2017年02月02日

恋人のレンタル、カネ次第になった中国の親孝行

'17年2月2日(木)
[春節] ブログ村キーワード

「私をあなたの実家に
 連れて帰ってください」。
春節(旧正月)の連休に
中国で話題になった
「恋人レンタル」の
サイトにある若い女性の
宣伝文句だ。

地方に暮らす両親から、
「次の春節には必ず
 結婚相手といっしょに
 帰省しなさい」と
命じられた都会暮らしの
男性が、にわか仕立ての
“恋人”に実家で
演技をしてもらうサービス
だ。

2日まで7連休中の
“レンタル料”は2日間で
2千〜3千元
(約3万3千〜5万円)が
相場という。
もちろん地方への旅費や
食費は別。サイトには
笑顔の写真付きで何十人
もの女性プロフィルが
現れてくる。

異性との付き合いが苦手な
男性でも
親孝行は欠かせないお国柄。
うるさく言われない
ためにも、貯金をはたいて
芝居を打つのだ。

一方、臨時収入を目当てに
自分を貸し出す女性たち。
旅行や春節のごちそうも
楽しめ、相手の両親が住む
実家なら、危険な目にも
遭わないと計算ずく。
さらに、演技力で相手の
親類やご近所さんにも
気に入ってもらえれば、
追加のお小遣いを両親から
もらえる場合もある。

両親にとっては、
女性の言動からニセモノだ
とうすうす気づいても、
大事な息子に地元で春節に
メンツを立ててもらった
ことはうれしいらしい。
この国では
春節の家族だんらんすら
カネ次第になった。(河崎真澄)
(外信コラム 上海余話
 いまどきの親孝行
 産経新聞2/1 7(国際)面)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする