2017年04月10日

地域のみんなで不幸な親をつくり出さないために

'17年4月10日(月)
[不幸] ブログ村キーワード

決して帰らぬ子供の
帰りを待ち続ける。
その悲しみにふれた
一節が武者小路実篤の
詩にある。
<待っても待っても
 帰って来ない/
 子供をもつものは
 どんなに不幸だろう>
(『トビアスの帰り』)
◆続く1行の筆致は強い。
<だから私は人殺しは
 よくないと言うのだ>。
胸を突かれるのは
痛ましい事件のあと
だからだろう。
殺害されたベトナムの
少女の母親は
「夢であって」と涙を
流した
◆詩のいう<不幸>の
要因としては交通事故も
忘れるわけにはいかない。
過去5年間に175人の
小学生が犠牲になった。
残された者それぞれに、
待ち続ける日々がある
◆入学の季節に、
真っさらな黄色い帽子を
かぶった新1年生の姿を
みる。
同時に春の全国交通安全
運動が始まった。
歩行中の交通事故の被害は、
全年齢の中でも
小学生になって迎える
7歳が突出して多い。
運動を前にそんな調査
結果も警察庁から公表
された。
関係者以外に関心が
広がることの少ない
恒例行事だが、結果は
<不幸>の抑止に直結する
◆子供の姿があれば、
みんなで安全を見守る。
地域の目で輪禍を防ぎたい。
邪悪な影の接近を阻む
力にもなるだろう。
(編集手帳 讀賣新聞4/9)

とんぼ釣りきょうはどこまで
行ったやら―加賀の千代女

子供の帰りが遅いのは、
夢中になって遠くまで
とんぼを追いかけて行った
からだ。

子供が亡くなったという
現実を受け入れられず、
そうやって待っている
母の姿である。


孫娘は、今日小学校の
入学式を迎える
ピカピカの1年生。

道を渡るとき、
左右を見ることが徹底
できていないのが心配
である。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする