2015年10月31日

瀋陽生まれ、新津春子さんは世界一清潔な羽田空港清掃員

'15年10月31日(土)
[掃除] ブログ村キーワード

NHK
「プロフェッショナル
 仕事の流儀」の放送で
2度ほど観たことのある
新津春子さん。
中国なまりが彼女の
これまでの生きる苦労を
しのばせる。
彼女の出自では、中国でも、
日本でも掃除の仕事しか
なかったという。
しかし、掃除の奥深さが
研究熱心な彼女の性に
合っていた。

新津さんは語る。


そもそも私が掃除の仕事に
就いたのは17歳のとき
です。
中国残留孤児の二世として
来日し、両親もすぐには
定職に就けず、
家計を助けるために
アルバイトを始めたのが
きっかけです。
学校が始まる前とあと、
毎日数時間、ビル清掃の
アルバイトをしていました。
その頃は、少しでも早く
終わらせたくて、
今思うとずいぶん雑な
仕事をしていたと思います。

高校を卒業して
メーカーに就職したあと、
専門的な知識を身につけ
たくて、掃除の専門学校に
入学しました。この学校で
講師をしていたのが
鈴木優さん
(元日本空港テクノ常務
 取締役)だったのです。
鈴木さんからもっと学び
たくて、就職は
鈴木さんがいる日本空港
テクノに入社させて
いただきました。

日本空港テクノは
羽田空港の清掃
請け負っている会社です。
毎日ほぼ固定した人が
利用するオフィスビルと
違って、空港は365日
24時間、いろいろな国籍、
性別、年齢の人たちが
一過性で通りすぎていきます。
そのためどんな汚れ方を
するのか予測がつきません

未知の汚れや課題に挑戦
する毎日は、負けず嫌いの
私をおおいに刺激してくれ
ました。

入社して4年目のある日、
私は鈴木さんから
「全国ビルクリーニング
 技能競技会に出場して
 みないか」と打診を受け
ました。
全国大会の1位をめざして
鈴木さんの特訓が始まりま
した。ところが東京地区の
予選で、私はねらっていた
1位ではなく2位になって
しまったのです。敗因
優しい気持ちで
 心をこめていないから
だ」
と鈴木さんから言われ
ました。

鈴木さんの考え方が徐々に
理解できるようになった
おかげで、私は全国大会で
優勝することができました。

すぐに鈴木さんに電話すると、
開口一番
「あなたが一番を
 とれるのは
 わかっていた」と
言うではありませんか。
今までただの一度たりとも
私をほめてくれたことが
なかった鈴木さんの、
それが初めてのほめ言葉
でした。

ふだんから無口で
言葉数も少ない鈴木さんは、
何でもすぐ口答えして
しゃべりまくる私とは
正反対でしたが、大きな
心で私を見守ってくれて
いたのです。
器の大きい人・
 ふところが深い人
」は、
決して口うるさく指示を
出す人ではありません

鈴木さんのように無口で、
ときには単語くらいしか
つぶやかない。
でも相手の本質を
しっかりつかみ、くり
返し大切なことを教えて
くれる人だと思います。

いま私は当社唯一の
「環境マイスター」として
啓発活動や後輩たちの指導、
外部に向けた広報などを
行っています。清掃業界
全体のレベルアップに貢献
することが私の夢。

心をこめて掃除する
素晴らしさを教えてくれた、
今は亡き鈴木さんに、
天国からほめてもらう
ために頑張りたいと
思います。
(羽田空港清掃員・環境
 マイスター新津春子
 心をこめて掃除する
 PHPNo.810'15/11抜粋)

NHKの放送では、
彼女が5`のダンベルで
筋トレをする姿が紹介されて
いた。
無理な姿勢での作業を
強いられることもあるの
だろう。
プロの世界である。

管理人は新幹線車両の
清掃をする会社にいたことが
ある。
清掃の仕事は、まず、素手で
汚物に触ることができなければ
務まらない。
これは踏み絵である。

関連ブログ
新幹線を7分間でディズニーランドのようにきれいにする会社 
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

マチュピチュと福島大玉村がスローライフの友好都市協定

'15年10月30日(金)
[マチュピチュ] ブログ村キーワード

わが住む市は、息子の
住む市と姉妹都市の提携を
している。
市役所の市長室の近くに
その経緯を記した掲示が
あったが、内容は覚えて
いない。

記念の植樹の傍らには
姉妹都市の名を書いた杭が
植わっている。
そんな関係に因んで
友好都市の話を・・・・・・。


爽快な話である。
「空中都市」として人気の
高い世界遺産を抱えた、
南米のペルー・
マチュピチュ村のことだ。
世界中から舞い込む
「友好都市になって
 ください」との熱烈な
ラブコールを袖にした末、
初めて選んだ相手は
何気ないニッポンの農村、
福島県大玉村だった。
▼マチュピチュ遺跡で
開かれた式典では、
民俗衣装をまとった
マチュピチュの村長と、
紋付き羽織姿の大玉村村長が
並ぶミスマッチな光景が
何とも清々しい。
移民としてペルーに渡り、
初代村長を務めるなど
観光開発に尽力した
野内与吉さんが大玉村出身

だったことから、
マチュピチュ側が提携の
話を申し込んでいたという。
▼大玉村のキャッチ
フレーズは、
「大いなる田舎」。
安達太良(あだたら)
(やま)の裾野に広がる
村に、約8500人が住む。
平成の大合併の波には
乗らず、
「住民に日本一近い」
村づくりを進める。
原発事故による風評被害
にも悩まされたが、
地球の反対側の国が
百年近い昔の恩を忘れずに
運んできた良縁で、
お祝いムードに包まれて
いる。
▼マチュピチュ村の
映像を見ると、純朴そうな
人たちに交じって、
ナマケモノが映り込んで
いる。あまり
ありがたくない名を
付けられたこのユニークな
動物は、大量消費や
効率第一の生活を見直そう
というスローライフの
象徴としても取り上げら
れる。地に足をつけ、
信じる道を悠然とゆく。
大玉村と同じ発想かもしれ
ない。
(春秋 日本経済新聞10/30) 

世界遺産として知られる
マチュピチュ遺跡がある
ペルーのマチュピチュ村が、
10月26日、福島県大玉村と
世界初の「友好都市協定」を
結ぶ。マチュピチュ村の
開発に尽力した初代・行政
最高責任者が大玉村出身の
日本人移民だったことが縁で、
マチュピチュ村側からの強い
要望で実現した。
(略)
マチュピチュが世界遺産と
なり世界的に有名な観光地と
なる前、ひとりの日本人
男性が、大玉村からペルーに
渡りマチュピチュ村に定住し、
現地の村長になった。
その人物の名は、野内与吉さん
(1895−1969)。
大玉村役場政策推進課の
神野藤浩和さんによると、
野内与吉さんは1917年、
21歳のとき移民として
ペルーに渡った。ブラジルや
ボリビアなどを経て、
1923年ペルー国鉄に勤めた
という。

その後、マチュピチュに入り、
1939年に
マチュピチュ地区の行政
最高責任者になったという。
1941年にマチュピチュ村が
設立された後は、1948年
から村長
を務めた。
1968年に51年ぶりに
一時帰国したが、1969年に
ペルーで没した。
野内さんは、村に発電所を
作り電気を引く
など
インフラ整備に務め、
ホテル事業を営むなど村の
産業育成にも力を尽くし、
地域の発展に功績を残した。
村まで鉄道を引いたとの話も
残っているという。
(THE PAGE10/26 11:00)

参考(案内)
”福島県大玉村ホームページ 
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

生きることが趣味で、がんとの闘いも「ゆーとぴあ」

'15年10月29日(木) 
[がん] ブログ村キーワード

今日、持病の定期検診で
病院に行ったら、
日本人は2人に1人が
ガンになり、3人に
1人がガンで死ぬという
ポスターが貼られていた。

駅の売店で新聞を買うと
元ゆーとぴあ・ホープさんの
ガン闘病記が載っていた。

「ゴムぱっちん」の芸で
知られる元お笑いコンビ
「ゆーとぴあ」のホープさん
(66)は、この8年間に
4つのがんと闘ってきた。
大腸、肺、胃、小腸…。
体中をがんにむしばまれ
がらも、命をつなぎ、
精力的に舞台に立ち続けて
いる。
「みんな、暗く考えるなよ」。
がん患者たちを勇気付ける。
自らの芸にそんなメッセージを
込めているのだという。
(文・玉崎栄次)
                  
最初にがんが見つかったのは
平成19年のことでした。
友人の医者から勧められて
偶然受けた検査だったんですよ。
大腸に8つのポリープが
見つかって、そのうち3つが
悪性だったの。
それは手術して、内視鏡を
使って無事に切除できたん
すがね…。

その6年後、25年5月
だったな。
せきが止まらなくて、
舞台で血痰を吐いちゃった。
病院にかかると、
今度は肺に8aほどの腫瘍
あるっていうんだ。
肺がんですよ。
即入院となって、医者からは
「胸を開いてみて
 手術ができなかったら
 余命半年」と。
たばこは若いころから
1日3箱吸ってたんだけど、
余命宣告されるとすぐに
やめられましたよ。現金な
もんだよねえ。

いろんなことを考えるんだ
なあ。親より先に逝っち
まうのかとか、離婚した
元妻のこととか…。
人生いろんなことがあった
なあなんて。仕事に未練も
あったね、自分がやって
きた喜劇に。死ぬってことを
心底意識して怖くなった。

「ゆーとぴあ」では
相方と医者と患者のコントを
よくやっていて、僕は
医者役だったから
患者役の相方に
「死にゃあよかったのに」
なんて舞台で言って笑いを
誘ってきた。でも、
ああ俺たちがやっていた
ネタは嘘だったんだなあ、
とつくづく思い知らされ
ましたね。
   ■ □ ■
それでも奇跡はね、
あったんですよ。左肺の
上半分を切除することに
なったんだけど、無事に
手術ができて、なんとか
命がつながった。

でも、その半年後に
また体に異変を感じたん
です。

食事をしてもどんどん痩せて
いく。医者にかかると、
今度は胃と小腸にがんが
見つかったんですよ。
特に小腸の方は、
十二指腸に近い「空腸」と
いう部分に握り拳よりも
大きな腫瘍ができていたの。
空腸のがんは、
とても珍しい症例だそう
ですね。それが動脈の
すぐ近くにあって、手術は
とても難しかったんですよ

<小腸は、胃とつながる
 十二指腸から、肛門側の
 大腸に至るまでの部分。
 空腸と回腸に分けられる。
 小腸がんは消化管のがん
 全体の0.1〜0.3%だという。
 原因不明の体重減少や
 腹部の痛み、血便などが
 きっかけで見つかることが
 多いとされている>
 
8時間に及ぶ大手術でした。
胃の半分以上と小腸の一部を
切り取って、またまた命を
つなげてもらいました。
その後は、抗がん剤治療も
受けました。髪が抜けると
思っていたら、僕の場合は
髪が黒くなったんですよ。
    □ ■ □
元気なころに舞台に立って、
芸が客にウケないと
「死にたい」なんて感じて
たの。でもね、がんになって、
生きるって何だ、死ぬって
どういうことだよ、って
考え始めるようになりまし
たね。

手術後には食事ができな
かった。ようやく点滴が
取れて、アイスクリームを
食べたときね、
冷たい甘みが口いっぱいに
広がって、俺生きてるんだ
なあ、って思ったんだ。
自力で立って一歩だけだけど
踏み出せたときには、涙が
出たんですよ
。こんな普通の
ことが幸せなんだ
な。
なんで俺は今まで気づかな
かったんだ
って痛切に感じ
たよ。

がんは怖いですよ。
がん患者は大勢いる。
だから、僕のお笑いライブに
がんを患っている人に
来てもらって、
がんをネタにして笑わせ
たいんです。それが僕の
芸だな。

みんな、暗く考えるな
よって。
不謹慎? 病気をバカに
してる? そう言われたら、
俺は4度もがんと闘って
いるんだって
言い返したいね。この芸を
やる権利があると思うんだ
よね。
どんどん挑戦していきたいよ。
これは他の芸人にはできない
喜劇だと思っていますからね。

手術して2年目に入った
ところです。経過観察中と
いうやつだね。
目下の趣味はね、生きること。
舞台に立って笑いが取れる
うちは必要とされているって
ことでしょう。
どんどん笑わせていきますよ。
                   ◇
【プロフィル】ホープ
(本名・城後光義 
じょうご・みつよし) 
昭和24年、福岡県生まれ。
45年に浅草松竹演芸場で
デビュー。53年に
「ゆーとぴあ」を結成。
相方が口にくわえたゴム
ひもを引っ張り顔に直撃
させる「ゴムぱっちん」、
よろしくぅ〜ねっ!」と
ポーズを決めるギャグで
人気を集めた。
平成22年には、
仕事が減ったベテラン
芸人に活動の場を提供する
互助組織
「お笑い職業安定所」を
設立した。
(ゆうゆうLife 社会保障
 病と生きる お笑い芸人
 元ゆーとぴあホープさん(66)
 産経新聞10/29 17(生活)面)


因みに、
ホープさんの記事中、
左肺の上半分の記述が
あるように、
左肺は上葉と下葉、
右肺は上葉、中葉、
下葉からなっている。
しかし、稀に左右が
逆の人がいる。
管理人の叔父がそうで
心臓も右にあった。

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

難民を送り込むというイスラム圏の過激な拡大戦略

'15年10月28日(水)
[難民] ブログ村キーワード

メルケル首相が
難民の大量受け入れを
発表して以来、シリアなど
からおびただしい数の
難民がドイツに向かって
いる。
最初にたどりつくEU国家、
地中海コースでの
イタリアとギリシャ、
バルカン半島コースでの
ハンガリーなどは
毎月10万を超す難民に
悲鳴をあげている。
難民の40%ほどはコソボ、
セルビア、アルバニアなど
バルカン半島の人々と
言われる。
また全体の過半数は
単に仕事を求めての移民
らしい。
EUで最も経済的に安定
したドイツが歓迎してくれる、
というのだから人々が押し
寄せるのは当然だ。
ドイツ政府は80万人を
引き受けると発表している。
ドイツ産業界も歓迎の意向だ。
それ位の労働力が不足して
いるからだ。
シリア難民の多くは教育を
受けていて英語も話せるから、
良質で安価な労働力と見て
いるのだろう。
メルケル首相の歓迎発言は
人道の模範として
世界中の喝采を浴びた。
指導者の力強い言葉になぜか
酔いやすいドイツ国民は、
ミュンヘン駅にたどり着いた
難民を拍手や歓声で迎え、
至れりつくせりのもてなしを
した。

メルケル首相の思い切った
決断には3つの理由が考え
られる。
第一は、先の大戦中にユダヤ
民族抹殺に手を染めた
ドイツにとって、難民保護は
贖罪であり義務と思っている
ことだ。
第二は少子化による労働力
不足の穴埋め、
第三は首相自身の、祖父が
ポーランド人、祖母が
スラブ系少数民族の
カシューブ人という、移民
としての出自であろう。
しかしながら流入する難民が
今年だけで100万を超すと
予想されると、人道に高揚し
自己陶酔していたドイツ人も
変化してきた。
引き受ける州や自治体の
巨大な財政負担
ドイツ人
労働者の賃金低下
イスラム
教徒の大量出現による社会の
混乱
や、ドイツ語を話せない
青少年を大量に受け入れる
教育現場の困難などに想到
したのである。
人道という霧の向こうに
現実が姿を現し始めた。
与党内からも批判が出てきた。
メルケル首相は批判に対し
「(難民の受け入れを国民に)
 謝罪しなければならない
 ような国は私の祖国では
 ない」
「政治難民の受け入れに
 上限はない」と大見得を
切った。
世界はまたしても大拍手だ。

冷静に考えると、
人口8千万人のドイツが
毎年100万人の難民を
受け入れるのは不可能だ。
シリアやエジプトやリビアには
今も数千万人の実質難民

いるし、中東とアフリカ全体
では数億人に
達するだろう。
メルケル首相がいかに高邁な
理想を掲げようとこれだけの
人を入れたらドイツどころか
ヨーロッパが潰れる。
さすがのドイツも
EU発足時に廃止された
国境での検問を急遽復活
させた。
ただでさえ難民が渋滞して
困っているEU各国は
ドイツに分担して引き受けろ
とも言われ怒り心頭だ。
EUが瓦解する恐れさえある。
これら難民がドイツに定住
できたとしても、幸せが
待っているわけではない。
1960年代にドイツへ来た
百数十万のトルコ移民を
見れば大体の見当がつく。
下級労働者として社会の
底辺で貧困層を形成して
いる。
犯罪に走る者も多くなる
からますます差別される。
すでに大多数はドイツで
生まれ育った人々で、
トルコ語もままならず
故国にさえ戻れない。

折からドイツ最大の自動車
メーカーVWの悪質な
排ガス不正問題が表に出た。
VWは各国からの厳しい
制裁金、VW車の所有者に
よる損害賠償請求、株主訴訟
などで数兆円を払わされ
売れ行きも激減するだろう。
7人に1人が自動車産業に
就くドイツ経済にとって
最大の試練だ。
労働力不足も一気に軽減する
だろう。
メルケル首相の進む道は
2つ。
第一はあくまで人道の高い
理想を貫くことだ。
この場合は、人道でドイツ
民族を滅ぼした宰相として
世界史に名を残す。
あるいはそうなる前に
政権から放り出され
軽挙妄動の人と記憶される。
第二は経済を優先し
受け入れを中止する
ことだ。
この場合は巧言令色の
偽善者の烙印を押される。
天は人道の人にVWという
踏み絵を突きつけた。
(藤原正彦の管見妄語
 天が突きつけた踏み絵
 週刊新潮10月22日号)


貧民層を抱える国家は
難民を受けいれるという
判断をするだろう。

仕事の奪い合いは
貧民層との間で起こる。
政権には貧民層から
代表者が送られては
いないだろう。

過去のブログ
内戦ほど熾烈な戦争はなく、一方は国外へ逃れる 
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

毛沢東は「百家争鳴」、習近平は「論評禁止」

'15年10月27日(火) 
[中国] ブログ村キーワード

「これからは、
 取材に応じてくれる
 共産党幹部がますます
 減るだろう」。
10月22日付の人民日報に
発表された新しい
中国共産党規律処分
 条例案
」を見たとき、
そう思った。

習近平指導部が
新しい時代の変化に適用
するため、1年以上
かけて作ったという。
「史上最も厳しい内容」と
いわれ、来年1月1日から
施行される予定だ。

新聞の2nを使って全文が
掲載された。
党員の禁止事項が
リストの形で列挙され、
違反者は最も厳しい場合、
党籍が剥奪されると定めて
いる。
「業者から飲食の接待を
 受けてはいけない」
「公費でゴルフをしては
 いけない」
「学歴を詐称しては
 いけない」といった
内容も盛り込まれている。

しかし、
党中央の方針を
 勝手に論評しては
 いけない
」という
一文があったのには驚いた。
党中央の政策への批判だけ
ではなく論評まで禁じる
ことは、中国でも珍しい。
毛沢東は徹底的に
言論統制を行ったが、
口では知識人に
「百家争鳴」を呼びかけ、
自由に意見を戦わせる
ことを求めていた。

最近の経済低迷と
外交環境悪化で、
党中央の執政方針に対し、
党内の反発が強まって
おり、習指導部は
こうした声を封じる
ために規約を作ったと
みられる。
「論評禁止」は
自らの政策に自信がない
ことの裏返しともいえ
よう。(矢板明夫)
(外信コラム 北京春秋 
 新時代に言論封殺
 産経新聞10/27 8(国際)面)


来年の元日から、
この外信コラムも
統制の対象になるだろう。
産経新聞もすでにマーク
されていて、
外国の報道陣の取材には
箝口令が敷かれている
だろう。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする