2015年08月31日

人がジグソーパズルのピースでは社会が機能しない

'15年8月31日(月)
[社会] ブログ村キーワード

お役所に行くと
自分の課の所掌事項には
丁寧に対応してくれるが、
隣の課の所掌事項は
わかっていても教えて
くれない。

まるで、社会という
ジグソーパズルのピースの
ように隣接していても
そのピースの領域を
踏み越えることはない。

社会はそれではうまく機能
しない。

神戸女学院大学名誉教
内田樹氏は講演録で次の
ように述べている。


「雪かき仕事」をする人は
朝早く起き出して、
近所のみんなが知らない
うちに、雪をすくって
道ばたに寄せておくだけ
です。
起き出した人々が
その道を歩いているときには
雪かきをした人はもう姿を
消している。
だから、誰がそれをしたか、
みんなは知らないし、
当然感謝される機会もない。
でも、この人が雪かきを
しておかなかったら、
雪は凍り付いて、そこを
歩く人の中には
転んで足首をくじいた人が
いたかもしれない。
そういう仕事をきちんと
やる人が社会の要所要所に
いないと、世の中は
回ってゆかない。
(略)
若い人がよく言う
「クリエイティブで、
 やりがいのある仕事」と
いうのは、要するに、
やっている当人に大きな
達成感と満足感を与える
仕事ということです。
でも、「雪かき仕事」は、
当人にどんな利益を
もたらすかではなくて、
周りの人たちのどんな
不利益を抑止するかを
基準になされるものです。
だから、自己利益を基準に
採る人には、その重要性が
理解できない。
(略)
ただ、仕事について
「自己利益の最大化」を
求める生き方がよいのだ
という言説はメディアに
あふれていますけれど、
「周りの人の不利益を事前に
 排除しておくような」
目立たない仕事も人間が
集団として生きてゆく上で
不可欠の重要性を持っている
ということは
あまりアナウンスされない。
そのことの危険性について
ご注意申し上げているのです。
(内田樹 下流志向 講談社文庫)

社会がジグソーパズル化して
いることの懸念は

その冷たさにある。
各ピースに隣との
「糊しろ」がほしい。
これによって社会という
ジグソーパズルが
一体で強固な結びつきを
持ったものになる。

ホテル従業員の気配りは
客の想像を超えた領域にまで
向けられている。
宿泊客がワイシャツの
洗濯を頼んだとしよう。
ホテルではボタンをすべて
外し、後で付け直すという
作業をする。
翌日、商談などの最中に
ボタンが取れるという
アクシデントを未然に防ぐ
ためだそうである。

管理人は、ホテル従業の
気配りでのボランティア
活動をいとわないことに
している。

そして、評価はともかく
感謝は不要という心境を
修行の目標にしている。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

生き物に学ぶ24時間戦える肉体の作り方

'15年8月30日(日)
[渡り鳥] ブログ村キーワード

秋は暑い夏を
夢中で乗り切った後の季節。
緊張が解けて、
疲れが出る時季でもある。
移動距離の長い野生生物も
疲れを感じるのだろうか。
イミダペプチドの話・・・・・。

「鶏むね肉」が最近、疲労
回復に効果がると注目されて
いる。
渡り鳥が何日も休むことなく
飛び続けるのをヒントに、
研究
が行われてきた。
渡り鳥の羽を動かすむね肉に、
高濃度の「イミダペプチド」
という栄養素があることが
わかった。

「2週間以上、
 継続的にイミダペプチドを
 摂取すると、疲労感が
 改善されてきます」。
実験の中心となった
東京都目黒区の阿部医院
院長で、東京内科医会
副会長の清水恵一郎さんは
説明する。

イミダペプチドは二つの
アミノ酸
(生命を支えている大切な
 栄養素)が結合した
物質だ。
これを摂取すると血液中で
二つのアミノ酸に分解するが、
脳や肉体の疲労して
さびついた細胞に達すると、
再びイミダペプチドに合成
され、疲労部分を回復
して
くれる。

イミダペプチドは生き物ごとに、
消耗が激しく疲れがたまり
やすい部位に含まれている。


回遊魚のマグロ、カツオは
泳ぎ続けるために大事な
尾びれの付け根。
人間は一番使っている脳だ。

清水さんら内科医が2009年に
行った実験では、
疲労を感じている人が
イミダペプチドを配合した
飲料を8週間飲んだ。
飲まなかったグループと
比べると、明らかに疲労感が
軽減されていた。

鶏むね肉は比較的安く、
 低カロリーで高たんぱく質

 ヘルシー食品。
 1日100c、最低でも
 2週間食べ続けてみて
 ください」

清水さんのお薦めは、
イミダペプチドが
水に溶けやすい性質を
利用したスープ。
多めに作って、冷凍保存
しておくことも可能だ。
「梅干しや、黒酢、レモン
 などクエン酸を含むものと
 組み合わせた鶏むね肉
 料理もいいですよ」
(斉藤勝久)
(元気なう 疲労に負けるな4
 讀賣新聞8/30 
 15(社会保障)面)



世界陸上北京大会で
いまいち成績の上がらない
日本勢。

心肺機能の問題もあるが、
もうワンランクあげるために
イミダペプチドを考えて
みては・・・・・・。

東京五輪に間に合うだろう。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

人口減少社会に取り組む兵庫県知事の所信

'15年8月29日(土)
[人口減少] ブログ村キーワード

次男が大阪府豊中市の
賃貸マンションから、
兵庫県川西市に家を建てて
引っ越した。
子育てをしながら、
共稼ぎでローンを返すと
いう。
人口減少社会に取り組む
兵庫県知事の所信を書いた
広報紙が手元にある。


本格的な人口減少社会を
迎えている。
兵庫県の人口はこの1年間で
1万7千人減少して、
554万3171人となった。

年間1万7千人減は、
北海道、新潟に次いで
第3位の規模となっている。
自然減が1万人、社会減が
7千人である。
社会減の7千人規模は
最近最大で、これも
全国第3位の規模となって
いる。

このような
人口減少の状況から、国は、
2060年の国全体の人口を
1億人にとどめることを
基本施策として打ち出した。
これに対応して本県としては、
同じく2060年の人口として
450万人を目指すこととした。

人口の自然減は、
基本的には少子高齢化の
到来の結果である。
特に出生数の大幅な減少に
ある。
平成26(2014)年でみると
4万4千人台とピーク時の
半分になり、
合計特殊出生率も1.41と
全国平均を0.01下回って
いる。もともと夫婦2人から
子どもが2人生まれて
同数が維持されるのだから、
社会全体として1.4の出生率
では減少せざるを得ない。
このため、子育てしやすい
環境の整備が不可欠である。

出生数低下の要因は、
未婚化、晩婚化、晩産化の
進行がまず指摘されている

未婚化の進行は、
平成に入ってから著しく
なっている。
平成22(2010)年では
男性17.5%、女性10.7%と
なっている。
県民意識調査では、未婚・
独身でいる理由として、
いい相手が見つからない
とか、結婚資金や結婚後の
経済的な不安があるなどが
多くなっている。
これには、若者の雇用の
不安定化が背景になって
いる。このため、若者の
雇用・就業を確保し、
将来の生活の安定化が
図れる働き方をつくらねば
ならない。

晩婚化の進展も大きい。
平均初婚年齢は、
平成22(2010)年で
男性30.3歳、女性28.7歳と
なっている。
結婚が遅くなると第1子の
誕生も遅くなる。
平成22(2010)年で
30.0歳となっている。
これが晩婚化である。

ある調査によると、
2人目の子どもを
生むかどうかの決め手は
夫が家事や子育てを
手伝ってくれるかどうかに
かかっており、
第3子以降については、
教育費など子育ての経済的な
負担が大きいという回答が
多くなっている。
ワーク・ライフ・バランスの
推進と教育費の軽減や
奨学金の充実が必要となる。

人口の社会減は、
人口の本県からの転出超過に
ある。
平成26(2014)年では
転入8万6390人、転出
9万3482人で転出超過が
7092人となっている。
この傾向は、最近大きくなり
つつある。
転出先は、東京圏が7300人
ほど、大阪府には1100人
ほどとなっており、
しかも20代の転出が多い。
このことから、若者の転出を
解消するために、県内就業、
就職対策を行うとともに、
一度転出した人たちに
兵庫へ帰ってきてもらう
UJIターンが不可欠となる。

このような人口減少を
極力抑制して、
2060年に450万人に
本県人口をとどめるため
には、まさに地域創生対策が
必要となっている。
子どもを産み、安心して
育てられる環境を整備して、
子育てするなら兵庫といわ
れる環境をつくらねばなら
ない。
また、人口減少下で
少子高齢化が進行しても、
兵庫は安全で安心でき、
元気な地域づくりが進んで
いるという生活や仕事が
しやすい、住み暮らすなら
兵庫だといわれる兵庫
づくりを進めなくては
ならない。

県民の皆様とともに、
明日の兵庫、安全で元気な
ふるさと兵庫を目指して
いきたい。
(元気コラム 兵庫県知事
 井戸敏三 県民だよりひょうご
 平成27年8月号)



参考
UJIターン
大都市圏の居住者が
地方に移住する動きの
総称のこと。
Uターンは出身地に戻る形態、
Jターンは出身地の近くの
地方都市に移住する形態、
Iターンは出身地以外の
地方へ移住する形態を指す。
(コトバンク)

合計特殊出生率
(total fertility rate)
1人の女性が生涯に
何人の子供を産むかを
表す数値。
15〜49歳の女性の
年齢別出生率を合計した
もの。
合計特殊出生率がおよそ
2.08のとき、人口は
増加も減少もしない
(人口置換水準) 。
日本の合計特殊出生率は
丙午 (ひのえうま) の
1966年に 1.58を記録、
翌 1967年 2.23に戻った
ものの 1975年にまた
1.91にまで下がり,
以後はゆるやかな低下を
続けている。
(コトバンク)

投稿済ブログ
女性がこの適齢期を無視すると人類は絶滅の危機に

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

日銀黒田東彦総裁、中国にヘッドハンティングされる?

'15年8月28日(金)
[黒田東彦] ブログ村キーワード

○中国経済に悲観的過ぎ

日銀の黒田東彦総裁は26日、
ニューヨークで講演し、
中国経済の先行きに関連して
「長期的に経済成長率は
 減速していくが、
 今年と来年は6〜7%成長が
 維持できる」と述べ、
市場で強まっている
“急減速説”を否定した。

黒田総裁はニューヨークの
日米交流団体
「ジャパン・ソサエティー」で
講演し、量的緩和策の仕組みを
金融関係者を中心とする
参加者に説明し、参加者からの
質問にも答えた。

今年6月以降は
中国経済の混乱が目立ち、
他のアジア諸国にも波及
している。
だが、黒田総裁は
「中国政府はさまざま
 政策対応の手段を
 持っている。
 金融市場は悲観的に
 なり過ぎている」と指摘。
日本経済への影響についても
「中国向け輸出に甚大な
 影響が出るとは
 考えていない」とした。

日銀が政策目標に掲げている
2%のインフレ率達成に
関しては
「現在の質的・量的金融
 緩和策で実現すると
 みている」と説明しつつも、
「必要ならば、政策の調整に
 踏み切る」と将来的な追加策の
可能性について含みを持たせた。
(ニューヨーク=松浦肇)
(産経新聞8/28 11(経済)面)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

「いじめ」は憲法違反、もっと大問題にすべし

'15年8月27日(木)
[いじめ] ブログ村キーワード

神戸女学院大学名誉教授
内田樹氏は
憲法によって子どもは
「教育を受ける権利」を
与えられていると次のように
説いている。

憲法26条が規定しているのは
「すべて国民は、
 法律の定めるところにより、
 その能力に応じて、
 ひとしく教育を受ける
 権利を有する」ということ
であって、「義務」を負って
いるのは親の方です。
子どもにあるのは
「教育を受ける権利」です。

どうして教育を受ける権利が
子どもに保障されるように
なったのかというと
近代までヨーロッパでは
貧しい階層の親たちが子どもを
幼児期から労働力として
使役するのが当然だったから
です。
その過酷な児童労働のあり方に
心を痛めた人たちが、
「子どもを親から守る」という
人道的な立場から義務教育の
考え方を提示した。

近代の初等教育機関には
親による私的な収奪と支配から
子どもを防衛する
「アジール(避難所)」という
公的機能も負託されていました。
ですから、近代的な公教育
思想を踏まえた日本国憲法では、
「教育を受ける権利」を定めた
26条の次には
「児童はこれを酷使しては
 ならない」という27条が
続くわけです。

アフリカにもアジアにも、
内戦や飢餓で苦しむ最貧国が
ありますけれど、
そういうところでも、戦火が
やむと、まず学校が作られ、
子どもたちは青空の下で勉強
する。
はじけるような笑顔で学んで
いる子どもたちの映像をよく
目にします。
本来、「学ぶこと」は、
子どもたち自身がまっさきに
「侵すことのできない権利」
として要求すべきはずのもの
です。
(内田樹 下流志向 講談社文庫)

「教育を受ける権利」を
保障されているのなら、
「教育を受けやすい環境」も
保障されていなければない。

「いじめ」はターゲットの子の
「学ぶ権利」を侵害しては
いないだろうか。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする