2018年07月03日

選手は世界の壁を肌で実感、ファンのマナーは世界一に

'18年7月3日(火)
[W杯] ブログ村キーワード


選手、力尽きる

体を張り続けた。
それでも、
最後まで防ぎきることは
できなかった。
2−0のリードは
サッカー界では危険と
されるスコア。
そんなジンクスにはまり、
大事な有利なはずの
展開から逆転を許した。

痛恨だったのは2−2の
後半ロスタイム。
表示の4分が尽きようと
したころ、本田のCKを
ベルギーのGKクルトワが
捕球した。
延長戦を意識したのか、
ここで一瞬、日本イレブンが
棒立ちになった。

クルトワからボールを
受け取ったデブルイネが
猛然と中央を駆け上がり、
右クロス。ゴール前で
長谷部が抑えようとした
ルカクはボールをスルー、
最後にシュートを
打ったのはシャドリだった。
遅れて戻ってきた昌子の
スライディングも届かず、
決勝のゴールを押し込まれた。
25歳のセンターバックは
ピッチで号泣し、
「足を引っ張った。
 これから精いっぱいやる
 しかない」と言葉を
絞り出した。

同点を許した後半29分の
失点は、浮き球の左クロスの
対応でフェライニに簡単に
マークを外された。
ポーランド戦でもFKから、
同じような形で
フリーになった選手に
決勝点を奪われている。
西野監督体制となってから
7試合連続で失点。
最後まで課題を改善でき
なかった。

身体能力の差は確かにある。
それを埋めるには不断の努力
しかない。
守備のリーダーの吉田は
「これで終わりではない。
 次の4年に向けて、
 個人が経験値を高めないと
 いけない」と誓いを立てた。
【ロストフナドヌー=吉原知也】
(産経ニュース7/3 11:44)



敗戦後もごみ拾い

サッカーのワールドカップ
(W杯)ロシア大会から
日本の敗退が決まった2日の
ベルギー戦後も、
日本サポーターは
南部ロストフナドヌーの
会場でごみ拾いをし、
英米メディアが好意的に
伝えた。

英BBC放送のサッカー番組
「マッチ・オブ・ザ・デー」は
ツイッターで、
日の丸に身を包んだ
サポーターらが会場のごみを
集める写真を掲載し、
「日本のファンは試合終了の
 ホイッスル後もスタジアムに
 残って掃除した」と紹介した。

米紙USAトゥデーの
スポーツサイトも
「敗戦の失望をこらえて、
 日本のファンは再びごみを
 集めた」と称賛。
こうした活動は初戦の
コロンビア戦から知られる
ようになったと報じた。(共同)
(同ニュース7/3 12:35)

posted by (雑)学者 at 13:32| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本は行き場のない廃プラスチックでごみ屋敷になる

'18年7月3日(火)
[プラスチック] ブログ村キーワード

プラスチック製品のごみ
(廃プラスチック)が
日本各地であふれている。
廃プラの主な輸出先だった
中国が輸入制限に踏み切り、
日本でリサイクルが
追いつかないためだ。
一方、世界では使い捨て
プラスチック製品を
使わないようにしたり、
規制したりする動きも
広がっている。

■高さ5b
「もう限界」。
関東地方の廃棄物処理業の
男性社長は悲鳴を上げる。
ペットボトル、食品容器、
ハンガー・・・・・・。
敷地に廃プラが積み上がる。
高さは約5bに達し、
廃棄物処理法の保管基準を
超えて危険なレベルだ。

この業者は、コンビニや
企業から出るペットボトル
などを回収業者から買い取り、
1か月約3000dを中国系の
輸出業者に売ってきた。
だが中国は昨年末に輸入を
ストップし、ごみは行き場を
失った。
処理業者は現在、買い取りを
やめ、逆に有料で引き取る
ようにし、ごみの増加を
抑えようとしている。

財務省の貿易統計によると、
今年1〜5月の中国への
廃プラ輸出量は3万d。
前年同期の51万dの6%に
激減している。
業界関係者によると、
保管場所がいっぱいになった
廃棄物処理業者が増え、
関東地方では半数以上が
新規の受け取りを断っている
という。
回収業者は廃プラの引取料を
相次いで値上げし、排出する
企業の経費もかさんでいる。

■方向転換
中国は資源不足解消のため、
1980年代から廃プラなど
大量の資源ごみを世界中から
輸入。
新たなプラスチック製品や
化学繊維の原料にして
リサイクル(再生利用)
してきた。
石油から新製品をつくる
よりも、はるかに安いためだ。
廃プラを輸出する日本や
欧米諸国にとっては、
都合のよい「ゴミ捨て場」
だった。

だが有害物質の混ざった
廃プラも含まれ、排水処理や
大気汚染対策も進んでいない
ことなどから中国国内の
環境汚染が深刻化した。
このため中国はレジ袋や
ペットボトルなど日常生活で
使われた廃プラの輸入を
ストップ。
今年12月には工場などの
生産過程で排出される廃プラの
輸入も停止する見込みだ。

■焼却増やせず
日本にとって当面の解決策は、
別の国に輸出するか焼却しか
ない。今年に入り、
中国に代わって
タイやベトナムなどへの
輸出が増えた。
ただ中国に輸出していた
量には及ばない上、
タイ政府は、日本からの
資源ごみの不法処理が
相次いでいるとして、
「近い将来」に輸入を禁止
すると表明した。
タイの海岸に打ち上げられた
死んだクジラの胃から
大量のポリ袋が発見された
ことも影響した。

焼却についても問題がある。
分別収集した廃プラを
リサイクルしたり、発電所
などで熱として有効利用
したりせずに単に燃やすので
あれば、分別収集の意義が
問われる。
プラスチックは燃焼時に
高温になるため焼却炉を
傷める恐れがある。
さらに燃焼に伴い、
二酸化炭素が排出され、
地球温暖化対策にも影響する。
日本は現状でも廃プラの
7割近くを燃やしているため、
これ以上の焼却は避けたい。

リサイクル事情に詳しい
東アジア・アセアン経済研究
センターの小島道一シニア・
エコノミストは
「長期的には、
 プラスチックごみの
 発生量を減らすとともに、
 リサイクル設備を増やさ
 なければならない」と
指摘している。

国連環境計画(UNEP)によると、
使い捨てプラスチック製品の
規制を導入している国は
60か国以上ある。
欧米を中心に規制を強める
動きが加速している。

背景には、
「欧米諸国は自国での
 リサイクル率が低く、
 中国の輸入禁止を日本より
 深刻に受け止めている」
(日本のリサイクル業関係者)
ことがある。石油を原料
とするプラスチックの生産や
焼却を減らせば、温暖化対策
にもつながる。

プラスチックごみによる
海洋汚染問題が深刻化している
こともある。
海で漂流する間に波や紫外線に
よって細かくなった
「マイクロプラスチック」は
生態系に悪影響を及ぼし、
使い捨てプラスチック製品を
使用する企業にも厳しい
目が向けられるようになった。

マクドナルドは英国と
アイルランドにある
全店舗で、来年末までに
ストローをプラスチック製
から紙製へ切り替えると
発表。
米国やフランスなどの
一部店舗でも試験的に
実施する。

6月の先進7か国(G7)
首脳会議では、リサイクル
などの数値目標を定めた
「海洋プラスチック憲章」が
まとめられた。日本は
「産業界と未調整で
 市民生活への影響も
 大きい」(環境省)として
米国とともに署名を見送り、
廃プラ対策に後ろ向きな
印象を与えた。

こうした中、日本は、
議長国を務める来年の
主要20か国・地域(G20)
首脳会議でこの問題を
主要議題の一つに据え、
G20までに廃プラ対策の
国家戦略を策定する方針だ。
ある政府高官は
「途上国も含めた
 枠組み作りで日本の
 貢献をアピールしたい」
と話す。
(スキャナー
 讀賣新聞7/2 3(総合)面)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする