2015年09月30日

商いは正直が信頼を生み、製品と企業の評価を高める

'15年9月30日(水) 
[フォルクスワーゲン] ブログ村キーワード

実際に路上で
ディーゼル車を走らせると、
排出する窒素酸化物
(NOx)の量は規制基準を
かなり上回る――。
欧州連合(EU)の規制当局が
こんな報告をまとめたのは、
2年前のこと。
フォルクスワーゲン
(VW)の不正ソフト問題に、
早くから気づいていたらしい。
▼周知の通り、問題を
あばいたのは米当局だった。
なぜEUは自ら動かなかった
のか。
一部の欧州メディアは、
自動車産業界の政治力が
当局の不作為を招いた
可能性を指摘している。
確かに、
欧州の経済にとっての
自動車産業界の重みと
ディーゼル車の重要性を
踏まえると、政治的な
配慮が働いたのでは、と
推測したくなる。
▼石油ショックで
省エネ機運が高まったのを
背景に、欧州の有力な自動車
メーカーの多くはガソリン
エンジンに比べて燃費性能に
優れるディーゼルエンジンを
重視する戦略へとかじを
切った。その成果はめざましく、
1990年代はじめに10%強に
とどまっていた欧州の
新車市場でのディーゼル車の
シェアは、50%を超えた。
▼NOxの排出量が多い
ディーゼルの欠点について
各社は、技術革新で
克服したとアピールした。
そこに疑念を抱いたとしても、
影響を考えればEUとしては
動きづらかったのかも
しれない。とはいえ、
不作為の報いは深刻だ。
欧州の自動車産業界への
逆風だけではない。
環境保護に熱心という
欧州のイメージも、傷ついた。
(春秋 日本経済新聞9/29)

タカタ社製のエアバッグ問題も
米当局の指摘で大規模な
リコールが始まったが、
タカタに欠陥を隠す意図は
なかった。

わが国には、「陰ひなた」とか
「お天道様が見ている」とか
悪事を嫌う風土がある。

最近、株主がお天道様より
上に祀られることもあるよう
だが、バレれば、取り返しが
つかなくなることが多い。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

国民の陳情を自国では受け付けない習近平政権

'15年9月29日(火)
[習近平] ブログ村キーワード

外信コラム「北京春秋

中国の習近平国家主席が
25日、訪問先の
米ワシントンの路上で、
中国から来た複数の陳情者に
車列を遮られる騒ぎが
あった。
陳情者らは警備に当たって
いた米国の警察に一時
拘束されたが、すぐに
釈放されたと聞き、ホッと
した。

陳情者の一人は
北京の元小学校教師の
女性だ。
自宅の強制立ち退きで
当局に賠償金を求め続けて
いた。面識はないが、
取材先の別の陳情者から
「仲間の一人が
 習近平に直訴するため
 渡米した」と聞いていた。
「ほかに打つ手がなく
 なった。射殺されても
 構わない」と覚悟して
いたという。

中国には彼女のように
追い詰められている
陳情者は数百万人もいる
といわれる。
党官僚の横暴により、
財産や肉親の命などが
奪われ、
司法で解決してもらえない
ケースがほとんどだ。
習近平政権は発足後、
陳情者に対する弾圧を強化。
国内での陳情が難しくなった
ため、最近は指導者の外遊を
狙って警備が手薄な外国に
行って直訴/するケースが
増えているという。

陳情者たちは外国メディアに
注目されることを狙っている
ようだが、このような
無謀なやり方が問題解決に
つながった事例は聞いた
ことがない。
世界のメディアの前で
中国の最高指導者に恥を
かかせた元教師の女性が
帰国後、どんな過酷な
仕打ちを受けるのか心配だ。
     (矢坂明夫)
(外信コラム北京春秋
 外遊狙う陳情者
 産経新聞9/29 9(国際)面)


中国は私有財産を平気で
取り上げる。
外国のものにも手を出す。
米国は米の輸入枠を増やせと
迫る。
安保法制が合憲か違憲か
などの議論をしている
ときではない。
いっそのこと、麦飯を食って
”軍事大国”を目指したら
如何か。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

教師は「師」と仰ぐ人がいれば、教師人生を続けられる

'15年9月28日(月)
[教師] ブログ村キーずワード

教育現場の荒廃が叫ばれて
久しい。小学校の校庭を
見ていると、張り切った
先生とやる気のない生徒
たち。
体操の授業だろうか。
見学者の多いのが目立つ。

神戸女学院大学名誉教授の
内田樹氏は、講演録の中で
どんな教育現場でも
教師自身がくじけないために、
自分が「私淑する」師を
持ちなさいという。

教育者に必要な条件

木下恵介の『二十四の瞳』と
いう映画があって、
子どものころ見て大泣きして、
「先生ってすばらしいもの
 だな」と感動して、
たぶんそれがきっかけで
「私も先生になろう」と
決心したんですが、
40年ぶりに改めて見たら、
高峰秀子が演じる大石先生が
ひどい先生なんです。

女学校を出たばかりの
若い先生で、教師としては
まったく無能で。
教科書を教えるぐらいは
できるのですが、
子どもに相談されても
ろくに受け答えもできない。

でも、重要なのは、
子どもたちが、全身を委ねる
ようにぶつかってくる、
それを大石先生も必死で
受け止めようとする。
受け止められないんです
けれど、とにかく
受け止めようとはする。
それだけで教育はきちんと
機能していた。

昔は先生が立派だったという
ことを言う人がいます
けれど、僕はそれは違うん
じゃないかと思うんです。
大石先生なんか、
今の小学校に連れてきたら、
たぶんあっという間に
学級崩壊してしまうほどに
指導力のない先生です。
でも、そんなか弱い女の子が
理想の教師たりえた。
そういう師弟関係の力学が
ちゃんと昭和のはじめまでは
機能していた。

『金八先生』って、
金八先生の担当クラスの
子どもが問題起こして
PTAから金八先生が
吊し上げられるシーンばかり
でしょう。すごく気の毒
だと思うんですよ。
百の成功があっても、一の
失敗で「教師失格」の
烙印をおされる。

もし、よい教師の条件を
実定的に列挙してゆくと、
そのリストの項目は無限に
長くなります。

教育者に必要なのは一つだけ
でいい。
「師を持っている」という
ことだけでいい。
その師は別に直接に教えを
受けた人である必要はない。
書物を通じて得た師とか、
あるいは何年か前に死んだ
人で、人づてに聞いて
こんな立派な先生がいる
というのを知ったというの
だって、かまわない。
「私淑する」というのは、
どんなかたちでもできるん
です。
教育を再構築するというのは、
この師弟関係の力動性、
開放性を回復することから
始めることしかない。
「師弟の物語」にもう一度
日本人全体が同意署名する
こと。これは
マインドセットの切り替え
だけですから、コストは
ゼロなんです。
(神戸女学院大学名誉教授
 内田樹 下流志向 講談社文庫)


参考
YouTube-立川清人/仰げば尊し 


posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

寝て居て人をおこすこと勿(なか)れ

'15年9月27日(日) 
[農業] ブログ村キーワード

八郎潟に近い秋田県潟上市の
昭和豊川山田地区は、「聖農」
と呼ばれる
農業指導者・石川理紀之介
(1845〜1915年)ゆかりの
地。

明治になると、農村では
藩政時代ほど厳しい倹約を
求められなくなった。
ほしいものが増え、収穫を
見込んでツケ払いの約束をし、
大きな借金を抱える者も
出始めた。

このままでは大変なことに
なると、一帯の地主・
石川家の婿養子だった
理紀之助が立ち上がった。
住民と「山田経済会」という
組織を作り、集落全体で
計画的に米を増産
する。
わら細工などの副業にも励み、
生活必需品は共同購入して
節約した。

農業経済を再生させた手腕は、
県や国を通じ、
全国に知られるようになる。
秋田県内だけでなく、
こわれて遠く九州にも赴き、
現地で生活しながら
農事指導にあたった。

一人でも投げ出せば、
農村の再生はなし得ない。
そう考え、理紀之助は
率先して汗を流した。
朝は誰よりも早く起き、
板木を木づちで打ち鳴らして、
人々の目を覚ました。
寝て居て人をおこすこと
 勿れ
」という言葉には、
自ら範を示すという決意も
込められていたのではないか。

「起きてこない者がいても、
 理紀之助翁はけっして
 叱らなかったといいます。
 早起きできないなら、
 早く寝ればいい。
 どうすれば良いのか、
 自らの行動で示したそう
 です」。
石川理紀之助翁顕彰会長を
務める農家の藤原幸作さん
(79)が語る。

「八十八」もの手間をかけて
作るのが「米」。
手間のうちには、何よりも
大事な「担い手づくり」も
入っているのだろう。

理紀之助が開墾した通称・
草木谷の水田は、
聖農を敬う地域の人々が、
今も共同で維持する。
「理紀之助翁は、
 自分の周りだけでなく、
 国全体を見据えて
いました。
 みんな一緒に豊かになる
 ことが、本当の豊かさだ

 考えていたのです」と
藤原さん。

没後100年の今年も、
草木谷は黄金に輝く。
聖農の金言は、今も
実り続けている。
(文・増田真郷 
 寝て居て人をおこすこと勿れ
 よみほっと日曜版 名言巡礼
 石川理紀之助「経済のこと葉」
 (1888年)讀賣新聞9/27
 日曜版1面)


笛吹けど踊らず、という
言葉もある。
先に立つ人がいても
人がついてこないことで
ある。
宗教のようなもので、
理解できなくても、
信じて従うのは、それは、
先に立つ人の人徳であろう。


参考
 経済のこと葉
  石川理紀之助が1888年
  (明治21年)、東京の
  農商務省で農業経済に
  ついて講演した際に
  発表した14か条の信条。
  農業を行う中で悟った
  真理を連ねた。
  「寝て居て〜」のほか、
  「経済は唯沢山に金銭を
   持つことにあらず」
  「国の経済を考えて
   家の経済を行え」などの
  言葉も。日常生活の教え
  から、人生の真理まで、
  幅広く言及している。
  次男・老之助のために
  自ら書き与えた14か条の
  言葉は、潟上市郷土文化
  保存伝習館に保存されて
  いる。(同記事注記)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

稀勢の里 君がなんとかせにゃいかん

'15年9月26日(土)
[稀勢の里] ブログ村キーワード

タイトルにように言われて
久しい。

白鵬、朝青龍、日馬富士の
モンゴル勢だけが目立った頃、
よみうり時事川柳に載った
一句だそうである。

モンゴル出身の照ノ富士が
大関に昇進し、そのまま
横綱を狙う勢いであった。

本日の読売新聞スポーツ面には
「稀勢 照ノ富士に雪辱」の
見出しで記事が書かれていた。

照ノ富士が連敗。
稀勢の里の攻めに防戦一方と
なり、寄り倒された。

立ち合いは互角。
そこからの右のど輪で
上体を起こし、左を差すと
同時に右上手をつかんだ。
がっちりとつかんだから、
相手の強引な投げにも
崩れない。
前へ前へと寄り立てると、
さすがの照ノ富士も耐え
きれなかった。

先場所の完敗は、衝撃的
だった。
稀勢の里十分の左四つで
攻めきれず、逆襲の
すくい投げに体が泳ぐと、
土俵下へ飛ばされた。

優勝争いは混戦の様相だ。
      (前田剛)

優勝争いの首位に並ぶ
照ノ富士が、13日目の
稀勢の里戦で敗れた際に
右膝を負傷し、
14日目以降の出場が
危ぶまれる事態となった。

車いすは断ったが、
付け人の肩を借りて
歩いて花道を引き揚げた。
(讀賣新聞9/26 26(スポーツ)面)

横綱白鵬も左大腿四頭筋
腱炎で休場している。
相撲は痛めた足をかばって
取れるような甘いスポーツ
ではない。

気になるのは、照ノ富士の
相撲の取り口。
6月に亡くなった元大関の
貴ノ浪は長身で懐が深く
両上手を引いて
極めだす相撲があった。
しかし、突き押し相撲や
大きな相手には負ける
ことが多く、
似た相撲の照ノ富士が
横綱を目指すには
懸念材料となろう。

因みに、稀勢の里の四股名は
勢いが稀、という意味では
ないだろうに・・・・・。

参考
 大腿四頭筋腱
  太ももの筋肉と膝蓋骨を
  つなぐ部分
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする