2014年11月30日

唾液不足を改善して、風邪やインフルを予防する方法

'14年11月30日(日)
[口呼吸] ブログ村キーワード

牛や犬は汗腺を持たない。
そこで、汗をかけない
彼らは体温の上昇を呼吸で
抑える。
当然、彼らは口呼吸になる。
それでも、彼らにとって、
命取りになる風邪はなか
なか引かない。
それは、滴り落ちるほどの
豊富な唾液によるのでは
ないか。

唾液のパワーについて
AERAは特集を組んでいた。


寝るときに口に貼る
テープ
が売れている。
指2本ほどの幅のテープを
唇に縦に貼るのだ。
ドラッグストアを中心に
売れていて、
中でも専用テープ
「ネルネル」は人気。
販売する三晴社の
藤井博基専務はこう話す。
「20年ほど前から
 販売していますが、
 ここ5年で伸びています。
 風邪対策か、
 例年11、12月には、
 売れ行きがほかの時期の
 1.5倍になります」

いびき防止、睡眠時無呼吸
症候群の予防など、
寝るときに口を閉じる
メリットは多い
が、特に
最近注目されるのが、
唾液を蒸発させない
という点。なぜなら、
「ドライマウス」に
悩む人が増えているからだ。

「正確な統計はありま
 せんが、欧米の報告から
 換算すると、
 日本人の4人に1人は
 ドライマウス患者では
 といわれています」
と話すのは、鶴見大学
歯学部の斎藤一郎教授。

口が乾くとどうなるのか。
唾液には口の中を洗浄する
働きがあり、抗菌物質
なども含まれるため、
唾液が減ると
特にこの季節は風邪や
インフルエンザにかかり
やすく
なる。
歯周病や歯肉炎にもなる。
また食べ物の消化を
助ける酵素も含まれ、
唾液が減ると、胃炎などの
症状を引き起こすことにも
なりかねない。

斎藤教授によると、
ドライマウスの患者には
大きく3タイプあるという。
唾液そのものが
 十分に出ない人

「出ているのに
 蒸発してしまう人
「出ているのに
 『乾いている
 感じる人
」だ。

唾液が
十分出ていない場合、
唾液や涙を分泌する
組織を自分の免疫力が
攻撃してしまう
「シェーグレン症候群」
という病気や、更年期障害、
薬の副作用などの影響の
可能性があるという。
ほかにストレスを感じても
唾液の分泌は止まる。

唾液の分泌は十分なのに
口の中が乾燥する場合、
口が開き、蒸発しているか、
精神的な要因、歯並びの
影響もあるという。

最近は昔に比べて、
硬いものを食べなくなり、
ゲームやメールをする
ことが増えて会話が
減った。
日本人の日常生活で
口を使わなくなった
ことが、口を閉じる力を
弱めた。
さらにストレスも増え、
唾液減が起きていると、
斎藤教授。
今後も患者が増えると
見込む。

唾液の蒸発を防ぐため
口の周りの筋肉を鍛える
顔体操」を提唱するのは、
福岡市にある
「みらいクリニック」の
内科医、今井一彰さんだ。
この体操は大きく口を開き
あー」「いー」「うー
べーと声を出すだけ。
一日30セットを推奨する。
この四つの動作をする
ことが、口の中に張り巡ら
された唾液腺からの唾液
分泌を促すそうだ。

特に舌を前に突き出す力を
鍛えることで、口呼吸から、
人本来の鼻呼吸に
戻すことができ、病原菌が
口から入るのを防げると
いう。寝るときの口テープ
鼻うがいも推奨する。

この顔体操で、
インフルエンザの罹患率を
減らしたのは、福岡県の
春日市立須玖
(すぐ)小学校
2008年から校内で試験導入、
12年から
全校生徒に家庭での実施も
呼びかけると

同年からインフルエンザに
よる学級閉鎖がなくなった

という。田中さえ子養護
教諭はこう話す。
「唾液を通して、
 自分の努力で健康という
 宝物が手に入ることを
 子どもたちに教えて
 います」

福岡県八女市の星野保育所
星光園
も12年春から
毎朝の活動に取り入れ、
インフル感染児をほぼ
ゼロに
。八女茶でうがいを
し、手洗いをした後に、
1〜5歳の園児65人が声を
上げる。
「免疫力が増していると
 実感します」
(森田さゆり主任保育士)

東京都荒川区にある
相田歯科クリニックの
歯科衛生士・大和泰子さん

(42)は勤め先で
この体操を知り、花粉症の
症状を改善させようと
自宅で試していたところ、
当時5歳と3歳の
息子2人もまねするように
なった。
その結果、家族全員が
風邪をひきにくくなった

という。
数年前、2人が相次いで
インフルエンザに
かかったときは、約1ヶ月
仕事を休まざるをえな
かった。
「冬場のストレスから
 少し解放されました」

たかが唾液と思うなかれ。
すごいパワーが秘められて
いるのだ。
(編集部 塩月由香)
(健康 顔体操がワーママを
 救う 唾液の力でインフル
 予防 AERA14.11.24No.51
 朝日新聞出版)


なお、顔体操の「べー」は
舌を大きく出してする
あかんべーで、
本来の目の動きは無視する。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 養生訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

中島みゆき、歌にスコッチのパンチ、紅白で歌う「麦の唄」

'14年11月29日(土)
[紅白歌合戦] ブログ村キーワード

●麦の唄

なつかしい人々
 なつかしい風景
その総てと離れても
 あなたと歩きたい
嵐吹く大地も
 嵐吹く時代も
陽射しを見上げるように
 あなたを見つめたい
麦に翼はなくても
 歌に翼があるのなら
伝えておくれ故郷へ
 ここで生きてゆくと
麦は泣き 麦は咲き
 明日(あした)へ育ってゆく


第65回NHK紅白歌合戦の
出場者が26日発表され、
連続テレビ小説
「マッサン」の主題歌
麦の唄」を歌う
中島みゆきの12年ぶりの
出場
が決まった。
中島はNHKを通じて
コメントを寄せ、
前回の経験を踏まえて
「また何かしでかさない
 ように…」などと
心境をつづった。

中島は2002年の第53回で
初出場し、人気番組
「プロジェクトX」の
主題歌だった「地上の星」を
富山県の黒部ダムで歌った。
この際、一部の歌詞を
間違えた
ことから、
中島はコメントで
「黒部の時には
 『一生の思い出だわ』と
 感激のあまり、歌詞を
 間違えました」と述懐した。
 
その上で、
「まさかの二度目出場」と
今回の出場決定を喜び、
「『来世までの思い出だわ』と、
 感激のあまり、また何か
 しでかさないように
 頑張って歌わせていただき
 ます」と抱負をコメント
した。
(時事ドットコム11/26 16:57)

声を聞かせて
歌詞が聞き取りづらい
彼女の歌は
耳の遠い高齢者には
歌の良さが充分には
伝わらない。
そこで冒頭に歌詞を
掲げてみた。

NHKの紅白出場歌手の
選定には、誰にも分かる
基準がある。
それは出場歌手のジャンルの
バランスを考慮しつつも、
視聴率を最大にしようと
いう計算である。
それに、朝ドラの好評を
受けて、彼女を登場させ、
加えて朝ドラの視聴率も
さらに上げようという
お手盛りの人選である。

それが悪いとまでは
言えないが・・・。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

育ち過ぎたイスラム国に米国と対立するシリア軍も空爆

'14年11月28日(金)
[イスラム国] ブログ村キーワード

台頭する「イスラム国」

「ぜひ見なさい」。
レバノン出身の友人から、
米公共放送サービス
(PBS)が
最近放映した番組を
薦められた。
「台頭するISIS」という
特集番組で、
シリアやイラクで勢力を
拡大するイスラム教
スンニ派過激組織
「イスラム国」の
生い立ちを紹介している。

番組はベテラン米国人
ジャーナリストの
マーチン・スミス氏が
プロデュース。
イラクのマリキ前首相
地位保全にきゅうきゅうと
するあまり、対立する
スンニ派を弾圧
した
強権政治が、イスラム国の
誕生につながった
経緯を
描いている。

スンニ派の側近を
追放し始めた
マリキ前首相からの
メッセージを
オバマ米大統領が
見逃すなど、なじみのない
逸話も紹介した。
イラクの宗派対立に
無頓着だった米政府を
暗に批判
しているのだ。

友人も米政府の不作為を
批判する。
「マリキ前首相を
 (米軍撤退計画などに)
 利用したため、
 宗派弾圧など都合の悪い
 イラクの内部事情を
 米国民に伝えなかった」。
さらには、
米国のメジャー
 (国際石油資本)
 権益を持つイラク北部

 イスラム国が抑えたから、
 慌てて空爆
し始めた」
という。

どこかで見た一幕だと
思い振り返ってみたら、
エボラ出血熱での対応も
米国人の患者が
発生するまで政権の腰は
重かった。超大国が
内向き姿勢になり始めた
証しだろうか。
(松浦肇)
(アイラブニューヨーク
 産経新聞11/27 9(国際)面)


イスラム国「首都」空爆

シリア政府軍は25日、
「イスラム国」が
“首都”と位置づける
シリア北部ラッカを空爆し、
多数の民間人を含む
少なくとも95人が死亡
した。

アサド政権はこれまで、
住民への無差別的な空爆
作戦を行っているとして
米欧から強く非難されて
きた。
しかし、今回の空爆では、
国際社会との共通の敵
であるイスラム国への
攻撃のためであれば、
民間人に犠牲が出ても
米欧からの批判は限定的

という計算も働いたと
みられる。【カイロ=大内清】
(同紙同面別記事抜粋)

娘を連れ戻した母

キリスト教徒のオランダ人
女性
(49)が、イスラム
過激派「イスラム国」に
加わった娘(19)から
助けを求められ、
同組織が「首都」と位置
付けるシリア北部ラッカに
潜入し娘を連れ戻した

(中略)
母親はイスラム教徒の
女性の顔と体を覆い隠す
衣装を着て
トルコから
シリア国境を越えた

娘とはフェイスブックで
連絡を取り、ラッカで
落ち合う場所を決めたと
いう。
2人は再び国境を越え
トルコ側に脱出した。
オランダ南部マーストリ
ヒトに戻った娘は、
国家の安全保障を脅かした
疑いで拘束された。
(カイロ 共同)
(同紙同面別記事抜粋)



この19歳のオランダ人
女性は、エボラ出血熱の
ように、国の安全を脅かす
「イスラム国」の教義に
感染していないかを調べ、
目的を偽った密出国の罪にも
服さなければならない。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

文明は国家を強くするが、人間からはたくましさを奪う

'14年11月27日(木)
[曽野綾子] ブログ村キーワード

マダガスカルは、アフリカの
インド洋に浮かぶ
マダガスカル島を領土とする
共和制国家。

作家曽野綾子さんが
医療支援にここを訪れた
ときの見聞から、
日本との文明の違いを
比べてみたい。


2年ぶりに、
昭和大学の形成外科・
麻酔科のドクターたちと
マダガスカルに来た。
アンツィラベという地方
都市で、放置されている
口唇口蓋裂の子供たち
を、
無料で手術していただく
プロジェクトの、
私は後方支援として
働かねばならないのだが、
実は2年の間に、
体力も衰え、膠原病も出て、
足の裏のマメは治らなく
て、
ほとんど
役に立たないどころか、
ちょっとした道の表面の
凹凸が足の傷にひびいて、
歩く時、支えてもらって
いる。

道の凹凸は、舗装が
悪いからの場合もあり、
植民地時代の石畳
そのものが、アスファルト
舗装と違って平らでない
からでもある。
だから私の救いは、道の
状況のいい日本に帰れば、
私の足でも健康人の80%
くらいの機能の悪さで、
まだ自分で歩ける
という
ことなのだ。

アンツィラベのホテルの
玄関を一歩出れば、物売りと、
子供をおぶって乞食をする
若い女性に取り囲まれる。
この国では16歳くらいで
子供を産むから、
背中の赤ん坊はその女性の
産んだ子なのか妹なのか

わからない。
ただ身ぶりと
簡単なフランス語で
食物を買うお金を
 下さい
」と言っている
ことはわかるので、
日本人は胸が痛む。

今、マダガスカルは
春の雨期で、毎日のように
落雷の結果数時間に
わたって停電
する。
懐中電灯をカバンに
しまったままの日本人は、
停電になったらもう捜し
出せない。
しかしそんな悲劇は
自業自得で、手術中の
麻酔科のドクターたちは、
手動に切り替えて生命維持
装置を使う。ここの医療は、
先進国の医療と野戦病院の
中間くらいの位置にある
ように見える。

しかし地球上には、
生涯そのような暮らしに
おかれている人々が、
何十億といる
だろう。
電気がなければ、病気の
子供たちや老人は、
すぐに生命の危機にさらさ
れる。
安定した電力の獲得が
人間の生命と思想の自由を
保障
する。
停電と驟雨の後の満天の
華麗な星空が、
無言のうちにその現実を
つきつけているように
みえる。

ホテルの食堂からは、
町の四つ辻のドラマが
よく見える。
自動車がまばらだから、
若い父親はなぜか車道で
幼い子に「高い高い」を
して遊ばせており、
一家数人は交差点の
真ん中で知人と抱き合い、
そのまま喋りながら
ほぼ中心線の上をのどかに
歩いて行く。

しかし壮観は早朝から
必死で働く人力車夫たちだ。
梶棒を人力で引く形式も
あるし、自転車をつけた
ものもある。この車は
プスプスと呼ばれる
タクシー代わりで、
車夫の男たちの多くは
痩せて裸足
である。
代金は交渉して乗るのだが、
50円から100円くらいだ。

私は彼らより栄養もよく、
そしてそんなことは
自慢にもならないのだが、
字の読み書きもできる。
しかし私の足の裏は、
今傷だらけで、
彼らの強靭な能力の
それこそ足元にも及ばない
だから、私は人間としての
能力において限りなく
謙虚になるほかはないのだ。
(アンツィラベにて)
(曽野綾子の透明な歳月の光
 マダガスカルの風景
 人間のなまの姿を見せる国
 産経新聞11/26 
 7(オピニオン)面)


マダガスカルの人たちが
日本へ来て生活できるだろ
うか。
また、日本人が
マダガスカルで
現地の人たちと同じように
暮らしていけるだろうか。

この記事に引かれたのは
口唇裂症が
500人に1人という
身近な問題だからである。

しかし、日本では
そのままにされた子供は
見当たらない。

マダガスカルでは
それが放置されている
場合が多いのだろう。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

祖父岸信介元首相に習う安倍外交の外堀の埋め方

'14年11月26日(水)
[日中首脳会談] ブログ村キーワード

唯我独尊という姿勢に
みえる中国も、味方は
少しでも多い方がいい。
多くの国と友好関係を築く
日本との首脳会議を避け
続けるわけにはいかない。

安倍首相のこうした
外堀を埋めるような
祖父譲りの
したたかな外交が実を
結んだ。
詳しい論評は
次の新聞記事で・・・・・・。


北京で開かれた
アジア太平洋経済協力
会議(APEC)首脳会議に
先立つ今月10日、
安倍晋三首相と中国の
習近平国家主席による
日中首脳会談が実現した。
日本の首相と中国主席の
会談は3年ぶりであり、
両国の関係改善に向けた
「大きな一歩」(首相)
なったが、
話題を呼んだのは
会談の内容よりむしろ、
握手を交わす両首脳の
表情
だった。

安倍首相が淡々とした
様子だったのに対し、
習主席は伏し目がち
笑顔はなく、背後には
両国の国旗さえ置かれ
なかった。
日本国内では「無礼だ」と
反発が起き、韓国メディアは
「日本冷遇」と報じたが、
APECに参加したリーダー
たちの受け止め方は異なって
いた。一部始終を目撃した
政府高官はこう証言する。

「首脳間ではむしろ
 習主席の頑なな態度が
 笑いものになっていた。
 習氏の沈鬱な表情を
 『市場に引かれていく
  牛みたい
だった』
 表現した首脳
もいた…」

各国首脳は、習主席が
「日本に歩み寄った」と
みられると
政治基盤が打撃を受ける
ため、国内向けの演出に
腐心していることを見透か
していたのだ。当然、
日中どちらが会談の主導権を
握り、どちらが追い込まれて
いたのかも理解していた。

実際、会談で習主席は、
これまで執拗に問題提起し
続けてきた
靖国神社参拝問題も
尖閣諸島(沖縄県石垣市)
問題も一切言及しなかった
首相は中国に何ら譲歩する
ことなく、首脳会談を実現
したのだった。

外交は
「何かを求めた方の立場が
 弱くなる」(外務省幹部)
のが常識である。

日中外交筋によると、
首脳会談に先立ち、日中間で
交わした合意文書は、首相が
会談をドタキャンすることを
懸念した中国側の要請で
まとめたものだった。
中国側は文書に、首相の
靖国神社不参拝の確約を
盛り込むことにこだわったが、
日本側が
「それならば会談しなく
 てもよい」と突っぱねた
ところ、あっさりと折れて
きたという。

中国側はこの文書を
日中同時発表するに当たり、
こうも頼んできた。

日本の外交的勝利だとは
 宣伝しないでほしい
…」

首相はその後、
訪問先のミャンマーで
李克強首相とも関係改善で
一致し、オーストラリアでは
再び習主席と握手を交わした。

では、なぜ中国はそれほど
軟化したのか。安倍外交の
何が奏功したのか。

ヒントは首相の祖父、
故岸信介元首相にある。
岸氏は
「岸信介の回想」
(文春学芸ライブラリー)で、
昭和32年に
日本の首相として初めて
行った東南アジア歴訪を
こう振り返っている。

「私は総理として
 アメリカに行くことを
 考えていた。それには
 東南アジアを先きに
 回って、アメリカと
 交渉する場合に、
 孤立した日本という
 ことでなしに、
 アジアを代表する日本に
 ならなければいけない、
 という考えで行ったわけ
 です。(中略)それで
 アメリカに行く前後に
 十五カ国を二つに分けて
 回りました」

アメリカを中国に
置き換えるとどうか。

「地球儀を俯瞰する
 外交」を掲げる首相は、
日中首脳会談の前に
5大陸を股に掛けて
世界49カ国を巡り、
200回以上の首脳会談を
こなした

米国、東南アジア諸国
連合(ASEAN)、
オーストラリア、インド、
ロシア、トルコなど
各国との関係を次々に強化し、
日本の発言力・発信力を
高めた上で50カ国目の
訪問国として中国を選んだ。

では、日中首脳会談の実現に
最も焦ったのは誰だったのか。
歴史問題などで
軋轢が生じている韓国の
朴槿恵大統領
だった。実は
これも首相の読み通りだった。
(政治部編集委員 阿比留瑠比)
(産経新聞ニュース11/25)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする