2017年03月31日

日本人の心は病んでいる、と中国王毅外相

'17年3月31日(金)
[中国] ブログ村キーワード

一党独裁体制というのは
自国世論の誘導にたけて
いる反面、他国の世論には
鈍感なものらしい。

「日本は中国の発展を
 理性的に受け止め、
 『心の病』を
 治すことが必要だ」。
中国の全国人民代表大会
(全人代)に合わせて
開いた記者会見で、
王毅外相は刺激的な
表現を用いた。
いわゆる「中国脅威論」を
念頭に、日中関係の
改善には日本人が中国への
「嫉妬」「焦り」を捨てよ
と王氏は説くのだが、
的外れというほかない。

大多数の日本人は、
中国社会が発展し
中国人が豊かになることを
望んでいないのではない。
中国の現政権による
不透明な軍拡や他国への
経済圧力、自国民への
言論統制などによって
負のイメージが拡大し、
その国の方向性に疑問を
感じているのだ。

「公共外交」とは
相手国の政府だけでなく
国民や世論に働きかける
活動をいうが、
中国当局の公共外交は
多くの局面で失敗して
いる。
中国の対外的な発言力や
ソフトパワーに悪影響を
及ぼしているのは政府自身の
振る舞いだ。

今年の全人代では
国防費などの予算項目が
メディアに公表されず、
李克強首相の記者会見では
本紙記者の出席が拒否
された。
工場の操業を停止して
つくり出された青空とは
裏腹に、不透明感が
一段と増した政治イベント
だった。(西見由章)
(外信コラム 北京春秋
 産経新聞3/30 8(国際)面)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

卑劣な犯行を可能にする社会に責任の一端があるのでは

'17年3月30日(木)    
[女児] ブログ村キーワード

女児殺人事件

新聞のコラムから

小学3年の女の子マキシは、
まだおむつのとれない弟と、
大学生のお兄ちゃんの
3人きょうだいである。
ある日、パパとママに
家を空ける用事ができて、
マキシと弟は、
1人暮らしをしている
お兄ちゃんのアパートで
過ごすことになった。

▼ドイツの児童文学作家、
グードルン・メプスさんは、
『世界一の三人きょうだい』
(徳間書店)で、
3人の1週間の暮らしを
ユーモアたっぷりに描いて
いる。
マキシは弟のトイレの世話を
したり、
お兄ちゃんといっしょに
大学で講義を受けたりと、
大忙しである。

▼千葉県松戸市に住む
小学3年でベトナム国籍の
レェ・ティ・ニャット・
リンさん(9)も、
弟思いのお姉さんだった
ようだ。
自宅近くで、4歳の弟を
自転車に乗せて歩く姿が
目撃されている。
学校では人気者で、
近所の人たちにも
かわいがられていた。
修了式の24日朝、
登校中に行方が
わからなくなり、
自宅から12`離れた
草むらで遺体となって
見つかった。

▼「9歳の壁」という
言葉がある。
子供の成長過程における、
大きな変わり目を意味
している。
学習内容は、
低学年に比べて思考力が
必要になってくる。
親の干渉から離れて、
友達との関わりも強まる。
青年期の入り口と
みなしてもいい。

▼とはいえ、
まだまだ大人の庇護が
必要である。
『世界一の
 三人きょうだい』で、
さまざまな冒険を
繰り広げたマキシと弟も、
常に両親や兄、兄の知人の
目の届く場所にとどまって
いる。

▼リンさんの自宅から
小学校までは、
住宅街を抜けるわずか
500bの通学路である。
中間地点では、
地域住民が見守り活動を
していた。
それでも卑劣な犯罪者は、
子供が1人になる
わずかな時間を見逃さない。
日本はそんな危険な国に
なり果ててしまったのか。
(産経抄 産経新聞3/28)

事件の報道

26日午前6時45分ごろ、
千葉県我孫子市北新田の
排水路脇の草むらで、
衣服を身に着けていない
状態の女児が倒れている
のを魚釣りに来た男性
会社員(49)が発見し、
県警我孫子署に通報した。
駆けつけた警察官が
その場で死亡を確認。
遺体や現場の状況から、
県警は殺人・死体遺棄事件
として捜査本部を設置した。

遺体で見つかったのは、
ベトナム国籍で同県松戸市
六実の小学3年、レェ・ティ・
ニャット・リンさん(9)。
捜査本部によると、
リンさんは橋の下の土手に
体の左側を下にして
倒れていた。
目立った外傷はなく、
現場で争ったような
痕跡もなかった。
衣服や靴は身につけて
おらず、持ち物なども
見つかっていない。

リンさんは24日午前8時
ごろ、通学している
小学校の修了式に出席
するために
徒歩で自宅を出発した。

しかし、リンさんが登校
しなかったため、
不審に思った学校から
連絡を受けた父親が県警に
捜索願を提出していた。

リンさんは24日に自宅を
出た際、赤いランドセルを
背負っていて、黄色の
学童帽子をかぶっていた。

捜査関係者によると、
リンさんと似た女児が
24日夕、自宅から
約3`離れた松戸市内の
公園そばで複数の人物と
いる様子が目撃されて
いるといい、捜査本部が
関連を調べている。

遺体発見現場は
利根川のすぐ近くで、
JR取手駅から南西に
約2`の畑などが
広がる地帯。
(同紙3/27 1面)

人を殺(あや)めることを
ためらわない人間を育て、
放置していた国や家庭・
学校を含む社会の
取り組みに責任や問題が
ある。

道徳は恥も一緒に教える
必要があると思う。
社会の健全化は国と社会の
責任である。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

血行を改善し、自然治癒力を高める血管力という力

'17年3月29日(水)
[血管] ブログ村キーワード

血管力とは、
今注目されている
キーワードで、
TVや雑誌、書籍などで
頻繁に取り上げられている。
人の身体は大小様々な
血管が網の目にように
張り巡らされている。
よく知られた動脈や静脈
の他、5ミクロンから
10ミクロンの毛細血管が
全身を巡り、
全部つなげて伸ばすと
その総延長は成人でなんと
10万㌖(約、地球2周半)
にもなる。
人の身体は、骨や筋肉、
内臓、血液だけでなく、
膨大な血管の集合体とも
言える。

血液がドロドロの状態
だったり、通り道の血管が
切れたり詰まることで、
必要な養分や酸素が
全身を巡らなくなる。
そうなる前に
適切な食事や適度の運動で、
普段から健康な血液と
しなやかな血管を維持する
ことが大切なことなのだ。
重篤な病気になってから
治療を行うのでは、
なかなか元の状態には
戻らない。
深刻な状態になる前に
対処することが肝心なのだ。
しかしながら複雑な
現代社会では、なかなか
思うような生活ができない。

近年、化学的な手法の
西洋医学と東洋医学が出会い、
漢方や生薬に関して
様々な研究が多くの国で
なされた。
中国の血流に関する研究
では、周恩来の指示の下、
国策として生薬の研究が
進んだ。
そして科学的な手法で、
いくつかの優れた成分が
特定され製品化された。
その主成分が
『丹参(たんじん)』
なのだ。

〇血流の悪化が疑われる
症状
手足がしびれる、
頭痛がする、肩がこる、
なかなか疲れがとれない、
以前より息切れがする、
睡眠が浅い、肌が荒れる、
身体がだるい、
やる気がしない・・・など

〇丹参
日本では自生していない。
根を使った薬品は安価では
ない。
根以外の部分を使った
サプリメントは数社から
販売されている。

以上、薬局でもらった
資料だが、誰が書いたもの
だかわからない。
販売店向け資料としてある。

今、黒にんにくを
半年ほど前から食べて
いる。
この間、La-VIEの
シットアップベンチを
買って、衰えた腹筋を
元に戻そうとしている。
そして、数日前から
『丹参源』(カプセル)の
試飲を始めた。
いずれも、血行改善を
目的に始めたものだが、
この人体実験の報告を
満足のいく結果で公表
したい。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

稀勢の里 君が何とかせにゃいかん、と頼られて

'17年3月28日(火)
[稀勢の里] ブログ村キーワード

大相撲春場所は26日、
大阪府立体育会館
(エディオンアリーナ
 大阪)で千秋楽を迎え、
負傷を押して強行出場した
新横綱の稀勢の里(30)
(本名・萩原寛、茨城県
 牛久市出身、田子ノ浦
 部屋)が1敗で
単独首位の大関照ノ富士に
本割と優勝決定戦で連勝し、
逆転優勝を飾った。
本割で照ノ富士を
突き落として13勝2敗で
並ぶと、決定戦は
小手投げで大関を退け、
初場所に続いて
2場所連続で賜杯を抱いた。
稀勢の里は初黒星を喫した
13日目の日馬富士戦で
左肩から腕付近を痛め、
テーピングをして出場
していた。
新横綱の賜杯獲得は、
稀勢の里の先代師匠だった
隆の里(元鳴戸親方)ら
史上8人目で、1995年
初場所の貴乃花以来
22年ぶり。
(讀賣新聞3/27 1面)

産経新聞1面コラム

元横綱武蔵丸の大関時代の
エピソードである。
本場所中に40度以上の
熱が出た。
幕内土俵入りを終えて
支度部屋に帰ったところで
力尽きる。
なんとか体を温めようと
風呂につかってから、
土俵に上がった

▼それから先の記憶が
まったくないという。
病院にいく車の中で気を
失ったらしい。
もっとも次の朝部屋で
目を覚ますと、普段通りの
稽古をやった。
「俺としては、それが
 普通だと思っていたよ」。
ノンフィクション作家の
武田葉月さんの
インタビューに答えている
(『横綱』講談社文庫)

▼大関が簡単に休場する
わけにはいかない。
まして角界の頂点にいる
横綱には、本場所興行を
成功に導く責務がある

春場所13日目の
日馬富士戦で、稀勢の里が
受けた左肩周辺の
ダメージはかなり大きそう
だった。
何より左腕は稀勢の里の
最大の武器である。
それでも新横綱は、土俵に
上がり続ける道を選んだ

▼昨日(26日)の千秋楽では、
照ノ富士の圧倒的有利との
下馬評を覆し、本割、
優勝決定戦ともに勝って、
まさかの逆転優勝である。
白鵬不在の場所で、
最後まで主役を演じ続けた

のは、やはり稀勢の里だった。
新横綱の優勝は、貴乃花
以来の22年ぶりの快挙
である

▼稀勢の里の雄姿から、
だれもが思い浮かべたのが、
その貴乃花の「鬼の形相」
だろう。
右ひざのけがを抱えながら、
平成13年夏場所で
優勝決定戦を制した。
「痛みに耐えて
 よくがんばった。
 感動した」。
表彰式で当時の小泉純一郎
首相がたたえたものだ。
敗れた武蔵丸にとっても、
忘れられない大一番である

▼ただ、貴乃花は
翌場所から7場所連続全休
となり、15年1月に引退を
余儀なくされる。
稀勢の里はここからは、
貴乃花とは別の力士人生を
歩むよう祈らずにはいられ
ない。
(産経抄 産経新聞3/27)

タイトルの川柳は、
白鵬、朝青龍、日馬富士の
モンゴル勢だけが目立った頃、
よみうり時事川柳に載った
一句
だそうである。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

親の小言のように響く山本一力氏の人生相談の回答

'17年3月27日(月)    
[人生相談] ブログ村キーワード

人生相談の回答である。

相談された者が
途方に暮れてしまう。
あなたがどうしたいのか
伝わってこないからだ。
おれがおやじなら
こう言うぞと、
責務と心得て苦言を書く。
30代は
40代、50代への短い
助走路だ。
生きている限り歳は
確実に重なってゆく。
しかも速度を増して、だ。
30代なら
1日でできたことが
40代では1日半、
50代だと2日かかることも
多々ある。
加齢が時間消費量を
増やすのは、生き物の
摂理だろう。

身体でわかっていた
先達たちは、わが20代に
口うるさく言ってくれた。
早く身を固めろ。
子供を授かって初めて
一人前だ。
「ひとり口は食えないが、
 ふたり口なら食える」
とも。
貧しかろうが、ふたり
合わせばやりくりできる、
の意だ。

離婚が日常性を持った
当節では、一概には
言い切れない。
が、正鵠(せいこく)
射ている側面は間違いなく
あるだろう。

今は1人でできていること
の幾つを、10年後にも
できるのか。
残る生涯をひとり暮らしで
やり通せるのか。
仕事も続けていけるのか。

考えるべきことは
山積しているはずだ。
今日はそれらから目を
そらせていても、
問題は必ず追ってくる。
追いつかれたとき、
歳を重ねている分、
体力も気力もいまより
格段に衰退している。
迎える明日を味方に
つけるには、今日を
見詰めて自分で答案を
書くことが肝要だ。

わたしは離婚するなとは
言ってない。
気に染まない相手と暮らす
ぐらいなら、1人がいいと
断ずる者も、もはや少数派
ではないらしい。

しかし決めた責任は当人に
ある。
四重の五重のと、
重箱みたいに歳だけ重ねた
揚げ句、後悔しても
間に合わない。
脚色なしの現実を、
真正面から見詰める
ように助言する。
途方に暮れていられる
時間は、もう長く残っては
いない。
(産経ニュース3/26 01:00)

人生は、何があっても
自己責任だと思う。

参考
山本一力 
 作家。69歳。
 平成9年、『蒼龍』で
 オール読物新人賞を
 受賞しデビュー。
 14年、『あかね空』で
 直木賞受賞。
 近著に『カズサビーチ』
 (新潮社)
 『サンライズ・サンセット』
 (双葉社)など。
 (記事文末回答者紹介欄)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする