2015年06月30日

富は築いたが、年老いてゆく中国

'15年6月30日(火)
[高齢化] ブログ村キーワード

29日付の中国紙、
北京晩報は、2014年時点で
北京市に戸籍を持つ住民の
うち5人に1人が
60歳以上となり、高齢化が
加速していると伝えた。
同日発表された
「北京市健康白書」で
明らかになった。

白書によると、北京市の
人口約2151万人から
出稼ぎ労働者ら外来人口を
除いた約1300万人のうち、
60歳以上が22.6%、
65歳以上が約15.3%を
占めた。

中国では13年に60歳以上の
人口が2億人を突破。
25年までに毎年100万人
増えるとみられている。
急速な高齢化により
未富先老
 (豊かな国になる前に
 高齢化する)」との
懸念が指摘されている。
(共同)
(産経ニュース6/29 19:58)


乱暴な中国だが、
年老いた中国は怖くなく
なる。

年老いたわが国は
足腰が立たなくなる。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

韓国の反日には何かに取りつかれたような異様性がある

'15月6月29日(月)
[韓国] ブログ村キーワード

韓国が日本への軟化を
みせ始めた。
この動きは明らかに
米国の対韓姿勢の変化を
大きな要因としている。
オバマ政権内外で
韓国の反日ぶりを
あまりに理不尽とする
認識が広がってきたのだ。
その有力な例証の一つは
韓国官民の反日傾向を
病理的な
「強迫観念
(オブセッション)」
とまで分析した米国人
学者の最近の論文である。

ワシントンのアジア政策
関係者たちがいま注視する
この論文は
「なぜ韓国はここまで
 日本に妄念を抱くのか」
とのタイトルで、
東アジアの政治や歴史を
専門とするロバート・
ケリー氏により書かれた。
「ディプロマット」
という
アジア外交問題雑誌に
今月載り、
米国側専門家のネット
論壇でもすぐに紹介されて、
一気に熱い反響を生んだ。

米国オハイオ州立大学で
政治学の博士号を得た
ケリー氏は現在は韓国の
釜山国立大学准教授を
務める。

ケリー氏は同論文で
近年の韓国暮らしの体験
からまず
「韓国で少しでも生活
 すれば、韓国全体が
 日本に対し異様なほど
 否定的な執着を抱いて
 いることが誰の目にも
 明白となる」と書き出し、
「異様な反日」の実例
として韓国の子供たちの
旧日本兵狙撃遊びから
日本軍国主義復活論や
米国内での慰安婦像建設
ロビー工作までを指摘する。

そのうえで同氏は
これほどの官民一体の
日本たたきは70年前までの
歴史だけが原因だとは
思えないとして以下の
骨子の説明と分析を述べて
いた。

「韓国の反日は単なる
 感情や政治を超えて、
 民族や国家のアイデン
 ティティー
 (自己認識)の
 自分中心の探求に近い」
「だが民族の純粋性
 強調することでは
 北朝鮮には劣ってしまい、
 国家の民主主義を強調
 するには人的コネや
 汚職が
多すぎる」
「だから日本を悪と位置
 づけ、たたき続ける

 ことが韓国の民族の
 純粋性のレジティマシー
 (正当性)誇示の
 絶好の方法となる」
「韓国の国家や民族の
 正当性の主張は韓国の
 存在自体を否定する
 北朝鮮に向けられるべき
 なのに、日本たたきを
 代替の安易な解決法
 としているのだ」

日本の政治家や学者が
同じことを述べたら
大変な事態となるだろう。
だが米国側でのいまの
議論では
こうした分析への賛同が
明らかに増えている。
ケリー氏自身が
この5月には
「日本の『韓国疲れ』が
 ついに米国でも広まり
 始めた」という論文を
発表したほどなのだ。
「韓国疲れ」とは
「韓国の文句には
 もううんざり」との
現象を指す。

事実、オバマ政権の
ウェンディ・シャーマン
国務次官は最近の訪韓で
歴史問題について韓国に
注文をつけ、韓国側の
反発をかった。
ブッシュ前政権の
国家安全保障会議で
アジアや韓国を担当した
ビクター・チャ氏や
マイケル・グリーン氏も
最近は韓国の
対日姿勢への批判を
にじませるようになった。

さらに興味深いのは
慰安婦問題で日本を長年、
たたいてきた
コネティカット大学の
アレクシス・ダデン教授が
韓国政府高官に
朴槿恵大統領の訪米では
 日本に触れないこと

 ワシントンも望んでいる」
と助言したとの報道だ。

日韓関係の真実がやっと
米国側でも知られてきた
ということだろうか。
(ワシントン駐在客員特派員
 古森義久 あめりかノート
 産経新聞6/28 3(総合)面)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

パキスタンでの日本車の愛され方は実力の証明

'15年6月24日(水)
[日本車] ブログ村キーワード

日本から西へ約6千`に
位置するパキスタン。
町を行き交う車の多数を
占めるのは日本車だ。
高品質で低燃費、
壊れにくい
との評価が
人気の理由。
パキスタン人の
“日本車愛”は完成車に
とどまらず、意外な形でも
広がりを見せている。

首都イスラマバード近郊
ラワルピンディのスルタン・
カクー地区。
中心部の通りの両脇には
タイヤやオーディオなどの
中古品を扱う店が約1`に
わたって軒を連ねる。
あらゆる部品がそろう一大
マーケットだ。

「部品を集めて
 一台の車を組み立てる
 ことも可能だ」。
部品店のオーナーが語る。
この地区には300前後の
店があり、売られている
部品のほとんどは日本製
だという。

日本車人気の影響は製品
以外にも。装飾専門店を
営むモウマルさんの元には、
漢字ステッカーの注文が
多数舞い込んでいる。
車体に漢字を書き入れる
ことで
「日本からの
 輸入品らしさ」を演出
するところにあるようだ。
(共同)
(産経ニュース6/11 18:33)

日本では5万`を
買い替えの時期の目安と
考えられているようだ。
よく東南アジアへ行った
今は亡い義兄の話だと
現地では100万`乗る
という。

バンパーを引きずっても、
窓ガラスが割れていても
走ればいい。
別けても故障しにくく
部品の手に入りやすい
点で、日本車の、中でも
トヨタが人気だという。

北海道から1年で帰して
もらうことを条件に
赴任してきた男が東京で
5千円の中古車を買った。
高速道路は怖かったと
言いながら、
その車を後輩に譲って
北海道へ帰った。
いくら優秀な日本車でも
20年も前のことだから
もう・・・・・。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

サービス業受難の時代、モンスタークレーマー撃退術

'15月6月23日(火)
[モンスタークレーマー] ブログ村キーワード

今、子どもでも
「社長を出せ」という
時代らしい。
モンスタークレーマーは
自分がモンスターである
ことに気づいていない。

他にも、教育現場で
問題を起こすモンスター
ペアレントや医療現場で
わがままなモンスター
ペイシェントなど
モンスターが増えている。

個人の主張する権利が
許容の限界を超えると
社会が混乱しかねない。

さて、モンスター
クレーマーを撃退する
方法があるという。
サービス業受難の時代と
いわれているが、
サービス業の割合も多く
なっている。

貴重なご意見なので
抱え込まずに参考までに
ご紹介したい。


まるで
“モグラ叩き”のよう?
モンスタークレーマーの
撃退法


鳥取県の特別支援学校で、
校内で行う
医学的ケアに対し
保護者から批判を受けた
ことを理由に、看護師が
一斉に退職したという
報道があった。
このようなニュースが
流れると、現場経験者の
筆者としては、どうしても
店舗のクレームと重ねて
考えてしまう。

接客業をしていると、
自身に起因するしないに
かかわらず、さまざまな
クレームを受けることが
ある。ヘンな言い方だが、
一度だけのクレームなら
どんな理不尽なクレーム
だろうと受け入れる覚悟は
ある。

しかし、
モンスタークレームの
常習化だけは避けなければ
ならない。
これは、オーナーや店長が
我慢すればいいだけに
とどまらず、
アルバイトにも被害を
及ぼすからだ。
店が悪いわけではないのに、
たった1人の
モンスタークレーマーに
よって、せっかくの人材を
失うことになる。
人手不足が叫ばれる昨今、
これはコンビニだけでは
なく飲食店などの接客業で
同じことが言えよう。

毎日来るモンスター
 クレーマー


店にはクレーマーが
ときどき出没するが、
これは一時的なトラブルに
すぎない。表現としては
少し違うが、
のど元過ぎれば熱さを
忘れるといった感じだ。
問題なのは、毎日来ては
文句ばかり言うタイプの
クレーマーだ。
どの店も1人や2人、
このタイプのモンスター
クレーマーを抱えている
だろう。
 
土下座しろとか
誠意を見せろだの、
タバコ◯カートン分だとか
言うわけではない。
ただただ文句を言い続ける
のだ。
「あいさつがなってない」
「あの商品はないのか」
「なんだお前その態度は」
など重箱の隅をつつく
ような物言いなので、
これは精神的にかなり
キツイ。

「自分がアルバイトとの
 間に入ってフォロー
 すればいい、それが
 ウマいやり方だ」――
以前まではそう考えていた。
だが、実は違うのでは? 
と思うようになった。
というより、このやり方
では自分の身が持たない。

アルバイトに対して
くどくどとクレームを言い、
行き着くとこはオーナーか
店長を呼べ! となる以上、
アルバイトに
「テキトーにあしらって
 くれよ」と頼むだけでは
解決しない。

モンスタークレーマーは
 “かまってちゃん”


筆者が思うに、多くの
モンスタークレーマーは
単なる“かまってちゃん”
である。誰でもいいから、
自分の存在を認めてもらい
たいのだ。そのため、
自分に対して言い返して
こない相手にはしつこく
絡んでくる。

クレームを最初に受ける
のは、多くの時間を接客に
費やすアルバイトだ。
ほとんどの攻撃パターンは、
最初に接客した
アルバイトに絡んで
クレームを言い、
アルバイトでは
対応しきれず、責任者が
対応して謝るという流れに
なる。
これでクレーマーは
店を征服したような気分に
なるのか、最高責任者が
出てきて謝ることで満足
する。

満足して終わればいいが、
やっかいなのは、一度この
パターンにハマると
繰り返されてしまうことだ。
多くの場合、繰り返される
ことによって
「この人はモンスター
 クレーマーだったのか」
と認識する。

また、なぜ彼らはモンスター
クレーマーになったのか。
ひょっとしたら、店側にも
責任があるのかもしれない。
どういうことかというと、
最初の対応で店側が
「すいません、すいません」
と平謝りすることで、
彼らはスッキリする。
一度だけでなく、
二度三度と続くことで、
「自分はエラくなった」
と勘違いしているのでは
ないだろうか。

「あなたの言い分は
  今後一切聞きません」


モンスタークレーマーに
発展しそうな人、もしくは
すでにモンスター化して
いる人たちに対して、
筆者はある行動を起こした。
ポイントは以下の2つだ。
・クレームを言ってこない
限りは通常の対応をする
・モンスタークレーマーの
一次対応は責任者である
筆者

過去に数回のクレームを
入れている人や、
いきなり怒鳴り声を上げる
人など、このタイプが
入店してきたときは、
アルバイトがいても
オーナーである筆者が
最初から接客にあたる
ようにした。

筆者が不在の時に対象者が
一言でもクレームを
言ってきたらすぐに
電話させ、電話口もしくは
店舗まで行き対応した。
しかし、クレームを言って
こない限りは、
いつも通りに対応する
ことをアルバイトには徹底
した。

そこで一言でもクレームを
言い出したら
「あなたの言い分は
 今後一切聞きません」と
ハッキリ言ってみた。
場合によっては、
乱暴な物言いで声を荒ら
げることもあったが……。

すると、モンスター
クレーマーに変化が出て
きた。レジで筆者の列を
避けるなど、筆者との
接点を嫌うようになり、
アルバイトに接客対応を
求めてきたのだ。

当初、そこで
アルバイトに文句を言い
出すのかと思ったが、
逆だった。アルバイトに
愛嬌を振りまいてきたのだ。
アルバイトに話を聞くと、
筆者から逆襲にあった
モンスターは、
「自分は何も悪いことは
 していないのに、
 店長から怒られた」と
いうようなことをこぼして
いたのだ。

彼らが何を考えているかは
知る由もないのだが、
想像するに、筆者から
無下な対応をされたことを
アルバイトに言うことで、
“自分は悪い人ではない”
と自分の味方を
アルバイトに求めている
ように感じた。

まるで
“モグラ叩き”のよう?


それをコンビニの本部に
求める者もいた。つまり、
本部へのクレームだ。
しかし、本部へは前もって
報告しているので、
クレームが入ったとしても
「はい。店舗に指導して
 おきます」で終わりだ。
本来なら、本部にも
筆者同様の対応をして
もらいたいところだが、
筆者の対応を良しとする
考えの持ち主と
否とする者とに分かれる
ので、強要まではでき
ない。

数名のモンスターに対して
同様の対応をしたところ、
別のモンスターにも
同じような態度が見られた。
それ以来、来なくなった
モンスターもいた。
全てのモンスターに有効だ
とは思わないが、これは
意外な結果だった。

軌道に乗るまでは対応に
悩む部分もあるが、
アルバイトが責められて
辞めていくよりも
彼らの攻撃が筆者に向かう
ほうが精神的に楽だ。
万が一のことを考えて
アルバイトへの事情聴取も
しなくていいので、
クレームに対しての対応も
減る。何より、たった
数回の対応でモンスターが
“普通の人”に戻る。
もともとがクレーマー気質
なので、ときどき
モンスターの顔に
変身するが、そのときは
再び同じことを繰り返せば
いい。
表現は少し悪いが、
モンスターの顔が出て
くれば、ぽこっと叩けば
いいだけのことである。

世の中には、
クレーム対応をきちんとして
売り上げを伸ばそうという
ビジネス本がある。
品質やサービス、業績向上の
ためにもクレームには真摯に
向き合うべきだ。筆者は、
モンスタークレーマーへの
対応に生産性はなく、
気遣いも無用だとも思うが、
こちらが淡々と、あるいは
毅然とした対応をすることで、
彼らの態度もまた様変わり
するのだ。[川乃もりや]
(ITmediaビジネス6/22 8:00)


この対応を手放しでお奨め
する訳にはいかない。
相手が暴力を振るうこと
だってあり得る。

日本では、客自身が
「お客様は神様」だと
思っている節がある。

金は払うかも知れないが
商品など見合いのサービスは
受け取っている。

客と商人は
お互いに義務を果たす
対等の立場にある。

飲み屋の女将の客あしらい
から学ぶべきである。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

反日思想は明治の産業革命遺産も世界遺産登録に反対する

'15年6月22日(月)
[世界遺産] ブログ村キーワード

【活気あった炭鉱物語】
『朝鮮の人』への差別
 なかった…
」 

戦前から戦後にかけ、
世界遺産群の対象では
ないが、福岡県福智町
(旧田川郡方城町)の
方城炭鉱に勤務していた
福岡市在住の田中好子さん
(89)が、炭都として
活気に満ちあふれた
当時の様子を淡々と語った。
(九州総局 奥原慎平)

田中さんが炭鉱について
話そうと思ったのは、
韓国政府が炭鉱労働に
関して朝鮮半島出身者の
被害ばかりを強調し、
「長崎市沖の端島炭坑
 (通称・軍艦島)など
 世界遺産群の登録に
 反対していることに
 違和感を覚えた」からだ。
自らが経験を若い世代に
語り継ぐ責任があると
思ったという。

方城炭鉱は筑豊炭田の
主力鉱として、三菱鉱業
(現・三菱マテリアル)の
前身の三菱合資会社が
明治35(1902)年に
開鉱した。

田中さんは、福岡県
直方南高等女学校
(現県立筑豊高校)を
卒業後、経理担当事務員と
して三菱鉱業方城炭鉱に
就職した。
炭鉱労働者の仕事量に
応じて給与を計算し、
会計係に回すのが主な仕事
だった。

田中さんは、
「過酷な労働環境だった分、
 実入りも多かった。
 朝鮮半島出身者も
 日本人に負けじと
 働いて稼いでおり、
 私の知る限り
 出身地による差別
 なんてなかった」と
証言する。

職場や社宅での
仲間同士の呼び方に
その一端が垣間見えた。

例えば、
「半島出身者を指す場合は
 『朝鮮の人』と呼んでいた。
 差別意識があるなら、
 『朝鮮人』と呼ぶはずだ。
 東北出身者は『東北の人』
 だったし、
 関西出身者は『関西の人』
 と呼んでいた。
 半島出身者もそれと同じ
 だった」と語った。

勤務時間や採掘量を示す
伝票にはひと目で
半島出身者と分かる
氏名が書かれており、
その中には、
日本人の1.5倍は働いて
いた人もいた。

社宅の間取りは、4畳半と
6畳をひとまわり
大きくした二間だった。
半島出身者も日本人も
同じ待遇で入居していた。

社宅に住む半島出身者の
中には家族連れもいたと
いい、田中さんは
「彼らが強制連行されたと
 聞いたことなどなかった。
 何よりも家族連れで
 強制連行された人なんて
 いたのだろうか」と語り、
韓国政府の一方的な
言い分に首をひねる。
子供同士も出身地など
関係なく、ふつうに遊んで
いた。

街には現在のスーパー
マーケットに当たる
購買課が2カ所あり、
日常用品がところ狭しと
並んでいた。

陳列棚には、薄い黄色に
赤褐色の帯がついた
売れ残りのリプトンの
紅茶缶があったことを
鮮明に覚えているという。
また、近くの街には
料亭や劇場、映画館も
あったという。

当時、炭鉱での石炭採掘は、
富国強兵を目指す
日本のエネルギー政策の
生命線だ。
事故が起これば採掘量の
減少につながるため、
会社側は
「爆発事故には最も神経を
 尖らせ、安全対策を
 徹底していた」と話す。

「韓国政府は、日本が
 世界遺産に登録申請
 したら文句を言う。
 事故や病気による
 犠牲者は半島出身者
 だけではない。
 方城炭鉱には
 差別のない活気に
 満ちあふれた生活も
 あった。
 韓国政府はそうした
 面にも目を向けて
 ほしい」
     ◇
方城炭鉱 
直下型縦坑方式を
採用した最新式の炭鉱。
大正3年12月、
日本史上最悪の
炭鉱爆発事故が発生し、
671人の犠牲者
(会社発表)を数える
大惨事が起きた。
福岡県の調べだと、
昭和19年1月現在、
計3217人の朝鮮半島
出身者が
「徴用」「募集」の名の
下で働いた。
     ◇
世界遺産登録をめぐる
日韓の見解 


国連教育科学文化機関
(ユネスコ)の諮問機関、
国際記念物遺跡会議
(イコモス)が今年5月、
「明治日本の産業革命遺産」
(23件)の世界文化遺産
への登録を勧告した。
韓国政府は
「世界遺産条約の基本
 精神に反する」
(尹炳世=ユンビョンセ=
 外相)と反対し、
外交攻勢を強めている。
日本政府は、登録対象は
韓国を併合した1910年
以前で
「政治問題化すべきでは
 ない」
(菅義偉官房長官)と
している。
登録は7月上旬に決定する
見通し。
(産経ニュース6/21 11:30)

関西には耳塚や鼻塚という
史跡がある。
豊臣秀吉の朝鮮出兵のとき、
敵の耳や鼻を削ぎ落とし、
袋に詰めて、日本に送って
きた。
その供養のために
建てられたという。
(五木寛之 人間の覚悟
 新潮文庫)


とにかく自国の尊厳を
極端に大切にする国である。

世界遺産登録によって
日本の観光資源が増え、
観光客をさらに奪われる
という計算もあるだろう。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする