2018年09月20日

森繁久弥さんがかわいいとほめた樹木希林さんの演技

'18年9月20日(木)
[樹木希林] ブログ村キーワード

樹木希林さんは電車の中で、
いかにもケチで、
意地の悪そうなお婆さんを
見つけた。
あとを尾(つ)けた。
電車とバスを乗り継ぎ
千葉の高齢者施設にたどり
ついた
◆お婆さんを含め
入所者の人たちと和気
あいあいとおしゃべりをし、
手を握ったりした。
奇妙にすその長い割烹着、
指の先だけちょん切った
レースの手袋・・・
『寺内貫太郎一家』の
<キン婆さん>の衣装は
この体験をもとに生まれた
◆と、演出家の
久世光彦さんが真偽は
ともかくも随筆に紹介し、
たたえている。
転び方、恥じらい方、
ねたみ方――
人間というものに
目を凝らして
毎日を過ごしてきた
俳優だと
◆樹木さんが75歳で
亡くなった。
映画、ドラマ、CMと
活躍の幅が広すぎて
小欄は何を取り上げれば
いいかわからない。
ご冥福を祈り、
沢田研二さんの笑顔の
ポスターとともに
脳裏を離れない一言を
ささやかせていただく。
じゅりぃぃぃ
◆大御所の森繁久弥さんは
生前、こうほめていたという。
「あの女優はどんな根性の
 わるい女を演じても、
 去ったあとに
 かわいらしさを残す。
 救いのようなものを」。
ああ、かなしいね、かな
しいね(『林檎殺人事件』)
(編集手帳 讀賣新聞9/19)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

困難に平然と立ち向かった樹木希林さん逝く

'18年9月19日(水)
[釈迦] ブログ村キーワード

40年以上も別居していた
ロックミュージシャンの夫、
内田裕也さんと、
なぜ別れないのか。
女優の樹木希林さんは、
これまで何度も聞かれた。
樹木さんは若い頃から、
仏典に親しんできた
▼不登校の情報紙、
「不登校新聞」の
インタビューで、いきなり
お釈迦様の話を始めている。
ダイバダッタという、
師に背き命まで狙う
弟子がいた。
困り果てたお釈迦様は、
ある日気づく。
「ダイバダッタは、
 自分が悟りを得るために
 難を与えてくれる
 存在なんだ」
▼樹木さんにとって
内田さんは、そんな
「有難い」存在だった。
左目の失明や
全身に転移した
がんもまた、自分を成熟に
導いてくれる難ととらえた。
樹木さん自身も、
かつては
ダイバダッタだった。
文学座時代は、
大先輩の名優、
杉村春子さんに盾突いた。
盟友だった
テレビプロデューサーと
出演女優の不倫を暴露して、
大騒動に発展したことも
ある
▼75年の人生は波瀾万丈
だった。晩年の映画での
名演技は、国際的にも高い
評価を受けた。
小欄の記憶には、
ドラマ
「寺内貫太郎一家」の
「きん」おばあさんや、
富士写真フイルムの
CMが
強烈に残っている
▼部屋に張った
沢田研二さんの
ポスターの前で、
「ジュリィーッ」と
身もだえする。
CMでは、
「そうでない方は
 それなりに
 写ります」の
名コピーがあった。
いずれも台本にはなく、
樹木さんのアイデアだった
と知って驚いた
▼冒頭のインタビューは、
『学校に行きたくない君へ』
(ポプラ社)に収録されている。
もう一つ、樹木さんが
子供たちに残した、
とっておきの言葉を
紹介したい。
「お釈迦さんがね
 『人間として生まれる
  ことは
  きわめて稀なことだ』と
 言ってるの。だったらね、
 生き続けなきゃ、もったい
 ないじゃない」
(産経抄 産経新聞9/18)

「万引き家族」での
大儀そうな演技は、
がんによる病み疲れも
あったのだろうか。。

失明した左目で
この老婆役は、さらに
はまり役になっていたと
思う。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

紅をつけて出るキノコに化かされてはならない

'18年9月18日(火)
[キノコ] ブログ村キーワード

平安末期に成立した
とみられる
説話集『今昔物語集』に、
キノコを使った
毒殺未遂の話がある。
吉野の金峯山(きんぷせん)
長く別当(寺のトップ)を
務める老僧がいた。
次席の僧が、
その地位を奪うために
用意したのが、
毒キノコとして知られる
「わたり」である
▼僧は別当を招き、
ヒラタケと偽って
わたりの料理を振る舞った。
ところが、
別当に苦しむ様子は
みられない。
「こんな見事な
 わたりの料理を食べた
 ことがない」と
うそぶく始末。
別当は
キノコの毒にあたらない
人だった、というのが
落ちになっている
▼わたりとは、
ツキヨタケを指す。
現在でも、
誤って食べる人が
後を絶たない。
今月9日、日光の男体山で
採ったキノコを食べた
栃木県内の男女4人が、
吐き気や嘔吐(おうと)の
症状を訴えた。
「ヒラタケと思っていた」と
話していることから、
ツキヨタケによる食中毒の
可能性が高い。
確かに図鑑の写真を比べても、
ほとんど見分けがつかない
▼そのほか、ニセクロハツ、
ドクカラカサタケといった
別の毒キノコによる被害も
報告されている。
国内には、3千種以上の
キノコがあり、まだ、
名前のついていない
キノコが
その3〜5倍存在すると
いわれている
▼毒の成分が分かって
いるのも
ほんの一部にすぎない。
キノコの世界は奥が深い。
9月上旬まで
猛暑が続いた平成22年は、
キノコによる食中毒が
多発した。
今年の日本列島も酷暑に
あえぎ、さらに度重なる
台風によって、
湿り気も十分だ。
秋の行楽シーズンを迎えて、
要注意である
▼江戸後期の俳人、
小林一茶は
50歳を過ぎてから、
故郷の信州に落ち着いた。
秋にはキノコ狩りに
夢中になった。
<化かされな 茸も紅を
 付けて出た>。
一茶も毒キノコの美しさに
化かされたことがあったのか。
(産経抄 産経ニュース9/17 05:00)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

弘法は筆を選んだ、道具が分かれば上達する

'‘18年9月17日(月)
[プロゴルファー] ブログ村キーワード

プロゴルファーの
青木功さんは、
店頭のパターに一目惚れ
した。
買って握ってみると、
シャフト(柄)がやや
長い。
「切っちまうべぇ」。
糸のこでグリップを
まるごと切り落とした。
グリーン上で腰を
くの字に曲げる打法は、
このパターから生まれた
という
(『勝負論』新潮新書)
▼切る。削る。
おもりを付ける。
手元のクラブがブランド
ものの逸品であれ、
手になじむまで加工した。
ショットを放つ瞬間、
わずか1_のずれが、
100b先では数bもの
狂いを生む。
道具を侮る者は、
「いつかその道具に
 裏切られる」。
青木さんの経験則である
▼「時の人」が
市販のラケットで
偉業を成し遂げたと聞き、
スポーツ用品店に急いだ
若者も多かったろう。
テニスの全米オープンを
制した大坂なおみ選手である。
残念ながら「市販」は
誤報だったらしい。
メーカー側が、
「市販品とは異なる仕様
 でした」と訂正した
▼大坂選手の飾らない
人柄も手伝い、「市販」の
ニュースは胸に落ちる
ものがあった。
メーカーによると
重さにして「約2%」の差で、
数cの違いとか。
ペン以外の物を持ち慣れぬ
身には雲をつかむような
話である。
トップ選手のみが知る、
道具の重みがあるらしい
▼<能書は必ず好筆を用ふ>
と、空海の言葉にある。
字が達者な人は、良い筆を
使う。
「弘法筆を選ばず」
ではなく道具を選んでいた。
次は自分も、と
色めき立った
テニス愛好家には
気の毒だが、誰もが同じ
ラケットで手軽に
強くなっては、大坂選手の
立つ瀬がない
▼将棋の故大山康晴名人は
上達の秘訣を子供から
問われ、
「いい駒といい盤を
 持つこと」と答えている。
いい道具を持てば手入れを
心がける。
上達への一歩だ、と。
「なおみ」を目指す子供たちの
道しるべだろう。
(産経抄 産経ニュース9/16 05:00)


中島常幸プロが
若い頃、クラブを特注した。
届いたクラブで
アドレスした途端、
「1c違う」といったという。
1cは1円玉1個の重さ
である。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

自前の軍隊を持たず、米軍に頼る国防が最強なのだが・・・

'18年9月16日(日)
[憲法] ブログ村キーワード

「自衛権の発動としての
 戦争も、又(また)
 交戦権も放棄した」。
吉田茂首相は
昭和21年の憲法制定議会で、
新憲法9条について
こう説明した。
自衛戦争すら認めないの
だから、この解釈の下で
自衛隊が認められる
道理がない。これが
当初の政府の憲法解釈
だったことを、
まず押さえておきたい
▼興味深いことに、
9条に強く反対したのは
共産党だった。
24年間も議長を務めた
野坂参三氏(後に除名)は、
党を代表して訴えた。
「これは一個の空文に
 過ぎない」
「わが国の自衛権を放棄
 して民族の独立を危うく
 する危険がある」
▼現在では9条護持を
唱える
共産党の変わり身も、
見事である。
ただ、政府も負けては
いない。
大村清一防衛庁長官は
29年、
「武力攻撃を受けた場合に、
 国土を防衛する手段として
 武力を行使することは、
 憲法に違反しない」
とする政府統一見解を表明
した
▼吉田首相は
「近年の戦争の多くは
 国家防衛権の名に於(お)いて
 行われた」とも答弁して
いたが、政府の憲法解釈は
百八十度転換した。
背景には、
連合国軍総司令部(GHQ)が
朝鮮戦争に伴う
米占領軍出兵で生じた
戦略的空白を、
日本自身で埋めさせよう
とした事情がある
▼「この理想(9条)が
  あまりにも当然な
  自己保存の法則に
  道を譲らなければ
  ならぬことは
  いうまでもない」。
マッカーサー
連合国軍最高司令官は
26年の日本国民に与えた
年頭のメッセージで、
こう強調していた。
9条を自ら押しつけて
おきながら、
ご都合主義の極みである
▼憲法は制定経緯も
審議過程も条文解釈も、
実はGHQ製である点も含め、
その場しのぎのごまかしを
続けてここまできた。
14日の
日本記者クラブ主催の
自民党総裁選討論会を
見ながら、改めて
このまま放置は
できないと痛感した。
(産経抄 産経ニュース9/15 05:00)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする