2015年11月30日

個人を育てることから始めたエディー前HCのチーム作り

'15年11月30日(月) 
[ラグビー] ブログ村キーワード

ラグビー日本代表の
前ヘッドコーチ(HC)の
エディー・ジョーンズ氏
(55)が来年1月1日付で、
米金融大手ゴールドマン・
サックスの日本法人の
経営陣らに助言する
「アドバイザリーボード」の
メンバーに就任する。
ワールドカップ(W杯)
イングランド大会で、
日本代表を過去最高の
3勝に導いた組織運営力
などが見込まれた。

――ラグビー日本代表は
個人と組織力の両方を向上
させ、快挙を成し遂げた。

「個人の能力の集合が、
 チームの能力となる。
 チームを作るときは、
 最初に個の力を伸ばす
 ことに取り組む。
 それはビジネスにも
 共通している。
 採用した人の得意分野を
 把握し、強みを伸ばし、
 弱みを改善する必要が
 ある。その人が力を
 発揮すれば、会社の
 業績の向上につながる」

――日本代表HCに就任し、
選手の心構えや考え方を
変えた。

「チームが最大限の成果を
 引き出すには、
 個人の考え方を変えな
 ければならない。
 心構えを変えるためには、
 毎日どうやったら
 改善できるか考える
 ことだ。仕事をするため
 だけに働いていては、
 会社を良くすることは
 できない。ラグビー
 チームも同じだ」

――全員の心構えを変える
のは難しいか。

「確かに難しいが、
 挑戦しがいがある。
 人は特別な組織に対して、
 たくさんのことを提供
 しようとする。
 iPhone(アイフォーン)を
 生み出した米アップルは
 革新的な会社で、社員は
 『この会社のために
  もっと貢献したい』と
 思うだろう。
 『自分たちは特別だ』と
 いう意識を持たせることが
 大切だ」

――人気となっている
五郎丸歩選手の長所は。

「五郎丸は精神的に
 とても強い。
 彼が強いのは、準備を
 するからだ。
 プレッシャーがかかる
 ゴールキックのため、
 細心の注意を払って
 準備をしている。
 スポーツもビジネスも
 同じだが、準備さえ
 きちんとすれば、
 うまくいく」

――尊敬する経営者は。

「米ゼネラル・エレクトリック
 (GE)元会長のジャック・
 ウェルチ氏だ。
 社員が何をすべきか、
 常にわかりやすい
 メッセージを発信し、
 社員もそれを信じた」

――日本人は積極性に
欠けるといわれる。

「元々の気質が積極的では
 ないということだ。
 正しい環境を整えれば、
 日本人は積極的になれる。
 我々はそれをW杯で見た」

――日本の教育は画一的か。

「指導者に従順すぎる。
 軍隊では良いことだが、
 従順すぎることは
 創造性の欠如につながる。
 従順であることと、
 自由な発想を持つことの
 バランスが大事。
 組織は、それぞれが
 自由な意思決定ができる
 状況を生み出すことが
 大切だ」
(ラグビー日本代表前HC
 エディー・ジョーンズ氏
 組織作り 個の育成から
 讀賣新聞11/30 6(経済)面)


実は、組織を作ることは
具体的には、個を積み重ねる
ことである。

個がしっかりしていな
ければ、高く、強くは
積み上げることができない。

個の育成は忘れられている
ことが多い。

参考
 Eddie Jones
  豪州出身。
  豪州HCとして2003年
  W杯で準優勝、
  アドバイザーとして
  南アフリカ代表の07年
  W杯優勝にも貢献。
  日本では東海大コーチ、
  サントリー監督などを経て、
  12年日本代表HCに。
  今年のW杯で日本は
  南アに歴史的な勝利を
  収めるなど3勝を挙げた。
  12月からイングランド
  代表監督に就く。
  母と妻が日本人。
  (同記事注記)

アドバイザリーボード
  2001年に設立。
  定期的に会議を開き、
  経営陣らに助言や提言を
  行っている。
  現在のメンバーは、
  三井住友銀行の国部毅
  頭取や日本電産の
  永守重信会長兼社長ら
  9人。ゴールドマンの
  持田昌典社長は
  「ジョーンズ氏の
   人材育成力には
   学ぶところが多く、
   当社の事業経営や
   人材育成に貴重な
   助言を頂ける」と
  コメントしている。
  (同記事注記)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

人生は紙飛行機、NHK朝ドラ「あさが来た」の主題歌

'15年11月29日(日)
[朝ドラ] ブログ村キーワード

次は、NHK朝ドラ
「あさが来た」の作詞を
手がけた秋元康氏が
紹介するエピソードである。
元気をなくしている方は
文末の歌詞を音読して
みてください。


NHKの朝の連続テレビ小説
「あさが来た」の視聴率が
うなぎ登りである。

大阪を拠点に、銀行や
生命保険会社、日本初の
女子大の創設に尽力した
実業家・広岡浅子をモデルに
した物語で、激動の時代を
明るく元気に駆け抜けた
ヒロインと、彼女を支え
続けたぼんぼんの夫、
その周りの人々のやり取りが
面白い。
前向きに生きるヒロインの
姿に、
「今日も一日頑張ろう」と
思えるところが多くの人に
支持されているのだろう。

その主題歌
「365日の紙飛行機」を、
AKB48が歌っている。
主題歌のお話をいただいて
ドラマの企画を聞いた時に、
「いい企画だな」と
直観的に思った。
あの時代に、こんなに素直に
自分の夢に邁進した女性が
いたことに驚いた。
おそらく、いくつもの
障害が立ち塞がることも
想像できる。
しかし、持ち前の明るさと
不屈の精神で乗り越えて
行く姿は多くの人に共感
されるだろうと思った。

「なぜ゙、AKB48を選んで
 いただいたんですか?」と
番組のプロデューサーに
お聞きしたら、
「AKB48のメンバーも
 数々の試練を乗り越え、
 自分たちの夢に向かって
 頑張っている姿が、
 このドラマのヒロインと
 重なるんですよね」と
言っていただいた。
何曲も曲を用意し、
打ち合わせを重ねるうちに、
大切なことに気づいた。
夢に向かって頑張っている
人は悲壮感がないという
ことだ。
苦労を苦労と思わない。
むしろ、この坂を登れば、
夢に一歩近づくと思うのだ。

秋葉原の小さな劇場で
公演していたAKB48が
ようやく売れ始めた頃、
僕も多くの人たちに
言われた。
「よく何年も頑張り
 ましたね」。
その時、僕は違和感を
覚えた。
そうか、AKB48が小さな
劇場で公演している頃、
世間では僕たちが苦労して
いると思っていたのか。
確かに、僕たちは
もがいていたかもしれない。
しかし、それはそれで
楽しかったんだ。
いつか、東京ドームで
コンサートを開いたり、
NHK紅白歌合戦に出演
したり、レコード大賞に
ノミネートされる日を
夢見ていたから・・・・・・。
悲壮感はなかった。

「あさが来た」が支持される
のは、夢を見ることは
素晴らしいと思えることだ。
毎日が楽しいと思えることだ。

365日の紙飛行機

朝の空を見上げて
今日という一日が
笑顔でいられるように
そっとお願いした

時には雨も降って
涙も溢れるけど
思い通りにならない日は
明日 頑張ろう

ずっと見ている夢は
私がもう一人いて
やりたいこと好きなように
自由にできる夢

人生は紙飛行機
願い乗せて飛んで行くよ
風の中を力の限り
ただ進むだけ
その距離を競うより
どう飛んだか
どこを飛んだのか
それが一番 大切なんだ
さあ 心のままに 365日

星はいくつ見えるか
何も見えない夜か
元気が出ない

そんな時は 誰かと話そう

人は思うよりも
一人ぼっちじゃないんだ
すぐそばのやさしさに
気づかずにいるだけ

人生は紙飛行機
愛を乗せて飛んでいるよ
自信持って広げる羽根を
みんなが見上げる
折り方を知らなくても

いつのまにか
飛ばせるようになる
それが希望 推進力だ
ああ 楽しくやろう365日
飛んで行け!
飛んでみよう!
飛んで行け!
飛んでみよう!
飛んで行け!
飛んでみよう!
(作詞家、AKB48総合
 プロデューサー秋元康の
 1分後の昔話
 讀賣新聞11/29 日曜版5面)


参考
365日の紙飛行機/山本彩)
 
あさが来た(NHK ONLINE)
 

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

自分の不便を我慢することが社会への思いやりになる

'15年11月28日(土)
[運転免許] ブログ村キーワード

忘年会を兼ねた元職場の
飲み会が続いている。
その集まりで、
75歳位での運転免許
返納の話題が出た。

もっとも、認知症が出ると
道を忘れてしまって
車を運転することの意味が
なくなる。

新聞に「高齢者の皆様」と
呼びかける意見が載って
いた。

マイカーを運転中に
意識不明に陥り、気が付くと
家屋に突っ込んでいました。
幸い人身事故には
なりませんでしたが、
家屋の門扉も車も大破し
ました。

6年前のことです。
それまで免許取得から
50年間、これといった
事故もなく、運転に
自信がありましたが、
異常を感じて病院へ行くと
間質性肺炎と診断されて
即入院しました。
健康な体を誇って
いただけにショックを
受けましたが、運転は
危険と悟り、車生活を
断念することを決断し
ました。その不便さに
悩みましたが、
事故に対する自責の念と
反省から、決して運転は
しないと誓い、
移動手段はもっぱら
自転車です。
行動範囲は限られますが、
事故の恐ろしさを思い出し、
苦にはなりません。
「己の不便は他人への
 思いやりでは」と
思うようになりました。
高齢者の皆様。
他人を守り自分や家族を
守ることを第一に、
文明の利器を捨てる勇気を
持ってください。
(滋賀県野洲市 福岡賢一さん
 76歳 毎日新聞11/27 
 10(オピニオン)面)


これまで、高齢者の運転は
危険という認識はあった。
しかし、
「己の不便は他人への
 思いやり」という
「悟り」にまでは到達
できてはいなかった。

真夏のクーラーのかけ過ぎも
「己の不便」だけを考えた
行為である。
折しも、COP21がパリで
開かれようとしている。
各国が「己の不便」を
我慢すれば、
地球温暖化にブレーキが
掛かると思うのだが・・・・・。

自動車から自転車へだが、
昨今、自転車運転のル−ルが
当然のことながら、
やかましくなっている。
自転車とて、甘くみては
いけない。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

冬、厄介な「渇き目(ドライアイ)」になる人が増える

'15年11月27日(金) 
[ドライアイ] ブログ村キーワード

眼科でドライアイを指摘され、
しばらく中断していた目薬
(角結膜上皮障害治療用
 点眼薬)を処方された。

湿度が下がり、ドライに
なりやすいに違いない。
深刻さは「傷がある」という
表現で伝えられた。

日刊ゲンダイの解説がある。

働く男女の約6割が自覚する
冬の「渇き目」


近頃、めっきり気温が下がって
体調を崩す人も多く見かける。
さらに、外は空気の乾燥、
オフィスもエアコンで
目の乾燥がとても気になる
季節だ。

そんな中、トレンド総研が、
働く男女の「渇き目」に
関する意識・実態調査
(20〜40代の会社員男女
 500人)を実施、
冬の「渇き目」に注意を
促している。

会社員男女の約6割が
「冬は目が乾きやすい」と
回答し、
「目の渇きが気になって、
 仕事に集中できなかった
 ことがある」人は63%に
のぼり、
「イライラしたことがある」
人も59%に達した。
「渇き目」は仕事に悪影響を
及ぼしたり、ストレスに
つながる要因と言えそうだ。

また、「渇き目」の対策と
して最も多かったのは
「目薬をさす」(64%)で、
2位の「目の体操をする」
(27%)や、3位の
「目をマッサージする」
(24%)などを
大きく上回る結果となり、
「目薬は、渇き目対策の
 必需品」と思っている人が
81%にのぼった。

デジタル機器を長時間使用
する人や、コンタクトレンズ
ユーザーなど渇き目に
なりやすい人は、睡眠時間を
増やす等の生活習慣を
見直し、目が乾く前の
予防意識を持つことが重要
であり、適切な目薬を適度に
使用することが大切だ。
(日刊ゲンダイ11/26 4面)

ドライアイってどんな病気?

ドライアイは、目を守るのに
欠かせない涙の量が
不足したり、涙の質の
バランスが崩れることに
よって涙が均等に行き
わたらなくなり、
目の表面に傷が生じる病気
です。いわばドライアイは
涙の病気といえます。
高齢化、エアコンの使用、
パソコンや
スマートフォンの使用、
コンタクトレンズ 装用者の
増加に伴い、
ドライアイ患者さんも
増えており、その数は
2,200万人ともいわれて
います。(参天製薬)

参考
ドライアイ(参天製薬)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

ベトナム戦争の恐ろしさを思い出させるIS掃討作戦

'15年11月26日(木)
[IS] ブログ村キーワード

IS掃討作戦
出口なしの地獄絵になる
(日刊ゲンダイ)

「必ず敵を打倒する」
こう宣言してIS(イスラム国)
掃討作戦に乗りだした
フランスは、
地中海に原子力空母
「シャルル・ドゴール」を
派遣、そこから連日の
空爆を繰り返している。
ISが首都と位置付ける
シリア北部のラッカ、
イラク北部の拠点モスル、
さらにはバグダット近くの
ラマディも攻撃対象に加えて
いるが、軍事作戦の
先行きは不安だらけだ。
IS支配地域への空爆は
米が先行、フランス、
トルコが続き、ロシアも
参戦し、ようやく
「成果が見えてきた」
(軍事ジャーナリスト・
 世良光弘氏)
が、
問題はこの先だ。

「空爆は言ってみれば、
 IS兵士をタコつぼに
 押し込め、移動できなく
 させるものです。
 物資の移動もできない
 ので、兵糧攻めになる。
 米国だけの散発空爆では
 意味がなかったけれども、
 各国が連携することで、
 成果は挙がるとみて
 います。しかし、
 最終的には地上軍を
 派遣し、ISが支配している
 ラッカやモスルを解放
 しなければ、勝利には
 ならない。
 これが極めて難しいのです。
 ラッカは人口40万人。
 イラクのフセイン大統領が
 人の盾にしたように、
 ISは彼らを人質にして
 戦うことになるでしょう。
 大統領宮殿などがない
 ラッカでは、一軒一軒、
 ISのアジトを潰して、
 全面降伏させるしかない。
 そこに住民が必ずいる。
 イラクのファルージャの
 惨劇の繰り返しになる
 かもしれません」
 (世良光弘氏)

ファルージャの惨劇とは
攻め入った米軍が
「動くものはすべて撃て」と
命令され、死体にも何発も
銃弾を撃ち込むなど、
恐怖のあまり住民を大量
殺戮した悲劇だ。NGO
「人権・民主主義研究
 センター」などの
報告によると、粗末な
病院も総攻撃され、
女性や子供、老人も犠牲に
なり、米軍の戦車が
負傷者たちをひき殺した
という記述も出てくる。
当時、イラク暫定政府は
死者2085人と発表した。

現在、クルド人の地上部隊が
ラッカに数十`の地点に
迫っているが、地上軍が
突入したところで、
地獄絵の長期化は避けられ
ないことになる。

加えて、きのうは
トルコ軍がロシア軍の
戦闘爆撃機スホイ24を
撃墜した。
領空侵犯を理由にしたが、
プーチン大統領は否定。
この撃墜は両国関係に
「重大な影響を及ぼす
 だろう」と憤った。

フランスのオランド大統領は
24日のオバマ大統領との
会談後、26日にプーチン
大統領と会談。
アサド政権への対応を巡って
対立する米ロを仲介し、
対IS包囲網を築こうと
していたが、反アサドの
トルコとの緊張が高まった
ことで、それどころでは
なくなってきた。

IS掃討後の着地点すら
見えずに空爆を
繰り返してもラチが明か
ない。
この戦争は悲劇的結末
しか見えない。
(日刊ゲンダイ11/26 3面)

ベトナム戦争で米国が
悩まされたのは、相手が
不意を突いて襲ってくる
ゲリラ作戦であった。

参考
 ベトナム戦争
  「世界最強の国」を自負する
  アメリカが、初めて負けた
  戦争。
  1960年代初頭から1975年

  4月30日まで、南ベトナムと
  北ベトナムとの武力衝突を
  背景に、北を支持した
  ソ連・中国、南を支持した
  アメリカなど複数の国の
  利権(軍産複合体)や
  政治的策略を色濃く反映
  した。(Hatena Keyword)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする