2018年10月16日

気象予報は「生き神様」の「稲むらの火」と思うべし

'‘18年10月16日(火)
[津波] ブログ村キーワード

江戸末期の安政南海地震は
死者数千人を出した。
津波の襲来を察した紀州の
庄屋、浜口梧陵は、
刈り取られた稲束に咄嗟に
火を放った。
燃え盛る炎で注意喚起し、
村人を安全な高台に導く
◆ギリシャ生まれの作家、
小泉八雲
(ラフカディオ・ハーン)が
著書「生き神様」の中で
紹介した。
後に「稲むらの火」の物語
となって戦前の国語教科書に
載り、後世に語り継がれていく
◆大規模な災害が相次ぐ。
政府や自治体が悩むのは、
豪雨や大型台風が近づいた時、
いかに住民を避難誘導するか
である。
西日本豪雨の際、広島県内で
避難勧告に従って避難所に
身を寄せた人は、
わずか0.74%にとどまった
という
◆人間には、異常を伝える
情報があっても
「自分は大丈夫」と思い込む
心理が備わっているとされる。
「正常性バイアス」と呼ばれる。
精神の平静を保つための
本能だが、災害時には逃げ遅れに
つながりかねない
◆災害の警告が出たら、
空振り覚悟ですぐに行動したい。
浜口梧陵が暮らした和歌山県
広川町では毎年10月、
住民がたいまつを手に
練り歩き、先人の功績を偲ぶ。
現代の「稲むらの火」が
求められている。
(編集手帳 讀賣新聞10/15)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする