2018年10月25日

全日本実業団対抗女子駅伝で教えられた根性の意義

'18年10月25日(木)
[根性] ブログ村キーワード

江戸の昔、武家で下働きを
した者を「折助(おりすけ)
ともいった。
これに付随し、たぶん
試験には絶対に出ないで
あろう四字熟語がある。
【折助根性】
◆辞書には
「骨惜しみをし、
 人の目を盗んで
 怠けようとする根性」
とあった。
まるで身に覚えがない
ではない小欄は一読するなり
少しどきっとしてしまうが、
同じ根性の話題でも
折助とは対極にあるかの
ような記事がきのう(23日)の
夕刊(東京版)にあった
◆骨惜しみどころか、
足の骨を折っていたという。
全日本実業団対抗女子駅伝
予選会で、岩谷産業2区・
飯田怜選手(19)は
ラストの300bをはって進み、
仲間にたすきをつないだ
◆転倒してすぐ審判員が
声をかけると、
「このまま行きます」。
電話連絡を受けた監督は
棄権を申し出たが、
なぜか現場に伝わらず、
そのまま道路を進むさまと
涙しながら待つ
3区の選手がテレビに映った。
大会運営に批判が出るのは
当然としても、胸に迫るものを
抑えるのはむずかしい光景
だろう
◆言葉には往々、二義ある
ことはきのう(23日)も
書いた。
【根性】
@何とも変わらない
 生来の性質
A物事をやり通す
 たくましい精神――
選べるなら後ろがよい。
(編集手帳 讀賣新聞10/24)

ロサンゼルス五輪女子マラソン
でのスイス代表アンデルセン
選手のゴールと重なった。

参考
1984年のロサンゼルス
オリンピックでは
女子マラソンが競技種目に
新たに加わり、アメリカの
ジョーン・ベノイトが、
2時間24分52秒の記録で
金メダルを獲得。
ベノイトのゴールから
約20分後、競技場の観客が
目にしたものは、
ふらつきながらゴールに
向かい歩み続けている
ガブリエラ・アンデルセンの
姿だった。
その様子から熱中症に
かかっていることは誰の目にも
明らかだったが、
トラックサイドの係員に対し
アンデルセンはゴールする
意思表示をしていた。
一方で、トラックサイドの
医師はアンデルセンがまだ
汗をかいていたことから、
体の恒常性が保たれていると
判断し、ゴールラインを
割るまで続けさせた。
アンデルセンの右足は
ほとんど動いておらず、右手は
ぶらつき夢遊病者のような中、
競技場の大観衆の声援の
後押しによって、競技場に
入ってから5分44秒後、
2時間48分42秒の37位で
完走を果たした。
ゴールすると同時に、
係員に抱え込まれ医務室に
運ばれたが、大事には
至らなかった。
(Wikipedia)

言葉の二義
実際に起こる激甚災害を誰も具体的に予測できない
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする