2018年01月21日

広辞苑は国民的辞書、校正は国民みんなでする

'18年1月21日(日)    
[広辞苑] ブログ村キーワード

<ほんとうに字引きを読む
 人は、字そのもの、語
 そのものが面白くて、
 読むのである>。
芥川龍之介の未定稿随筆
「辞書を読む」は、
ひとごとのような言い回し
だが、恐らく龍之介自身の
思いにちがいない
◆こう続く。
<いわば、植物学者が
 温室へはいったような
 心もちで、字引きの中を
 散歩すると思えば
 間違いない・・・そうして
 珍しい語に逢着すると、
 子供が見たことのない花を
 見つけでもしたように
 嬉しがる>
◆ただし植物園造りは易しい
作業ではないようである。
岩波書店「広辞苑」第7版に
相次いで誤りが見つかって
いる
◆【しまなみ海道】の
説明では海道の経由地の
一つに「周防大島」を
挙げたが、正しくは「大島」。
性的少数者【LGBT】では、
「多数派とは異なる性的
 指向をもつ人々」との
記述に、自分は男か女か
という性自認の概念を欠く
と指摘された。
岩波書店は重版で訂正する
という
◆いずれも新版で追加された
1万語の一部だが、
発見のスピードに少々驚く。
12日に発売されたばかりで
ある。いったいどれほどの
人が“新装植物園”を散歩
したのだろう。
国民的辞書であることの
証明でもあろう。
(編集手帳 讀賣新聞1/20)

参考
LGBT
 L Lesbian(女性同性愛者)
 G Gay(男性同性愛者)
 B Bisexual(両性愛者)
 T Transgender
    (トランスジェンダー)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

稀勢の里、(やはり)君が何とかせにゃいかん

'18年1月20日(土)
[稀勢の里] ブログ村キーワード

横綱、大関といった位は
なくとも昭和の大相撲を
沸かせた取り組みの一つに、
麒麟児―富士桜がある。
ともに猛烈な突っ張りが
持ち味だった
◆1975年5月の天覧相撲では、
ばちばちと音が響きわたる
激しい応酬に、昭和天皇が
身を乗り出して観戦したことは
よく知られている。
小欄は小学生の昔、対戦を
見逃すまいと家路を走って
帰った覚えがある
◆今の大相撲にこの一番がない、
といいたいのではない。
むしろ逆で、興奮のなかに
歓声のあがる取り組みが
番付によらずいくつもあり、
相撲人気の揺るぎなさが
伝わる。
不祥事直後にして国技館を
客が埋め尽くす
◆名高い力士でなくとも、
通用口にサインやシャッター
チャンスを求めて
若い女性たちが集う景色が
ちょっと昔とちがうかな、
と本紙のベテラン写真記者は
言う。ファンの層が厚みを
増したのだろう。
興行の足腰はじつに強い
◆だからといって、
横綱の足腰がどうでもいい
とは言わない。
職場のテレビから歓声が
悲鳴に変わる音がした。
白鵬が休場したきのう
(18日)、
不調をおして出てきた
稀勢の里の気概はだれもが
認めるところだろう。
ただ、また負けてしまった。
(編集手帳 讀賣新聞1/19)

19日、その稀勢の里も
休場することになった。

タイトルの川柳は、
白鵬、朝青龍、日馬富士の
モンゴル勢だけが目立った頃、
よみうり時事川柳に載った
一句
だそうである。

稀勢の里のけがは、
日馬富士との一番で負った
もの。
今場所は、
鶴竜の一人横綱状態である。

誰が書いた筋書きか
知らないが、
モンゴル勢が中心の
大相撲勢力図は変わらないし、
稀勢の里の復活がなければ、
日本人力士が
隅に追いやられた
大相撲の
ウインブルドン現象は続く
だろう。

参考
Kirinji vs. Fujizakura : Natsu 1975 (麒麟児 対 富士櫻) 

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

加齢によって身近な病気になる「心不全」

'18年1月19日(金)
[心不全] ブログ村キーワード

高齢者に多い心不全について、
日本循環器学会代表理事で、
東京大学教授の小室一成
(いっせい)さん(60)に
聞いた。

心不全の
「現在の患者は約100万人
 ですが、高齢化に伴い、
 2035年頃まで増え続ける
 と推計されています。
 感染症の急拡大に例えて
 『心不全パンデミック』
 ともいわれます。
 日本では30年以上に
 わたってがんが死因の
 トップですが、
 75歳以上では循環器の
 病気で亡くなる人の方が
 多いです。中でも
 心不全は重要です」

心不全とは
「高血圧や心筋梗塞、
 不整脈、弁膜症などの
 病気により、心臓の働きが
 悪くなった状態で、
 あらゆる心臓病の終末像
 と言えます。
 ただ、そう言われても
 一般の方にはわかりづらい
 ので、学会として昨年10月、
 『心臓が悪いために、
  息切れやむくみが起こり、
  だんだん悪くなり、
  生命を縮める病気
』と
 定義しました」

「いったん発症しても、
 適切な治療で症状は改善
 します。
 ただ、完治することは
 ありません。過労やストレス、
 塩分や水分の取りすぎ、
 風邪などにより再発します。
 悪化と改善を繰り返しながら、
 徐々に機能が低下します。
 経過が悪く、心不全で入院
 したことのある人は
 5年間で半数が亡くなって
 います」

学会として啓発に力を
入れているのは
「予防できる病気だからです。
 健康なときから、たばこを
 吸わない、食べ過ぎない、
 適度な運動をするといった
 ことが予防につながります。
 高血圧や糖尿病など、
 心臓病になりやすい状態に
 なっても、血圧を下げる、
 肥満を解消するなどの
 対策で防げます。
 心臓病になってしまっても、
 適切な投薬治療や生活習慣の
 改善などで、心不全の悪化を
 防ぐことができます」

心不全に気付かないことも
多いが
「息切れやむくみが
 主な症状ですが、
 年をとると誰でも多少は
 息切れを経験します。
 ただ、急な変化があるか
 どうかが、見分ける
 ポイントです。
 1〜2か月で急に息切れ
 するようになり、
 これまで上れた階段が
 上りづらくなったという
 ときは要注意です。
 また高齢者の体重が急に
 1〜2`増えることも
 あまりないので、
 心不全で水がたまっている
 ことを疑います。
 BNPという心臓の負荷を
 示すホルモンを調べると、
 おおよその状態がわかり
 ます」

心不全の治療法は
「人それぞれですが、
 まずは専門的に診られる
 病院にかかってください。
 その後はかかりつけ医に
 フォローしてもらうこと
 です。
 心臓の病気は専門医が
 診るべきだと考えられて
 きましたが、
 患者は急増しており、
 専門医だけでは対応でき
 ません、
 また必然的にかかりつけ医が
 心不全患者を診る機会も
 増えてきます。
 病院と診療所が連携して、
 患者を診る体制が重要に
 なります」
(森井雄一)
(医療ルネサンスNo6717
 讀賣新聞1/18 17(くらし)面)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

日本の食品は美味なだけでなく安全である

'18年1月18日(木)    
[サクランボ] ブログ村キーワード

米国人の食事も健康志向に
なってきたとはいえ、
外食は高カロリーで栄養
バランスの偏ったものが
多い。無精ながら家では
野菜や果物をとるよう
心がけている単身赴任者に
とり、皮をむかずに
食べられるブドウや
サクランボはうれしい。

スーパーの棚で最近、
サクランボを見つけた。
初夏のものに比べて小ぶり
だったが、試しに買って
みると、それなりに
おいしく食べられた。
こう寒いとポトマック川の
桜の開花が待ち遠しい、と
考えながら次々と口に
ほうり込んでいて、
旬ではないことにようやく
気付いた。
南半球にあり米国と
夏冬が逆の南米チリ産
だった。

調べてみると、世界最大
規模のサクランボ輸出国
であるチリでは作付面積の
拡大が進んでいる。
その8割は中国向けで、
春節で需要が拡大する
2月を前にかき入れ時を
迎えているという。
東アジアと季節が逆の
チリは果物の輸出に有利な
立場にあり、日本への
輸出拡大も狙っている。

日本にいたときには
国産品を好んでいたが、
米国での生活であまり
産地を気にしなくなり、
日本のサクランボの繊細な
味わいもすっかり忘れて
しまっていた。
日本産の食品が多く出回り、
米国の人たちにその魅力に
触れてもらいたいというのが、
ナシの産地で生まれ育った
者としての願いだ。
(加納宏幸)
(外信コラム ポトマック通信
 産経ニュース1/15 14:40)

日本食が世界的なブームに
なっている。

日本が作った品種のりんご
「ふじ」は米国でも栽培
されているが、
地平線上にどこまでも
連なる
大規模農園を考えれば、
人手を使った
栽培法ではあり得ない。

米国人が通常食べているから
と輸入を迫られても
日本の安全基準ではどう
なのか。
輸入に消極的であれば、
日本の安全基準は非関税
障壁だと非難するだろう。
そうであれば、
日本の農業の生き残りに
外国の富裕層を狙って
農薬を使わずに人手をかけた
農産物を輸出したらどうか。
美味しくて安全という
農作物なら高くても
買ってもらえるだろう。

また、和食の美味しくて
安全という魅力にひかれて
帰国できない外国人も
いると聞く。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

人のために生きなさい つらい体験は人を優しくする

'18年1月17日(水)
[広辞苑] ブログ村キーワード

言葉は時代により意味を
変える。
他の多くの辞書とちがって
「広辞苑」が特徴的なのは、
古い順に意味を紹介する
ことだろう
◆例えば【優しい】は
<@身も痩せるように感じる>
と始まる。このあと
<つつましい><おだやか>
といった変化が紹介され、
5番目にようやく<情け深い>
と現代の意に近い記述が
出てくる。
人の気持ちもよく似ていよう。
本当に優しい人は、
身も痩せるような苦悩を
過去にしているものである
◆その人は幼い頃、
貧困に苦しんだという。
平成の二つの大震災で、
遺児の心のケアに尽力した
元あしなが育英会職員、
林田吉司(よしじ)さんが
病気のため65歳で亡く
なった
◆育英会が神戸に築いた
ケア施設で初代館長を
務めた。
ねじりはちまき姿で
遺児らに接し共に涙を流した。
東日本大震災後には
施設建設のため
東北事務所長として赴任
した。そのおり、何より
心強かったのは阪神の
遺児たちが成長し、
ボランティアとして
東北の遺児の助けに
向かったことだろう
◆若者たちの胸には
“神戸のお父さん”の
言葉があったにちがいない。
「つらい体験をした人は、
 優しくなれる。
 人のために生きなさい」
(編集手帳 讀賣新聞1/16)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする