2018年09月10日

激甚災害常襲国日本、最悪に備えた対策が必須

'18年9月10日(月)
[環境] ブログ村キーワード

美術家、磯辺行久さんは
1970年代、
米国で環境計画を学び、
帰国後は草分けとして
国の仕事にも携わった。
異色の経歴から生まれる
作品は、人と土地との
断ちがたい関係性を
あらわにする
◆今、新潟県十日町市、
津南町で大掛かりな
野外作品が展示中だ。
数百本の棒を立て
大規模な土石流の跡を
可視化する。
河岸段丘に巨大な足場を
据え、信濃川の
太古からの川床の位置を
明示する・・・
◆大自然の前で、
人はどれほどちっぽけで
無力か。
自明の理を改めて思い出す。
過去にはこんな作品も
あった。
「東京ゼロメートル」。
低地に立つ
東京都現代美術館の外壁、
地面からはるか高くに、
カスリン、アイオン、
キティといった女性の
名を記した。
戦後間もない頃、
日本を急襲した大型台風の
名と、その時の潮位を
示したものだ
◆下町が大水害に見舞われ、
多数の犠牲者が出た
痛ましい記憶も
普段は意識の外にある。
けれど、その日が再び
来ない保証はどこにもない
◆荒ぶる自然に
翻弄され通しの昨今
である。
あまりの猛威につい
想定外との言葉に
逃げ込みたくなる。
つらいが考え続け、
備えたい。
最悪はきっと避けられる。
(編集手帳 讀賣新聞9/9)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

大坂の素質はいとも簡単にメジャー大会を制覇した

'18年9月9日(日)
[全米オープン] ブログ村キーワード

【全米テニス】


テニスの全米オープン
女子シングルス決勝で
8日(日本時間9日)、
元世界ランキング1位の
セリーナ・ウィリアムズ
(36)=米国=を
6−2、6−4のストレートで
破り日本選手として
初優勝を飾った大坂なおみ
(20)=日清食品=に、
客席からブーイングが
浴びせられた。

「子供の頃から決勝で
 セリーナと戦うことを
 夢見てきた。
 でも負けるような夢は
 見ていない」。
そう語っていた大坂は、
日本選手初の四大大会
制覇の偉業を成し遂げると、
憧れの
S・ウィリアムズから
抱きしめられ祝福された。
母親やコーチが見守る
客席に駆け寄った。
コートサイドのベンチに
戻ると、しばらく頭から
タオルを被って優勝の
喜びをかみ締めた。

しかし、試合は客席からの
コーチング(指導)の
疑いで警告を受けた
S・ウィリアムズが、主審を
「嘘つき! 謝れ!」などと
罵るなど荒れた展開となって
いた。表彰式が始まると、
S・ウィリアムズの
出産後初の全米制覇を
期待していた客席から
ブーイングが起こった。

大坂の目から涙がこぼれ
落ちた。
S・ウィリアムズに
肩を抱かれても表情は
硬いまま。
偉業達成の感想を
問われた
優勝インタビューでも
涙をこぼし、
異例の言葉を口にした。
「ちょっと質問じゃ
 ないことを語ります。
 みんな彼女
 (S・ウィリアムズ)を
 応援していたのを
 知っている。
 こんな終わり方で
 すみません。
 ただ試合をを見てくれて
 ありがとうございます。
 本当にありがとう」
 
そして、
S・ウィリアムズに
お辞儀をして
「プレーしてくれて
 ありがとう」。
プレー中とは正反対の
弱々しい大坂の姿に、
ブーイングを浴びせて
いた客席が一瞬、固まった。
【ニューヨーク=上塚真由】
(産経ニュース9/9 07:29)

posted by (雑)学者 at 10:19| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際紛争が起これば相手国に性善説は期待できない

'18年9月9日(日)
[憲法] ブログ村キーワード

憲法を改正し、自衛隊を
憲法条文に明記すべきだ
との考えは、何も
安倍晋三首相の専売特許
ではない。小紙
(当時はサンケイ新聞)の
昭和56年元日付の
「年頭の主張」は訴えた。
「このことこそ、現下の
 緊急にして最重要の
 政治案件である」。
37年以上前から一貫して
いる
▼「自衛隊の正当性を
  明確化すべきだ」。
安倍首相は、6日に放送
されたインターネットの
DHCテレビ番組で強調
した。問題意識は
「年頭の主張」の
次の指摘と通底する。
「自衛隊が(中略)
 条文解釈と、法の
 欺瞞的運用によって
 辛うじて存立している」
▼一方、共産党の
志位和夫委員長は
こんな立場を示す。
「自衛隊が憲法違反なのは
 明瞭だ。(中略)
 大規模災害など
 必要に迫られた場合には
 活用するのは当然だ」
(平成28年6月の
 日本記者クラブ主催の
 党首討論会)。
違憲だが、存在するから
使うというご都合主義
である
▼自衛隊は現在、6日未明に
最大震度7の地震が発生
した北海道で、懸命の救助・
支援活動に当たっている。
北朝鮮情勢も今後、何が
起こるか分からない。
国民を守る自衛隊を、
曖昧な地位に置き続ける
ことにどんな道理があろうか
▼8月には埼玉県の
共産党市議らが、
子供用迷彩服の試着体験
などの自衛隊イベントを中止
させたり、自衛隊の
航空ショーの中止を求め
たりもした。
自衛隊が憲法に位置づけ
られれば、こんな差別的
ともいえる嫌がらせ行為も
影を潜めよう
▼日章旗を国旗に、
君が代を国歌に定めた
11年の国旗国歌法制定時には、
「今までも国旗、国歌として
 扱われてきたのだから
 法制化は必要ない」との
消極論も目立った。
だが、法律に明記したことで、
日教組などの
国旗国歌反対運動は根拠を
失い、沈静化していったの
だった。
(産経抄 産経ニュース9/8 05:00)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

機能性だけを追求すると安全性が想定外になる

'18年9月8日(土)
[厚真町] ブログ村キーワード

明治維新後、蝦夷地は
北海道と命名された。
それから150年目に当たる
今年、道内各地で記念事業が
行われてきた。
名付け親となったのが、
幕末の探検家、松浦武四郎
である
▼6度にわたり、道内から
千島、樺太(現サハリン)を
調査して、日誌、紀行類など
186巻を残した。
安政5(1858)年には、
現在の苫小牧市から
厚真町(あつまちょう)
入り、アイヌ民族の村で
2泊している。現在は
「町の犬」に指定されている
厚真犬を、狩猟犬として
大変優れている、と日誌に
書き残していた
▼日本列島を縦断した台風は
各地に大きな爪痕を残した。
追い打ちをかけるように
6日未明、北海道で
最大震度7の地震が発生した。
震源に近い厚真町は大規模な
土砂崩れに見舞われ、
住宅が倒壊、住民が閉じ込め
られた。
山々の緑は引きはがされ、
無残な姿をさらしている。
台風による大雨で、地盤が
緩んでいたようだ
▼火力発電所の緊急停止は、
道内すべての約295万戸が
停電するという異常な状況を
招いた。
新幹線を含めた鉄道が
運転を見合わせ、
新千歳空港は閉鎖、
道路も各地で寸断されて
いる
▼住民にとって
何よりの気がかりは、
テレビや電源が切れた
スマートフォンから情報が
入手できなくなる事態で
あろう。
停電が、どれほどの苦痛と
不便をもたらすのか。
台風による浸水のために
関西国際空港に取り残された
利用客がいやというほど
味わったばかりである。
クーラーは利かず、家族とも
連絡が取れなくなった
▼厚真町にある、武四郎の
碑には、滞在中に詠んだ歌が
刻まれている。
<えみしらも 志らぬ深山に
 分けいれば ふみまようべき 
 道だにもなし>。
道なき道をさまよっていた
武四郎の心細さを
平成の終わりになって、
強いられるとは…。
(産経抄 産経ニュース9/7 05:00)

関空は高波に襲われて
浸水し、そのうえ、
連絡橋がタンカーの衝突で
壊され、さらに強風による
広範囲の停電が加わって
その機能を失った。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

年齢に関係なく終活から学べる服装のマナー

'‘18年9月7日(金)
[服装] ブログ村キーワード

スーツの下に半袖シャツを
着ていいかどうか。
服装のマナーに関する本を
見てみたところ
「よろしくない」と書いて
あった
◆男女も別はない。
上着からシャツの袖が
1.5aほどのぞくのが
正しい着こなし・・・なのだ
そうですよ、
就職活動さなか、もしくは
先々リクルートスーツに
身を包もうかという学生の
みなさん
◆後者の人たちには
服装以上に気になるテーマ
だろう。
経団連の中西宏明会長が
日程などを定めた
“終活ルール”を、
2021年春の入社組から
廃止したい意向を表明した。
いまの大学2年生からが
対象になる
◆日本特有の慣行である
「新卒一括」を見直し、
欧米並みの自由競争で
人材を獲得する
「通年採用」にカジを切る
考えらしい。
かといって日程が野放図に
なれば、学生の本分である
学業がおろそかになる懸念も
当然ある。
どうなるのだろう?
◆だじゃれの名手、
高田文夫さんの作品を
思い出す。
<長袖は今日も暑かった>
(長崎は今日も雨だった)。
現状では面接などの
選考解禁は6月。
若者が真新しいスーツで
汗をかきかきビジネス街を
歩く姿も、そのうち
風物詩ではなくなるのかも
しれない。
(編集手帳 讀賣新聞9/6)

暑さのせいが、亡くなる
人が多い。
娘の嫁入り先で、葬式が
できた。
礼服を着なければならないが
これで覚悟が決まった。
この辺では、
黒のネクタイさえすれば
半袖でも
上着は要らないと考える
人もいて、違和感があった。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする