2018年10月20日

痴漢もたじろぐ鳳仙花の英語名は「Touch-me-not」

'18年10月20日(土)
[ホルモン] ブログ村キーワード

まずはお肉の話ではない
と申し上げておく。
生物の成長などに大切な
役割をはたすホルモンの
いわれである
◆この物質は英国の学者が
発見し、ギリシャ語の
「活動を起こす」意の言葉に
ちなみ、ホルモンと名付けた
(『生物学の歴史』講談社
 学術文庫)

そんなわけで
“元気なイメージ”が定着した
ようだが
「活動を起こさない」それも
あるらしい。
季節外れの桜の開花の
報に教わった
◆気象情報会社ウェザー
ニューズは全国から354件の
開花情報が寄せられた、
と発表した。
花芽の成長を抑える
ホルモンが
働かなくなったためという
◆原因は9月の台風である。
このホルモンは
葉の残る間しか作用しない。
強風と塩害で落葉が進み、
春と勘違いする桜が
続出した――
どう受け止めたらいいのだ
ろう?
記事を読んだとき、可憐な
花を浮かべてうれしい反面、
災害の産物をめでるのは
何事かという声も響き、
落ち着かない心持ちになった
◆そういえば、秋には
どちらつかずの名を持つ
花がある。
コスモスは中国語で
「可思莫思花」とも言う。
思うべし、思うなかれ
と読める。
どこかの桜の下に
咲いているかもしれない。
(編集手帳 讀賣新聞10/19)


因みに、勿忘草(忘れな草)の
英語名は forget-me-not である。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする