2018年09月06日

災害が激甚化する日本、対処の基本は危うきに近寄らず

'18年9月6日(木)
[想定外] ブログ村キーワード

同形異義語で有名なのは
【菖蒲】だろう。
あやめと読むか、しょうぶ
と読むかで、別の植物になる
◆この二つの花は
どちらにも存在感があるが、
一方が忘れ去られたかのような
同形異義語もある。
【風潮】。
ふうちょう、だけではない。
かざしお、と読めば
次の意味に転じる。
<台風などのために起こる高潮>
(広辞苑)。
存在感を増さぬよう
願うばかりの光景が
きのう(4日)、
台風21号が通過した地に
広がった
◆大阪湾の関西国際空港が
水没した映像に
息をのんだ方は多かろう。
肝の冷える景色である。
高潮と津波の違いはあっても、
「想定外」といった言葉が
飛び交った7年前の震災が
脳裏をよぎる
◆海水が防波堤を乗り越え
ないか。住宅地が浸水しないか。
タンカーが制御を失い、
連絡橋に衝突するほどの
風と波の威力である。
建築物の損壊は免れないに
しても、
人命にかかわる被害が
膨らまぬことを祈りつつ、
締め切り時間を横目に
この稿を書いている
◆7月の西日本豪雨にしても
避難の決断が明暗を分けた。
災害に立ち向かうとは
逃げることなのかもしれない。
こちらは行為としては
反対のようでも。同義である。
(編集手帳 讀賣新聞9/5)

関空で5千人

台風21号の影響でタンカーが
衝突して連絡橋が通行できなく
なり、約5千人が孤立した
関西空港で、取り残された
利用客らを
神戸空港へ輸送する
高速船の臨時運航が5日
始まった。

運輸安全委員会は同日、
船舶事故調査官3人を
現地に派遣する予定で、
状況に応じて
タンカーの衝突状況や
乗組員への聞き取り調査を
行う方針。

関西エアポートなどによると、
高速船は関空と神戸空港を
結ぶ110人乗りの定期船で、
関空内に残る客らを
ピストン輸送する。また連絡橋で
損傷がなかった車線の安全性を
確認し、通行可能と判断できれば、
バスで対岸の大阪府泉佐野市
などへ運ぶことも検討している。

▼【台風21号】ツイッターで
救助要請 「関空」閉じ込めに
不満訴えも


関空は4日の台風21号の
影響による高潮で滑走路や
ターミナルビルが浸水、
全面閉鎖となり一部が停電した。
同社は空港内に取り残された
利用客らに国内線のゲートエリアや、
隣接するホテルの会議場を
開放。乾パンや水、毛布を配布し、
利用客は空港のソファなどで
一夜を過ごした。

空港機能全般の安全確認の
ため5日は全便で欠航、
復旧の見込みも未定という。

連絡橋には4日午後、
大阪湾に停泊中だった
タンカー宝運丸(2591d)が
風に流され衝突。
自動車用道路に亀裂が入り、
路面も盛り上がるなどの
被害が生じ通行不能となった。
(産経WEST9/5 07:23)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする