2017年04月20日

知的生活とは頭に体がついていけない生活のこと

'17年4月20日(木)
[渡部昇一] ブログ村キーワード

渡部昇一さんの
ベストセラー
『知的生活の方法』を
読んだのは、大学生時代で
ある。読書の技術から、
カードの使い方やワインの
飲み方まで、
大いに「知的」な刺激を
受けた。ただ、実践には
至らなかったのが、
40年たった今でも悔や
まれる

▼渡部さんによれば、
「知的生活」の原点は、
旧制中学での恩師との
出会いだった。
佐藤先生の英語の授業が
なかったら、
英語学を一生の仕事にする
ことはなかったという。
先生の自宅を訪ねると、
英語の本はもちろん、
天井まで和漢の書物が
積んであり、全て読了して
いた

▼「佐藤先生の如く
  老いたい」。
渡部少年の願いは
十分かなえられた。
77歳のとき、
2億円を超える借金をして
家を新築し、友人たちを
驚かせた。
巨大な書庫には、なんと
和洋漢の本15万冊が収蔵
されている。
80歳を超えてからも、
ラテン語の名文句や英詩の
暗記を欠かさず、
「記憶力自体が強くなった」
と豪語していた

▼ただ渡部さんには、
佐藤先生のような
「平穏な知的生活」は、
許されなかった。
広範な読書と鋭い洞察力に
裏付けられた評論活動は、
しばしば左翼・リベラル
陣営から激しい攻撃を
受けてきた。渡部さんは、
「自由主義を守る」との
信念のもと、一切怯む
ことはなかった

▼正論メンバーでもあった
渡部さんの訃報には驚いた。
雑誌『正論』の4月号で
論文を拝見したばかり
だったからだ。
「アングロサクソン文明圏
 の先進性」の観点から、
トランプ米大統領を論じ、
日本の進む道を示す内容
だった

▼昨年刊行したばかりの
『実践・快老生活』には、
こんな記述がある。
「九十五歳くらいまで歳を
 重ねれば死ぬことさえ
 怖くなくなる」。
86歳の渡部さんにとって、
あと10年近くは
「知的生活」が続くはず
だった。
(産経抄 産経新聞4/19)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

技術革新が進めば、生活空間の危険は増加する

'17年4月19日(水)
[踏切] ブログ村キーワード

劇作家で歌人の寺山修司に
『心臓』という詩がある。
<心と/心臓とのあいだを
 流れる川を/
 血と名づける>。
誰の胸にも川は流れている。
流れているが、である
◆その人が出くわしたのと
同じ場面に居合わせたと
して、自分ならばどうして
いたか。
この一両日、考えている。
助けに行かねばと
「心」では分かっていても、
おそらくは「心臓」を
鷲掴みする恐怖で川は
凍りつき、立ちすくむだけ
だったに違いない
◆銀行員の児玉征史さん
(52)が電車にはねられて
亡くなった。
川崎市の京浜急行線八丁畷
(はっちょうなわて)
そばの踏切で、線路上に
立ち止まった高齢の男性を
救助しようとして
事故に巻き込まれたという
◆優しい「心」と
たくましい「心臓」の
あいだを、
温かい川が流れていた人
だろう。
勇気。崇高。無私。
浮かんでくる言葉は
幾つもあるが、
そのすべてをもってしても、
夫を、父をなくした
ご遺族の悲しみは癒やせまい
◆窪田空穂(うつほ)の歌を
思い出す。
<哀しみは身より離れず
 人の世の愛あるところ
 添ひて潜める>。
美しい心がもっとも美しく
表れる瞬間を狙いすまして、
人を泣かせる。
天の計らいは、ときに
薄情にすぎる。
(編集手帳 讀賣新聞4/18)

<飛び出すな車は急に
 止まれない>。
タイヤが摩耗していれば、
さらに停止するまでに
走る距離は長くなる。
電車のブレーキは
駅の停止位置に電車を止める
ためにある。
踏切では非常ブレーキを
使うことになり、
法令では600b以内に止まる
ことを義務付けている。

電車は踏切では止まらない
ものだと考えた方がいい。

昔は乗り物のスピードが
遅かったので、踏切という
遺物が現在にそのまま
残されたと考える。

鉄道の地下化が人に優しい
立体交差に違いないが
鉄道の負担能力を超える
だろう。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

処世法の基本は自分の行いに責任を持つこと

'17年4月18日(火)    
[ストーカー] ブログ村キーワード

勝新太郎さんは晩年、
下咽頭がんと診断された。
手術で治る可能性も
あったが、一つ間違えば
声を失い、二度と
芝居ができなくなる――。
だから、拒んだ
◆『天才 勝新太郎』
(文春文庫)から引いた。
著者の春日太一さんが
記している。
<勝は最期まで
『勝新太郎であること』を
 選んだ>。
病状公表の翌年に
亡くなったが、役者のまま
生涯を終える選択に悔いは
なかっただろう
◆同じ治療でも、
こちらは、時に第三者の
命を左右しかねない
意味合いを持っていると
言えよう。
ストーカー行為に及んだ
加害者に対する治療のこと
である
◆全国の警察が
昨年4〜12月、293事件の
加害者に対し、
精神科など専門医の診察を
受けるよう促した。
25%が受診したが、60%は
拒んだ。
拒否の理由の多くは
「自分は悪くない」。
ストーカー特有の独善的な
思考がのぞく
◆診察を受けさせようにも
強制力はない。
だが、昨年、警察が把握
したストーカー被害は、
4年連続で2万件を
超えた。凶悪事件に発展
する事例も後を絶たない。
“ストーカーであること”を
彼らに選択させぬよう、
何ができるのか。
知恵の絞りがいがある
課題だ。
(編集手帳 讀賣新聞4/17)

精神的に異常かどうかの
判断の前に、
自分の行為が道徳に
敵っているかどうかの
判断があると思う。
自分の行為がわがままから
発しているものかどうか、
迷惑行為ではないのか。
そういう判断が求められる
と思う。
道徳教育に期待する
しかないのだが、
学校教育の効果が出るまで、
早くても10年以上の
先行投資になるような
気がする。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

曲がったことが嫌いな人に大事な仕事は任せるべし

'17年4月17日(月)
[保護者会] ブログ村キーワード

人の世には404種の病が
あるとされ、
恋煩いを指して俗に
「四百四病の外(ほか)」と
いう。
わが子に寄せる
情愛もしかし、恋に劣らぬ
煩いを強いて、親の胸を
締め付ける甘美な病だろう。
<かくばかり偽り多き
 世の中に子の可愛さは
 真(まこと)なりけり>
の歌は落語のまくらと
してなじみ深い

▼処刑を控えた吉田松陰も、
先立つ不孝を辞世でわびて
いる。
<親思ふこゝろにまさる
 親こゝろけふの音づれ
 何ときくらん>。
江戸幕府の弾圧に膝を折ら
なかった硬骨の人が、
深々と頭を垂れている。
子を思い煩う情愛を前に
すれば、どんな理屈も色
あせるほかない

▼容疑者も、
<子の可愛さは…>の
親心を分からぬ立場では
あるまい。
千葉県松戸市の9歳女児が
無残に遺棄された事件は、
言葉を失う顛末(てんまつ)
となった。
逮捕されたのは、女児が
通う小学校の保護者会の
会長(46)だった。
聞けば容疑者も、2人の
子供を持つ親だという

▼通学路では見守り活動の
先頭に立ち、児童が慣れ
親しむ顔だった。
心許せる親同然の存在
だろう。紙面には
「(娘を)守りたくても
 守れない」と父親の
痛憤が載っていた。
<偽り多き世>の大人が
「見守り」を装っていた
なら、同じ大人として
怒りを禁じ得ない

▼無情の別れに、
「梅若忌」(4月15日)を
重ねた人もいよう。
公家の父と死別した
梅若丸は、人買いの手で
東国に下り、隅田川の
ほとりに12歳で病没した
という。
愛児を追う母の旅路は
謡曲『隅田川』として
今に伝わる。
子を失った親の苦しみに、
時の古今はない

▼四百四病には諸説ある。
人の五臓に各81種の病が
あり、足して405種から
「死」を除けば四百四病に
なる。
病なら女児もいずれは
笑顔に戻ったろうに。
親にとって、これほど
無情な“四百四病の外”は
あるまい。
(産経抄 産経新聞4/16)
※5×81=405

核家族で共働きなら
保護者会の会長職は
誰かにやってもらいたい。
この任務は、完全無欠の
人が引き受けたわけでは
ない。
子供に異常な興味を持つ
人だったらしい。
ベトナム国籍だったら
「バレにくい」という
計算もあったのでなないか。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

疲れたときはまともな呼吸ができていない

'17年4月16日(日)
[深呼吸] ブログ村キーワード

呼吸は単に
酸素と二酸化炭素を交換
しているだけでなく、
肺が膨らむ・しぼむの
リズムに応じて、
血液、リンパなどを
体中に巡らせる役割を
果たしている。
この「巡り」をよくする
には、深い呼吸で体内に
エネルギーを行き渡らせる
必要がある。

しかし、現代人は
慢性的に呼吸が浅くなって
いることが多く、それが
あらゆる不調を招いて
いる。
浅い呼吸になる原因は
さまざまだが、
特に要注意なのが
「息を止めるクセ」。
集中したり緊張したりすると
無意識に息を詰まらせて
しまいがちだが、
呼吸を止める時間が
多いほど、
体の緊張が溜まり、
息が浅くなる。
まずはこのクセの見直しが
大切である。

浅い呼吸を改善し、
「巡り」をよくするには
深呼吸が有効。

深呼吸と聞くと
大きく体をそらすイメージ
かもしれないが、
これだと体の随所に力が
入り、深く息が吸えない。

試しに合掌した手を
胸に当てた姿勢で呼吸して
みる。
体の力を抜き、背中の
カーブに沿うように
自然に背中を丸めると、
いつもより多く息が吸え、
胸も背中も膨らみ、
吐くとしぼむのを
感じられるだろう。
正しい深呼吸は息が体の
中心を通り、お腹の底に
すーっと収まる。
これが「呼吸の通り道」。

「呼吸の通り道」の感覚が
実感できたら、
「うちまき姿勢」で
もっと深く楽に呼吸する
練習をしてみる。

人間が1日に行う呼吸の
回数は約3万回。
まずは、そのうちの
数回だけでも、じっくりと
自分の体と向き合って
深呼吸することを習慣に
してみる。

「うちまき姿勢」で
 深呼吸


姿勢準備
 両足を肩幅くらいに
 広げて立ち、両腕を胸の
 前でクロスさせ、
 自分の肩を抱きしめる
 ようなポーズをとる。
 そのまま腕をストンと
 おろした状態にする

@吸う
 頭は下向き
 肩はうちまきに
 ひじは自然に軽く曲げ
 手の甲を内側に
 ひざとつまさきは
 内股気味に


 頭を下げ、肩や足を
 内側に巻き込むように
 丸める。
 この状態をキープして、
 鼻から息をたくさん
 吸い込む。
 吸いきったらそのまま
 息を止める
A吐く
 肩を開く
 ひざとつまさきは
 外股気味に開く


 体を起こし、肩や足を
 外側に開く。
 この状態をキープして
 口から細く長く息を吐く

 ※このセットを3回
 繰り返す

〇「息を止めるクセ」
・靴下をはくとき
・落ちたものを拾うとき
・遠くのものを取るために
 手を伸ばすとき
・ドライヤーで髪を乾かすとき
・歯磨きをしているときなど

(文/柳沢ひろこ
 鍼灸マッサージ師・
 ヨガインストラクター
 森田愛子監修
 深呼吸のススメ
 森永サークル誌マミークラン
 森永乳業且s乳事業部)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする