にも
かしずいているのだ。
何と謙虚なことだろうか。
女がその一割でも謙虚に
なったことがあるだろうか。
(ツチヤの口車1090
 道具ほど大事な物はない
 週刊文春4月4日号
 (株)文藝春秋)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

平成の人生相談から見えてくる孤独の多様性

'19年3月30日(土)

孤独のつらさを訴える
相談は、平成時代に多様化
した。
<今年定年の65歳
 元看護師。
 3年前に夫は亡くなり、
 子どもはおらず。
 広い家で一人暮らしです。
 趣味のサークルは
 楽しいのですが、
 夜一人で過ごしていると、
 寂しさを感じないでは
 いられません>
 =2002(平成14)年=。

身寄りのないお年寄りが
不安を覚えるのは、いつの
世も変わらない。
変わったのは、一人で暮す
高齢者が平成の間に大きく
増えた点だ。
総務省の国勢調査によると、
65歳以上の単身世帯は
1990年の162万世帯から
2015年に593万世帯に。
国立社会保障・人口問題
研究所の推計では、
その後も増えて、40年に
896万世帯になる。

そして老後は長くなった。
<一人暮らしの
 60代半ばの女性。
 長生きをし、
 もし認知症で寝たきりに
 なっても、子どもは
 自分たちの生活で
 精いっぱいで、
 介護してくれないで
 しょう。
 長生きが怖くて
 仕方ありません。
 70代で一瞬のうちに
 死ぬのが願いです>
 =17(平成29)年=。

厚生労働省によると、
65歳の平均余命は
1990年には
男性16.22年、
女性20.03年だったが、
2017年は19.57年、
24.43年に延びた。

一方、中高年は結婚
できない孤独を憂える。
<40代女性。男性とは
 付き合った経験がなく、
 知人に紹介を頼むなど
 していますが、
 全くダメです。休日は
 孤独感や寂しさで
 胸が張り裂けそう>
 =17(平成29)年=。
<50代男性。女性と
 付き合ったことがなく、
 コンパやお見合い
 パーティーに参加しま
 したが、ダメでした。
 どこへいくのもひとり
 ぼっち。カップルや
 家族連れを見ると
 つらくて消えてしまい
 たくなります>
 =18(平成30)年=。

50歳結婚歴のない割合を
示す生涯未婚率は、
平成時代に上昇し続けた。
1990年の男性5.57%、
女性4.33%から、
2015年には23.37%。、
14.06%となった。

立命館大学教授
(家族社会学)の筒井淳也
さんは、未婚化が進む一因
として
「昭和時代に見られた、
 結婚相手を親族や職場の
 上司が見つけるような
 『お膳立て』が、
 平成にはなくなった」と
指摘する。

家族がいても孤独はある。
目立つのは会話の少なさだ。
<40代女性。夫や子どもと
 会話がありません。
 8年も単身赴任していた
 夫には愛情を感じて
 おらず、次男は
 私がきつく言うと物を
 壊したりするので、
 怖くて何も言えなくなり
 ました。本当は家族と
 食卓で談笑したいけれど>
 =17(平成29)年=。
<70代女性。息子の家族と
 同居していますが、
 ほとんどの時間を一人で
 過ごし、嫁とはもう
 6か月もまともに話して
 いません。毎日一人で
 いると言葉を忘れて
 しまいそうです>
 =13(平成25)年=。

筒井さんは
「孤独や孤立が深刻化
 すると、
 周囲は手を差し伸べられ
 なくなる。そうなる前に、
 自分の孤独感や寂しさを
 家族や友人に伝え、
 頼ってほしい」と助言
する。

人生案内回答者で哲学者の
鷲田清一さんは、
ひとりぼっちがつらいと
嘆く50代男性への回答で
「選んだ孤独はよい孤独」
というフランスのことわざを
紹介した。

一人だから孤独とは限らず、
心が通じ合わないなら、
家族や仲間といても寂しい。
自分という個に向き合って
「よい孤独」を味わえるか
どうか。
一人が増えた時代の戸惑いが、
悩みから見えてくる。
(平成の人生案内 こころ編3
 讀賣新聞3/29 
 23(くらし)面) 

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

貴景勝、武士道、トランプ大統領で三題噺

'19年3月29日(金)

戦国時代の名称、
上杉謙信は最大のライバル
だった武田信玄と
14年もの間戦い続けた。
信玄の死の報告を受けると、
「敵の中の最も善き者」を
失ったことに慟哭したという
▼新渡戸稲造は世界的
ベストセラーとなった
『武士道』のなかで
このエピソードを紹介して、
謙信を最大限にたたえる。
「勇がこの高さに達した時、
 それは仁に近づく」
(岩波文庫、矢内原忠雄訳)。
昨日(27日)、大関昇進が
正式に決まった
貴景勝(22)の前の師匠、
元貴乃花親方は、謙信を
尊敬する人物として挙げて
いた
▼貴景勝のしこ名は、
謙信の後継者、景勝に由来
する。親方としては、
自らの相撲道を継承して
ほしい、との思いをこめた
のだろう。貴景勝が昇進
伝達式の口上に盛り込んだ
のは果たして、恒例と
なった四字熟語ではなく、
「武士道精神」だった
▼175aの身長は、
幕内で4番目に小さい。
とはいえ、猛稽古で
磨き上げてきた強烈な
突き押しは、
そのハンディをみじんも
感じさせない。
小学3年で相撲を始めた。
ちょうど卒業する頃、
角界は八百長などの
不祥事に揺れていた。
「日本人横綱になり
 人気をとりもどしたい」。
文集で早くも、大相撲を
しょって立つ決意を述べて
いた
▼夏場所でその夢に
向かって第一歩を踏み出す。
5月26日に来日する、
トランプ米大統領の観戦も
検討されているようだ。
1900年に米国で出版された
『武士道』は、当時の
セオドア・ルーズベルト
大統領も愛読していた
▼山国の信玄は、
東海道の北条氏から
塩の供給を断たれて窮地に
陥る。すると謙信は、
「我が公と争うところは、
 弓箭(ゆみや)にありて
 米塩にあらず」と
書き送った。
トランプ氏にもぜひ一読を
勧めたい。
敵に塩を送る謙信の心情を
理解するのは、難しい
だろうが。
(産経抄 産経新聞3/28)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

日本語は優れた言語、だがついでに英語の習得も

'19年3月28日(木)

国連初の日本人職員、
明石康さん(88)に以前、
英語習得の苦労を
うかがったことがある。
出身の秋田なまりが発音に
にじんでしまい、教授から
「君のはイイ語だ」と
からかわれたという
◆そこから日本人が苦手
といわれるLとRの発音
などを克服し、留学を経て
国連に入り事務次長まで
のぼり詰めた。
そんな明石さんは帰国後、
国際人養成のため小学校へ
英語を導入する提言も
行った。
「英語をやるなら
 若いうちです」
◆小学校の英語は来春から
正式教科となる。
文部科学省が検定を経て、
「聞く」「話す」にも
力点を置く教科書を発表
した
◆専門的な教員が少ない
実情から音声装置と併用
する形式になっている。
機械相手の授業で教室が
殺風景にならないよう、
いかに楽しくコミュニケー
ションを学んでもらうかが
課題だろう――などと
書けば、英語の得意な人
みたいなので申し上げて
おく。
最近までビートルズの
「ペニーレーン
 (Penny Lane)」が
英リバプールの通りの名
とは知らず、
「Penny Rain
 (小銭のような雨)」
かなあと独り思っていた
◆LとRが区別できない
せいで長く損をした。
(編集手帳 讀賣新聞3/27)


英語を母国語とする人にも
悩みがある。

バーナード・ショーの皮肉

バーナード・ショーが
すぐれた劇作家で、
社会主義者だったことは
ご存知のはずです。
彼はまた、つづり字改良
論者で、試案も発表して
います。彼によれば、
ghotiは fishと発音する
のだそうです。
ghは laugh(ラーフ)や
cough(コーフ)の「フ」の
音であり、oはwoman
(ウィメン)の「イ」、
tiは nation(ネイション)、
patience(ペイシェンス)の
「シュ」ではないか、
しからばghotiは fishという
ことになる、というわけ。
つづり字と発音は
このように、一致しない
ことが多い、というのです。
(岩田一男 英語に強くなる本
 (株)光文社)


蛇足ながら、
秋田なまりの話。
火のことを秋田では
「フィ」という。
それも下唇をかんで・・・。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

しつけのしようがない横綱白鵬、今度は三本締め

'19年3月27日(水)

大相撲春場所後の
横綱審議委員会が25日、
両国国技館で開かれ、
横綱白鵬関が、千秋楽に
土俵下で受けた
優勝インタビューで、
観客に三本締めを促した
ことについて、委員から
苦言が相次いだ。

記者会見した
矢野弘典委員長は、
「違和感を覚えるという
 委員が多かった。
 ちょっとおかしいと
 (相撲協会の)
 みなさんに伝えた」と
話した。相撲協会は
表彰式の最後に、土俵に
降りた神様を天に帰す
「神送りの儀式」を行い、
三本締めを行っている。
委員からは
「表彰式の途中で締める
 のはどうなのか」
「三本締めをできる立場に
 あるのか」などの意見が
出たという。

白鵬関は2017年九州場所
でもインタビューの中で
観客に万歳三唱を促し、
「横綱の品格に関わる」
として協会から厳重注意を
受けた。芝田山広報部長
(元横綱大乃国)は
「万歳がダメなら、手締め
 ならいいのかとなる。
 (白鵬関は)言動に気を
 つけてもらわないと」と
話し、今後理事会などで
対応を検討するという。
(読売新聞3/25 22:25)

まるで無礼講の宴会の
締めを任されたような
気になっている。

表彰式の優勝インタビュー
そのものに違和感を覚える。
だから
インタビューをやめれば
白鵬の問題行動はできない
はず。

白鵬は大相撲の格式張った
伝統を変えようとして
いるのではないか。

決して賛成はしないが・・・。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする