2017年03月21日

寿命が延びたせいか、死や葬式が身近でなくなった

'17年3月21日(火)    
[墓地] ブログ村キーワード

東京の西方に、雑木林を
ふんだんに取り込んだ
広大な墓地がある。
親戚の一周忌の法要に
参列すると、
第一反抗期のはずの
3歳児も、おとなしく
していた。
子供心に厳粛さを
感じとったのか
◆管理所に、
ジョギングに関する掲示が
あった。
趣旨はこうである。
都立の公園墓地であり、
都民の負担で運営されて
いるから、禁止はできない。
墓参りする人の気持ちには、
配慮してもらいたい
◆敷地内には
車が通れる舗装道路もある。
そこでジョギングすれば
よいものを、
墓石の近くにまで
入り込んだ不心得者がいて、
苦情が出たらしい
◆僧籍を持つ日経BP社の
編集者、鵜飼秀徳さんの
近著『無葬社会』を読み、
墓を巡る世相が急速に
変わっていると知った。
大規模な納骨堂が次々と
建てられ、散骨も流行して
いる。
「〇〇家の墓」に入るのが
当たり前、という時代は、
過ぎ去ろうとしているの
だろう
◆先週の本紙文化面に
鵜飼さんの言葉が載って
いた。
<死を考える余裕がある
 ことこそ、本当に豊かな
 社会の証しではないか>。
今日(20日)は春分、
すなわち彼岸の中日である。
世を去った身近な人々を
思い出すのにふさわしい。
(編集手帳 讀賣新聞3/20)

葬式は人を片付ける儀式
である。
葬式の規模などをどう
するかは、故人の家族や
社会への関わり方にも
関係するだろう。
最近は、葬式の日時を
知らせる看板の
掲示箇所数を絞る傾向の
ため、
気付かずに不義理をして
しまうことがある。
葬式は故人の立場で
考えるものなのか、
遺族の立場で考えるもの
なのかも悩ましい。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

練習はぶっ倒れてから始まる、とジャイアント馬場

'17年3月20日(月)
[ジャイアント馬場] ブログ村キーワード

プロレスの練習は、
ぶっ倒れてから始まる
ものだと知った

ジャイアント馬場
「王道十六文」(1987年)



早朝。
切り妻造りの町屋が並ぶ
新潟県三条市を、
野菜や果物をいっぱいに
載せたリヤカーを引いて
小学生が歩いていた。
プロレスラー、ジャイ
アント馬場の少年時代
である。
実家は青果商で、
市内外で開かれる朝市に
毎朝、テントの店を
出していた。
時には片道10`以上の
市場まで、リヤカーを
自転車に付けて引っ張った。
雪道はソリで引いた。

小学5年生から、
高校を中退して巨人軍に
入団するまでの7年間、
毎日、登校前に
リヤカーを引いたという。
前三条市長の高橋一夫
さん(79)は、
「当時の子供はみんな、
 親の手伝いをしてから
 登校した」と話す。
馬場とは中学の同級生で、
席も近かった。
体は大きいが、優しく、
穏やかな人だったと
記憶している。

三条実業高校野球部の
エースだった馬場は、
1955年、巨人軍に入団。
主に二軍の投手として
活躍した。
練習ではひたすら
走らされたが、苦では
なかった。
「7年間、1日も休まず
 重いリヤカーを引いて
 きた」との自信があった。
その馬場でさえ
音を上げたのがプロレスだ。

けがで野球を断念し、
60年にプロレスに転向
した馬場を待っていたのは、
力道山道場での
「足の運動3000回」。
しゃがんでは立つ
スクワット(屈伸)だが、
倒れると水をかけられ
また倒れる繰り返し。
「プロレスの練習は、
 ぶっ倒れてから
 始まるものだと知った」。
それでも耐えたのは、
野球で成功できず
「この世界で
 男になれなけりゃ、
 もう死んでも
 郷里に帰れない」
と思ったからと自伝にある。

高橋さんは東京で2度、
馬場に会った。
最初は東京の大学に通って
いた時。
巨人の二軍にいた馬場が、
電車の中で網棚に肘を
置いて顔を隠していた。
話しかけても、ボソボソ
答えるだけだった。
次は三条に戻ってから、
昭和40年代中頃だった。
所用で上野駅に行くと
人だかりが出来ていた。
列車の中に馬場がいた。
サインに応じる堂々たる
姿に、
「自信がつくと、
 こうも人は変わるのか」
と驚いた。
リヤカーを引き、走り、
屈伸し、びたすら
脚力を鍛えた馬場は、
いつしか、
「世界の馬場」になって
いた。
(文・小梶勝男)
(名言巡礼 讀賣新聞3/19
 日曜版1面)


体力に恵まれた人には
練習は不要だと思っていた。
しかし、大きな体は、
元横綱曙のように、
下半身の鍛錬が人一倍
必要なことも納得できる。

馬場の言葉がある。

基本である1、2、3を
きちんと練習しないで、
いきなり4とか5を
やるな
(桑原晃弥 トップアスリート
 名語録 PHP文庫)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

春先の厄介者の「鼻水」との付き合い方

'17年3月19日(日)
[鼻水] ブログ村キーワード

大量の鼻水が喉に
流れて、不快な経験を
したことがないだろうか。

後鼻漏(こうびろう)といい、
過剰に分泌された鼻水が、
咽に落ちてくる病気だ。

中医学では、鼻水の色の
状態に合った漢方薬で、
分泌を減らし、対処して
いく。

放っておくと、頭痛や、
めまいなどの原因になる
こともあるだけに、
早めに対策していこう。

鼻水は、本来、前鼻孔から
垂れてくるのが普通だが、
大量に分泌されると、
喉の奥のほうに流れて
行くこともある。

このような症状を
後鼻漏というのだ。

食事をしているときや、
寝ているとき、あるいは、
話をしているときに、
よく起こる。

そもそも、鼻水は、
かぜによる鼻炎、花粉症
などのアレルギー性鼻炎に
よって分泌される。
このときは、水っぽい
鼻水だ。
ほかに、細菌やウイルスに
よって副鼻腔内に炎症が
起こると、黄色や緑、
褐色の鼻水になる。
まれに、真菌性の場合、
黒い鼻水が出ることも
ある。

鼻水は、飲酒や喫煙、過労、
睡眠不足などの生活習慣が
原因で、免疫力が低下する
ため、症状が悪化するのだ。

ストレスなどによる、
自律神経の失調で起こる
こともある。

朝、起床後に
鼻水やくしゃみ、痰が
出る人は、
自律神経失調症による
後鼻漏であることが、
多く見受けられる。

いずれにしても、
予防のためには、
免疫力を下げないように
すること。

まずは、飲酒や喫煙は控え、
睡眠を十分にとる。
水っぽい鼻水が出ている
ときは、からだが冷えて
いる。
努めて温める生活を。
そうして、疲れや
ストレスを
ためないようにする。

カレーやキムチ、ワサビ
などの香辛料をとり過ぎ
ないこと暴飲暴食を改める
ことも重要だ。

また、鼻まわりの
ツボ指圧もお勧めできる。

かぜやインフルエンザ
対策の基本ともいえるが、
鼻に細菌が侵入しない
ように、手をきれいに
洗うことも大切である。

それでも、改善されない
とき、現代医学では、
抗生物質やステロイド薬、
点鼻薬を使って対処する。

一方、中医学では、
症状や体質に合わせた
漢方薬で対応していく。
(略)
鼻炎は、不必要なものを
排泄する脾胃(ひい)
弱る脾胃気虚や、温める
力が弱る陽虚により、
免疫力が低下して起こる。

これは湿邪が原因だ。
体内の水分代謝が上手く
いかず、余分な水分が
蓄積した痰湿の状態である。

これまでは、湿邪がおかす
場所は肺だけという考え
だったが、(新しい概念)
五度弁証では、肺だけでなく、
肝、腎、脾、心にも及ぶ
というのだ。

例えば、仕事で疲れている、
かぜを引きやすい、
花粉症もあるということで
あれば、肺脾気虚、
冷え性だったり、冷たい
ものをたくさん食べる
習慣があれば、肺脾腎陽虚、
喉に逆流する鼻水が臭い、
口に苦みがある、黄色や
緑の鼻水が出ているときは、
肝胆湿熱と考えるのだ。

さらに、ストレスなどに
より精神状態が不安定で、
自律神経の失調を起こして
いるような場合は、
心の気虚が影響した
気滞瘀血(きたいおけつ)
分類する。

肺脾気虚が進むと、
鼻水がサラサラから
ドロドロ、ネバネバして
くることになる。
黄色や緑色などの鼻水に
なると、炎症による熱も
加わった湿熱の状態と
判断する。

漢方薬は、鼻汁の色に
合わせて使い分けていく。

個人の体質や症状に
よって、適した漢方薬は
違ってくる。
(略)
(日本中医薬研究会専任講師
 仝選甫(とんせんほ)
 古の知恵は健康への道しるべD
 月刊ことぶき'17/2寿出版梶j


〇後鼻漏を緩和するツボ
媚中、印堂、攅竹、鼻通、
迎香、四白、太陽、(風池)
(同記事イラスト)

〇後鼻漏に対処する漢方薬
■透明の鼻水
玉屏風散、蒼耳散加味、
川芎茶調散など
■黄色・緑色など、
 色のついた鼻水
玉屏風散、竜胆瀉肝湯、
温胆湯、参苓白朮散など
■ストレスが原因の
 トラブル
加味逍遥散、玉屏風散
川芎茶調散など
(同記事注記)

ツボはネットで絵を探して
ください。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

情報を守れば隠匿といい、守れなかったら漏洩という

'17年3月18日(土)    
[防衛省] ブログ村キーワード

秘匿の「匿」の字には、
「隠す」の意味がある。
三方を囲まれた箱形のうち、
L字の部分は物を入れる
所で、上部の「一」は
その蓋である。
部首の名前を
「かくしがまえ」
(隠し構え)という
◆歌人の竹山広さんに
部首の歌がある。
<下心、隠し構へと いふ 
 部首の あるを君らは
 知るか 知るまい>。
防衛省の人たちが部首の
「かくしがまえ」をご存じか
どうかは知らないが、
「匿」はなじみの一字で
あるらしい
◆破棄したと言いながら、
じつはこっそり保管していた。
その事実を隠すよう
指示したのは統合幕僚監部の
幹部だという
◆南スーダン国連平和維持
活動(PKO)に派遣された
部隊の日報である。
職務柄、明かすことの
できない防衛や外交に関する
機密情報など、いわば
“正当な”隠し事をする
場合も多々あるだろう。
であればなおさら、表に
出せる情報の出し惜しみで
国民の不信を招いては
ならない
◆竹山さんの歌にある部首
「下心」には、
例えば恐怖の「恐」や
恣意的の「恣」
(=ほしいままにする)が
ある。
国民の生命と財産を守る
組織である。
ほしいいままに隠し事を
されるくらい恐ろしい
ことはない。
(編集手帳 讀賣新聞3/17)

防衛省は情報を守る組織でも
ある。
隠し事をしても、
サイバー攻撃などで情報を
流出させてはいけない。

日報や日誌は
「特になし」とは書き
にくい。
ただし、些細なことが
見た者にヒントを与え
兼ねない。
この辺で収めてもいい
問題である。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

GPSがなければ生態観測に自信が持てない現代人

'17年3月17日(木)
[GPS] ブログ村キーワード

<星送り>という美しい
言葉があるらしい。
放送局ではその昔、
衛星中継のことを内輪で
そう呼んだと、国語学者の
見坊豪紀(ひでとし)さんが
『ことばのくずかご』
(筑摩書房)に書き留めて
いる
◆その言い方にならえば
<星案内>とでもなろう。
人工衛星の発信する電波で
現在地を言い当てる仕組み、
全地球測位システム
(GPS)は車のカーナビ
ゲーションなどでおなじみ
である
◆漢字の「星」がカタカナに
なると、意味が変わる。
GPSは、捜査機関が
“ホシ”に迫る上でも
有能な案内役にちがいない。
むずかしいのは、
捜査対象にされた人の
プライバシーとの
兼ね合いである
◆GPSを用いた捜査に
最高裁が初の判断を示し、
令状なしの場合は
「違法」と認定した。
捜査対象者の人権を侵す
ことなく、犯罪者を
喜ばせることなく、
事件解決にGPSをどう
役立てるか。
司法の発した宿題である
◆現在の刑事訴訟法には
GPS捜査にまつわる
明確な規定がない。
昔と今で捜査の手法は
様変わりした。
最高裁の判決は法の整備を
促している。頃合い
だろう。<星移り>
(=歳月が流れ)という、
これまた美しい言葉も
ある。
(編集手帳 讀賣新聞3/16)

家内は方角に自信が
なくても、カーナビを
つけようとしない。
亭主を助手席に座らせて
亭主がパソコンから
印刷した無料の地図を
持たせる。

スマホが必須アイテムの
若い人たちは、わずかな
手掛かりで、目的地に
たどり着く。

野生動物の保護に当たる
人たちは、捕らえた
動物に発信機をつけて
放す。

人に発信機をつけるのを、
プライバシーを主張して
反対する人がいる。

大勢の人を保護するために
極限られた少数の人に
つけるだけなのに・・・・。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする