2018年10月11日

現役時代、花道が似合った元横綱輪島大士さん逝く

'18年10月11日(木)
[アウスレーゼ] ブログ村キーワード

洗練された男のおしゃれを
売り言葉に、資生堂が
微香性化粧品「アウスレーゼ」を
発売したのは1980年になる。
翌年、整髪剤のCMがあっと
言わせた
◆初代貴ノ花と輪島が
橋の上でばったり出くわす。
ともに引退し、髷をやめたばかり。
貴ノ花はきれいに整えた
輪島のパーマをしげしげと眺め、
尋ねる。
「それ、鬢(びん)付け油?」
「ノー、アウスレーゼ」
◆不機嫌な顔で花道をずしずしと
歩くのに笑うと目じりが下がり、
ひょうきんな人柄をにじませた。
それでいてめっぽう強い。
昭和の大相撲を華やがせた
元横綱、輪島大士さんが
亡くなった
◆数年前に咽頭がんの手術を
受けた。享年70歳。
「黄金の左」にしびれた世代は
早すぎないかという思いだろう。
名勝負を何度も演じた大関の
貴ノ花とは、土俵の外では
「親友」を互いに自任する仲
だったという
◆いろいろあった人である。
金銭問題で昭和の末頃に角界を
去り、プロレスラーなどを経て
解説者として
大相撲の舞台に戻ったのは
2009年になる。
そのとき審判部で出迎えたのが
親友の息子さんだった。
最近までのいろいろを、
どんな思いで眺めていただろう。
(編集手帳 讀賣新聞10/10)

輪島を新幹線で見かけた
ことがある。
付き人と思われる人が
弁当を6つ重ねて運んだ。

トレパン姿で髷を隠すように
ハンチングを被っていたが、
不自然に浮いていた。

学生相撲から角界入りし、
体が出来上がる前に、
黄金の左で昇進していった
ので、新弟子時代の
息が上がるような猛稽古が
不足し、長い相撲は苦手
だったようだ。

専門家は外見から
このことを胸が薄いと
表現した。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする