2018年08月31日

「冷房」装置が人間の住環境を改善してきたのに

'18年8月31日(金)
[エアコン] ブログ村キーワード

人間は古来、真夏の暑さを
しのぐ方法を探し続けてきた。
「冷房の父」といわれる
米国人、ウィリス・キャリアが
エアコンを発明したのは、
1902年である
▼シンガポールの国父、
リー・クアンユー元首相が、
エアコンを
「20世紀最大の発明」と
たたえた話は有名だ。
確かに赤道直下の都市国家が
世界屈指の金融センターの
座を獲得できたのは、
オフィスを快適に保つ
空調設備のおかげである
▼記録破りの連日の酷暑を
経験すると、改めて
リー氏の意見に同調したく
なる。この夏、
熱中症のため倒れた
高齢者の多くが、自宅で
エアコンを使用していな
かった。
運ばれた先の病院でも
エアコンが作動しなかった
としたら…。
想像するだに恐ろしい
▼岐阜市の
「Y&M 藤掛第一病院」に
入院していた80代の
男女4人の患者が26日から
27日にかけて相次いで
亡くなり、さらに28日夕に、
84歳の男性患者も死亡して
いたことがわかった。
5人がいた部屋のエアコンは
故障しており、扇風機が
置いてあるだけだった。
岐阜地方気象台によると、
26日の岐阜市は、最高気温
36.2度を記録している
▼岐阜県警は、5人が
熱中症で死亡した
疑いがあるとして、
業務上過失致死容疑を
視野に経緯や死因を
調べている。
これに対して院長は、
「エアコンの故障が
 死亡につながったとは
 考えていない」
と因果関係を否定した
▼2020年の
東京オリンピック・パラリン
ピックの
招致プレゼンテーションで、
キーワードとなったのが、
「おもてなし」だった。
英語でいえば、
hospitalityである。
この言葉から、
hospital(病院)が
生まれた。高齢の患者を
劣悪な環境のまま放置
していたとしたら、
少なくとも「病院」を
名乗る資格はない。
(産経抄 産経新聞8/30)


昨日、病院で
院長の外来の診察開始が
入院患者の対応で
15分ほど遅れると
告げられた。

猛暑の中休みがあったに
しても、たき火に
当たっているような
暑さは尋常ではなく
錆びついた本能でも
危険を感じた。

院長は岐阜の病院ことが
あって、回診に時間を
かけたのではないか、
と気が付いた。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

自衛隊がなかったらちょっかいを出す国ばかり

'18年8月30日(木)
[ブルーインパルス] ブログ村キーワード

先日、航空自衛隊初の
女性戦闘機パイロットの
誕生が報じられていた。
自衛隊の中でも
花形とされる
戦闘機パイロットから、
さらに選び抜かれた
精鋭集団が、
「ブルーインパルス」
である
▼昭和39年10月の
東京五輪開会式では、
青空に
5色の五輪マークを
描いた。
今でも全国各地の
基地で開催される
航空ショーで、
ブルーインパルスが
披露する
高度な操縦技術は
目玉企画となっている
▼ところが、今年3月に
小牧基地(愛知県小牧市)で
開かれた航空祭では、
ブルーインパルスの
展示飛行が中止となり、
来場者は
前年の約6万2千人から
約1万人に減ってしまった。
地元の団体が
「航空法違反にあたる」
として、
名古屋地検に提出した
告発状が関係している
らしい
▼埼玉県
鴻巣(こうのす)市では、
地元の共産党市議らが、
10月に行われる空自の
航空ショーそのものの
中止を求めている。
「航空ショーは
 戦闘と切り離すことが
 できない」というのだ。
今月20、21日には
市内の
ショッピングセンターで
予定されていた自衛隊の
イベントが、やはり
共産党市議らの反対で、
中止に追い込まれたばかり
である
▼有川浩さんの小説
『空飛ぶ広報室』は、
元戦闘機パイロットの
空井2尉が主人公である。
ブルーインパルスの一員に
選ばれながら、交通事故に
遭って広報室に配属されて
いた。
「戦闘機って人殺しのための
 機械でしょ?」。
テレビの女性記者の一言に、
空井は思わず声を荒らげて
しまう
▼「自衛隊は専守防衛が
  信条なんですよ。
  国外に攻め入ることは
  ありませんから」。
女性記者は幸い、取材を
進めるうちに、空井の言葉を
理解していく。
「自衛隊イコール戦争」の
イメージを広めるのに
やっきになっている人たちは、
耳を貸すつもりはなさそうだが。
(産経抄 産経ニュース8/29 05:00)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

汗まみれ、急ピッチ、建設業界で進まない働き方改革

'18年8月29日(水)
[寅さん] ブログ村キーワード

寅さんがフーテンだから
だろう。
映画『男はつらいよ』
シリーズには、寅次郎いわく
「汗まみれになる仕事」に
あこがれ、挑戦する場面が
いくつかある
◆5作「望郷篇」では
タコ社長の印刷屋を手伝う
ものの、続かない。
11作「忘れな草」には
酪農家で働くも3日と
もたずに倒れ、妹さくらが
迎えにいく場面がある。
寅さんは挫折し、すねたり
するが、山田洋次監督が
向こう岸に描くのは
「汗まみれ」になって働く
人々への敬意だろう
◆先週読んだ本紙社会面
(東京版)の記事に
寅さんはやはり挫折する
だろうと思った。
建設業界ではいまだ
週休2日を実現していない
という
◆天候の影響で工事が
予定通りに進まないことが
多いうえ、業界で
休日取得の意識が広がって
いないことも背景にある。
政府が旗を振る働き方改革に
腰をあげた大手の現場さえ
「4週6休」がやっとの
状態らしく、これほど
時代遅れの業界は珍しい
◆官民をあげて、本気で
取り組んでほしい課題である。
工事用語「急ピッチ」を
労働政策の用語にしては
いかがだろうか。
とりわけ今夏の熱暑を思えば
「汗まみれ」が美しさを
伴っては聞こえない。
(編集手帳 讀賣新聞8/28)

休日を増やせば、
人手が増えて、建設原価が
嵩む。
業界にとって、由々しき
問題である。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

不眠不休で飛ぶ渡り鳥のスタミナの秘密は胸肉にある

'18年8月28日(火)
[イミダペプチド] ブログ村キーワード

慢性的な疲労感から
抜け出す方法として、
これまで栄養ドリンクや
スタミナ食などの方法が
とられてきた。
しかし、疲労感で悩む人は
後を絶たない。

2002年に厚生労働省が
行った調査では、72%もの
人が日常的な疲労を
訴えるという結果が出た。
そんな疲労大国日本で、
世界に先駆けて
「疲労感のメカニズム」が
明らかになった。

人間は、活動すると
体内で疲れの原因となる
物質が発生。
それらが過剰に発生すると、
細胞が酸化障害を受ける。
それにより疲労感が
発生することが分かった。

これまで疲労感は
栄養不足やビタミン不足
などが原因と考えられて
いた。そのため、
ウナギやスッポンなどを
食べて「精をつけ」、
疲れ対策をしてきた人も
多いだろう。
そういった方法は
栄養不足の戦前ならば
効果があったかもしれないが、
現代においては、
それでは根本的な疲労対策は
できないことが、
このメカニズムの解明で
証明されたのだ。

では根本的に疲労対策を
するには、どうしたら
良いのだろうか。
それは、体内に発生した
酸化ストレスを効果的に
取り除くことが必要だ。


そこで、国レベルで
疲労感に効果的な食品成分を
解明する研究が2003年に
始動した。
その研究チームが
目をつけたのが「渡り鳥」
だった。

渡り鳥は、不眠不休で
10日間も飛び続けることが
できる。
その理由を調べたところ、
羽の付け根の筋肉(胸肉)に
「イミダペプチド」という
成分が豊富に含まれている
ことが分かった。
この「イミダペプチド」は、
様々な動物の最も酷使する
部分に豊富に存在するという。
マグロやカツオなどの
大型回遊魚は尾の筋肉に、
人間は脳に最も多く存在する。

しかし「イミダペプチド」は、
年齢と共に減少することが
分かった。そこで、
食事などから摂取し、補う
ことで、疲労感が軽減
されると科学的な臨床試験に
よって実証された。
最近ではテレビにも
多く取り上げられ話題を
集めている。

休んでも取れない疲労感に
悩まされている時は、
この「イミダペプチド」を
積極的に摂ってみては
いかがだろうか。
元気さの違いにきっと驚く
はずだ。
(讀賣新聞8/27 
 13(広告のページ)面)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

北朝鮮は日本から離れたいのか、近寄りたいのか

'18年8月27日(月)
[北朝鮮] ブログ村キーワード

北朝鮮が金日成主席の
存命中に行った耕地拡大の
ための大規模な森林伐採を、
朝鮮半島統治時代に
「日本が行った略奪行為」
と断じ、日本に弁済を要求
している。

平壌放送が22日に報じた
論説は、日本が
「朝鮮の山をはげ山にした」
とし
「日帝による大々的な
 山林伐採がわが国を
 洪水地帯にし、
 人民の生命、財産を
 随時脅かす結果を
 もたらした」と主張。
「わが人民は、日本の
 山林資源略奪の犯罪行為を
 徹底的に清算し、
 その代価を受け取らずには
 いない」などと訴えた。

北朝鮮では山林が伐採され、
山の斜面にトウモロコシ
などの段々畑が造られている。
その風景は中朝国境の
中国側から肉眼で確認できる。
ただ、これは金主席による
農業政策の結果だ。

金主席は1970年代、
耕地拡大で農業生産を
上げるため、段々畑造りを
指示した。
人民は命令に従い「速度戦」で
山すそや斜面を切り崩し、
はげ山にトウモロコシ畑を
造った。81年には
「自然改造4大課題」の
一つとして全国の傾斜地
20万平方bの開墾が
掲げられた。しかし、
土留めを造っておらず
斜面は崩壊。土砂が流され、
85年以降、水害が顕在化し
続けた。

耕地のむやみな拡張は、
水害や木材不足、生産性の
低下をもたらした。これら
「主体(チュチェ)農法」の
失敗は、
在日本朝鮮人総連合会
(朝鮮総連)系の農学者で
北朝鮮の元山(ウォンサン)
農業大学客員講師を務めた
李佑泓(リ・ユホン)氏の
著書などで明らかにされて
いる。

乱伐と山林放置による
土砂崩れは、山の実態を
目にした金主席自身が
「水害の頻発と拡大を招く」
と著作で懸念を示していた。
しかし、現在の北朝鮮は
金日成時代の失政を省みず、
日本に責任を転嫁している。
将来、日朝国交正常化交渉が
再開された場合、不当な
要求が出る可能性もある。
【ソウル=名村隆寛】
(産経ニュース8/25 18:37)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする