2018年04月30日

微妙な立場の日本だが、国際社会と足並みを揃える

'18年4月30日(月)
[北朝鮮] ブログ村キーワード

朝鮮中央通信は28日、
北朝鮮が核実験中止などを
発表したのに対し、
日本は最大限の圧力維持を
表明したと指摘し
「朝鮮半島と地域に流れる
 平和の流れをきちんと
 感知できない」と
非難する論評を配信した。

論評は、不祥事で窮地に
立たされた安倍政権が
危機回避などのため、
北朝鮮への圧迫に固執して
いると主張。
「急変する情勢下で
 朝鮮民族や国際社会の
 願いは眼中になく、
 自分たちの利害ばかり
 計算している」と批判した。
また
「南北の同胞はもちろん
 国際社会も、対話ムードを
 壊そうとする行為を決して
 許さないだろう」と強調した。
(共同)
(産経ニュース4/28 20:06)


政府は28日、北朝鮮による
洋上での密輸取引「瀬取り」を
防ぐため海上自衛隊や米軍が
行っている警戒監視活動に、
新たにカナダ、オーストラリア
両国が参加すると発表した。
北朝鮮が
国連安全保障理事会の
制裁から逃れようとする
動きを許さず、国際社会が
連携して
「最大限の圧力」を継続して
いく姿勢を示す。

両国軍が哨戒機を
米軍嘉手納飛行場
(沖縄県嘉手納町など)に
派遣し、近く監視飛行を
開始する。海自や米軍と
担当海域などを調整する。
英国も今月11日に
米軍横須賀基地
(神奈川県横須賀市)に
入港し、
海自と共同訓練を実施した
フリゲート艦
「サザーランド」を
警戒監視活動に参加させる。

各国は国連軍地位協定に
基づき、日本国内の
米軍飛行場や港湾を使用する。
政府関係者は
「各国が目的を共有して
 警戒監視活動を行う意義は
 大きい」としている。
(同4/28 19:17)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

南北首脳会談、詳細な会談の内容を公表しない両国

'18年4月29日(日)
[首脳会談] ブログ村キーワード

文脈でかなり意味を違える
言葉がある。
代表的な例は【適当】だろう。
◆第一の意は
<お風呂が適当な温度に
 なった>というように、
何かの性質や状態が
求める条件にかなうこと。
第二の意となると、
新明解国語辞典(三省堂)に
こんな例文があった。
<その場その場で適当に
 話を合わせる>。
さて、どちらの適当だろう。
韓国の文在寅大統領と
北朝鮮の金正恩委員長が
会談した
◆南北首脳会談は
史上3回目になる。
この数か月、別人になった
かのように態度を改めた
金氏と文氏が手をつないで
軍事境界線上の板門店を
歩く姿は、確かに歴史に
残る光景ではあろう
◆文氏は会談の席に
つくなり、
「平和を願う世界の人たちに
 大きな贈り物ができれば
 いい」と語った。
ぜひその贈り物の
受け取り主に、
肉親との再会を待つ
日本の拉致被害者家族が
含まれることを
願わずにいられない。
息をつめて共同宣言文の
行間を眺めまわした。
どうなるか
◆もはやこの期に及んで
第二の【適当】になる
ことほど、無念で残酷な
ことはあるまい。
横田さん、飯塚さん、
増元さん・・・
皆さんの目に南北首脳が
笑顔で向き合う姿は
どう映ったろう。
(編集手帳 讀賣新聞4/28)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

子を生み税金を減らさないのはその国に暮らす国民の義務

'18年4月28日(土)
[有識者] ブログ村キーワード

2040年の日本社会は
どうなっているのか。
短期的な成果を追いかける
政治から脱却し、未来を
見据えて必要な施策を
考えることが大切だ。

総務省の有識者研究会が、
40年の日本が直面する
課題を網羅的に挙げ、
政策の方向性を示した
第1次報告を公表した。
6月にも最終報告をまとめる。

この年に生まれる子供は
74万人と推計され、
1970年代前半の3分の1に
減る。団塊ジュニア世代は
全て退職期を迎え、
3人に1人以上が高齢者と
なる。
東京圏など3大都市圏は
高齢化が加速し、医療・
介護の人材が不足する。

報告が「未曽有の危機」と
警鐘を鳴らすのは的を射て
いる。

少子化を克服するため、
待機児童の解消など
子育て支援策の充実は
急務である。
だが、仮に出生率が改善
しても、当面の人口減は
避けられない。
将来の危機から目を背けず、
解決の処方箋を
早急に作ることが重要だ。

安倍内閣は「地方創生」を
掲げ、地域の産業振興や
雇用創出に取り組んできた。
従来の施策の延長線上に
とどまり、長期的な視点に
欠けたことは否めない。

研究会の提起を、
近視眼的な政策を改める
きっかけとしたい。

重要なのは、人口減に対応し、
社会の制度や仕組みを
徐々に変えて、軟着陸を図る
戦略である。

身近な行政サービスは
縮小を余儀なくされる。
小中学校の統廃合が進み、
上下水道などの
維持コストも上がる。
高度成長期以降に
整備された道路や橋、
トンネルなどの老朽化が
深刻となる。

地方自治を担う人材の確保や、
公共インフラの維持・更新に
計画的に取り組むべきだ。

研究会は、自治体の枠を
超えた連携の強化を促して
いる。

政府は、人口20万人以上の
都市とその周辺自治体が
協力する
「連携中枢都市圏」を
推進している。
全国で28あり、図書館の
相互利用をはじめ、
観光振興や企業誘致などを
共同で進めている。

個々の市町村が全ての
サービスを提供する、との
固定観念にとらわれては
なるまい。

右肩上がりの経済を前提と
した制度の改革も欠かせない。

膨張する医療・介護の費用を
抑制し、持続可能な社会保障
制度を構築しなければ
ならない。
生産年齢人口の減少を踏まえ、
高齢者や女性が働きやすい
ように、雇用の制度や慣行を
見直すべきだ。

関係省庁や自治体は
民間の知見を生かして、
多角的な検討を重ねることが
求められる。
(社説 讀賣新聞4/27
 3(総合)面)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

片道切符になるかもかもしれない中国への渡航

'18年4月27日(金)
[密告] ブログ村キーワード

国家安全に危害を加え
かねない状況を発見したら
ネットで直ちに通報せよ−。

中国の国家安全省は、
スパイ行為やテロ、
社会主義制度の転覆、
国家分裂を扇動する計画
などで、一般からの
“密告”を奨励する専用
サイトを立ち上げた。
 
今月15日に、中国で
3年目を迎えた
「全民国家安全教育日」に
合わせて公開した。
金額の明示はないものの
報奨金も支払われるといい、
匿名密告もできる。

主権や領土をめぐる問題で、
外国人に加え台湾や香港、
マカオを指すとみられる
「境外」の勢力結託も警戒
している。
中国の国内法が及ばない
はずの香港や台湾において
主張されている
「独立論議」も、通報の
対象になる懸念がある。
中国語に加え英語での
通報も可能という異例の
扱いで、海外に散らばる
中国系住民も意識した
ようだ。

習近平指導部は
2014年以降、反スパイ法や
国家安全法などを相次ぎ制定。
スパイ行為に関わったなどと
して日本人も公安当局に
拘束され、少なくとも
8人の拘束がなお続いている。

ただ、具体的にどのような
行為が中国で
「国家安全への危害」と判断
されるのか、見えにくい。
密告サイトが乱用されれば、
外国人や「境外」の人に
とって中国は、ますます行き
にくい国になる。(河崎真澄)
(外信コラム 上海余話
 産経ニュース4/25 08:41)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

連続試合出場記録はチームのためにという意識の連続記録

'18年4月26日(木)
[衣笠祥雄] ブログ村キーワード

広島カープの衣笠祥雄選手の
ニックネーム「鉄人」は、
漫画「鉄人28号」に由来する。
当初は背番号28をつけて
いた。もちろん、2215という
偉大な連続試合出場記録を
打ち立てられたのは、体が
人一倍頑丈だったからだ
▼最大のピンチが訪れたのは、
昭和54年8月の対巨人戦
である。西本聖投手から
死球を受け、左肩甲骨を骨折、
全治2週間と診断された。
ところが翌日に代打で出場
すると、江川卓投手の速球を
フルスイングして3球三振
する。
「1球目はファンのため、
 2球目は自分のため、
 3球目は西本君のために
 スイングしました」。
試合後に名コメントを残すと、
次の日にはフル出場を果たし、
ファンを驚かせた
▼「痛みはコントロールできる。
  それより不調でチームに
  迷惑をかけるのではないか、
  と気持ちが後ろ向きになると
  出られなくなる」。
後に記録を破った大リーグの
リプケン選手と会って話すと、
まったく
同じ考え方をしていたそうだ。
62年の現役引退にも迷いは
なかった。
練習してもうまくならない
と悟ったらすぐ辞めると、
決めていた
▼「どうしたらプロ野球に
  行けますか」。
少年野球で保護者から
聞かれると戸惑った。
野球人生を振り返ると、
どんなに苦しい時でも、
野球は楽しかったし
好きだった、ただそれだけ、
だったからだ。
引退後も、才能豊かな
後輩たちの活躍を見るのが
うれしくてたまらない
▼ただ先週、テレビの野球
解説中に声がかすれ、
視聴者から問い合わせが
相次いでいた。
鉄人復活の望みもかなわず、
昨日(24日)訃報が届いた。
大リーグでも二刀流を貫く
大谷翔平選手の活躍を、
はらはらしながら見守っていた
▼何より黄金時代の輝きを
取り戻した、赤ヘル軍団の
日本一を見届けたかっただろう。
(産経抄 産経ニュース4/25 05:03)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする