2019年07月24日

挨拶で相手の心の水面に好感の波紋が生まれる

'19年7月24日(水)

森鴎外が1909年
(明治42年)に発表した
短編小説「鶏」は、鴎外が
軍医として勤務したことの
ある小倉(北九州市)に
住む軍人・石田小介が
主人公だ。一節に当時の
暑中見舞いの様子が描かれ
ている
◆鴎外の身の回りにも、
普通にあった光景なのだ
ろう。日曜日に暑中見舞い
の客の訪問を受けたり、
師団長ら上司には自宅を
訪ねて名刺を出して済まし
たりする情景を、石田を
主語にして書いている
◆江戸時代、猛暑の時期に
お世話になった人に
贈り物をしたのが、暑中
見舞いの由来とされる。
明治以降、郵便制度が発達
すると、徐々に簡素化され、
あいさつ状を送るように
なったという
◆こうした風習もすたれ
つつあるのだろうか。
日本郵便は、暑中・残暑
見舞い用のはがき
「かもめ〜る」の利用に
ついて
「個人が3割、法人が
 7割」と明らかにしている
(2017年・郵政民営化
 委員会)
◆7月は「文月」、そして
きょう(きのう)23日は
「ふみの日」だ。
小中学校も夏休みに入り、
先生に暑中見舞いを
送ったり、もらったり
する子もいるだろう。
季節感や宿題の進み
具合を、直筆で相手に
伝える喜びを感じ取って
ほしい。
(編集手帳 讀賣新聞7/23)

文化は便利になる文明の
影響を受けて変化するもの
なのか。
暑中見舞いという文化も
物を持って伺うことから、
中元という大半が送る方法に
変化し、はがきで挨拶する
方法も付き合いの親疎に
よって、篩(ふるい)に
かけられるが、これも省略
するようになると、人は
さらに孤立する方向へ進む
だろう。

何でもない挨拶でも
相手の心に何となく
好ましい影響を与えている
ように想う。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

香港で分かる、民主主義は国民が育み、常に見守るもの

'19年7月23日(火)

○河北新報
日本人も香港で
逮捕されれば、中国に連行
される。
香港の大規模デモの原因に
なった当局の条例案が先月
可決されていたら、そんな
恐れがあった。
今も完全撤回を求め、デモが
続く
▼背景にあるのは
独裁国家の一都市になる
ことへの危機感。
抗議の自殺をする若者も
いる。
そんな香港に比べれば、
民主的な選挙制度を持つ
日本は民主化が進んでいる
と感じる人が多いだろう。
だが、香港の民主活動家、
周庭さんはそう単純では
ないという
▼理由は日本人の政治的
無関心。周さんは日本の
学生団体との著書で
「日本人は普通選挙の
 システムに頼りすぎて
『自分はこの人を
 選んだので、後は
 任せておけばいい。
 自分は何もしなくて
 いい』と考える」
と指摘。
民主的な制度があっても、
政治に無関心では意味が
ないと訴える
▼今回も政治への無関心が
数字に表れた。
きのう(21日)開票された
参院選の投票率は非常に
低かった。自分に関係ない
と思うからか。
投票したい人や政党がない
からか。与党が勝ったが、
約半数の有権者が棄権した
事実は重く受け止める
必要がある
▼選挙中はどの候補者、
政党もいいことばかり言う。
選挙後に期待を裏切る
ことが多い。
「後はお任せ」の態度では
為政者の思うつぼ。
自分が望む政策が
実行されるか、しっかり
見届けよう。
(河北春秋 河北新報ONLINE NEWS7/22)

○読売新聞
農家の方は見かけるもの
かもしれない。
<とうが立つ>。
「とう」は【薹】と書く。
難しい字だが、野菜などを
適時に収穫しないと、
伸びてくる花茎のことで
ある
◆花茎が伸びれば作物は
食べ頃を逸する。
よってが立つは、あまり
いい意味に使われない。
政権与党への国民の意思を
農家に例えれば、
まだまだは立っていない
との判断だろう。
参院選は自民、公明両党が
合わせて、改選議席の半数を
超えた
◆政権を選択する衆院選に
対し、参院選は中間選挙と
呼ばれる。政権への評価と
みれば十分な及第点は
もらったことになる
◆野党では、立憲民主党が
議席を伸した。この春の
野田佳彦・前首相(無所属)
の発言を思い出す。
「対自民党の決勝で勝つか
 どうかが大事なのに、
 準決勝のことしか考えて
 いない」。
民進党から分裂した
立憲民主、国民民主の勢力
争いを嘆いたものである。
とはいえ、どちらが
準決勝で勝ち王者への
挑戦権を得るか。それも
注目点の一つだった。
勝った立憲民主党は
これまで以上に中身が
問われよう
◆国民から党が立ったと
みられるか、野党の地位の
ままが立ったとみられ
るか。正念場だろう
(編集手帳 讀賣新聞7/22)

投票率が低い状態を
政治に参加する人が少ない
という観点から、わが国の
民主主義は未熟だと言わ
れる。民意は政権に
届いているのだろうか。

脱線して恐縮だが、
昔は適齢期の結婚を誰もが
意識していた。
今なら耳に入れば厳重に
抗議されるが、
婚期を過ぎた女性を
当地では
が立っている」と
陰口を言ったものである。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

北朝鮮の顔色を見ながら駆け引きを考える反日韓国

'19年7月22日(月)

北朝鮮の国営朝鮮中央通信
(KCNA)は19日、
日本政府が輸出規制措置で
韓国に圧力をかけて、
「朝鮮半島
 (Korean Peninsula)
 おける平和の流れの
 破壊をもくろんでいる」
 として、日本を非難する
論評を掲載した。

論評は日本を
「千年来の敵」と評し、
「(日本の統治時代に)
 わが民族に及ぼした人的・
 物的・精神・道徳的損失は、
 日本という国をそっくり
 ささげてもとうてい賠償
 できない」と断じた。

北朝鮮の金正恩(Kim Jong-Un)
朝鮮労働党委員長は近年、
ドナルド・トランプ
(Donald Trump)
米大統領をはじめ、中国の
習近平(Xi Jinping)国家主席、
ロシアのウラジーミル・
プーチン(Vladimir Putin)
大統領、韓国の文在寅
(Moon Jae-in)大統領らと
相次いで会談しているが、
これまでのところ日本との
対話への関心は示していない。
【AFP=時事】
(AFPBB News2019/07/20 16:00)


韓国は単独では日本と妥協
することはできない。
北朝鮮は分け前を要求して
いる。「千年来の敵」との
交渉が始まるのを楽しみに
しているようにみえる。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

ことわざが教える人の乱れは、社会の乱れにつながる

'19年7月21日(日)


ことわざ集で出だしが人で
始まるものを拾ってみる。

人垢は身につかぬ
どんな大泥棒でも盗みに
よって大金持ちになった
ためしはない。
他人から盗みとった物は
その時一時は自分のものに
なっても、いつまでも
自分のものにはなって
いないということ。

人必ず自ら侮りて
 然る後に人これを侮る

あまり謙遜してはいけない
ということで、自分をひげ
して自分をあなどると、
必ず世人からもあなどりを
受けるようになる。

人屑と縄屑は余らぬ
人には有能な者と無能な
者があるが、それぞれの
仕事にふり向けられるもの
だから余ってじゃまだと
いうことはない。
(新国語研究会編
 ことわざ辞典 緑樹出版)


最初のことわざは、
お金は自分で苦労して
稼いだものでなくては
ならないと言っている。
第一、被害者が出る。
万引きやひったくりも
詐欺も人を困らせていい
わけがない。

二番目のことわざは、
自分を謙遜し過ぎても
よくないと言っている。

謙遜を戒めているので
あって、過大評価を勧めて
いるわけではない。
昨今、権利の主張ばかりが
目立つが、主張する権利が
あれば、何をしてもいい
ということではない。

最後のことわざは、
誰にも使い途はあるものだ
と言っている。
そのためには、誰もが
仕事にありつける社会的な
システムが要るように想う。
昔は誰かが世話をした。
昨今、個人と社会との
関わりが減っている。
社会から孤立すると自分の
視野が狭いことにも
意見を言う人がなくて
気がつかない。

先のことわざ集に
人こそ人の鑑、というのも
ある。その解説は次のよう
になっている。
自分の行いを改めるには、
他人を手本にするのが一番
よい。
他人の言動を反省の材料に
して、姿を映す鏡にたとえた
言葉である。

人口が減少しているのに
諍いが増えている。
生き物は新しい世代を残して
寿命を迎える。
子どもを育てることが
“主”で自分を人生で満足
させるのは“従”である。
したがって、子どもに
苦労をかける離婚は
好ましくない。
子は鎹(かすがい)
ということわざも載って
いる。
子に対する愛情によって、
仲の悪い夫婦のあいだも
融和せられ、夫婦の縁が
つなぎ保たれる、と解説
されている。

虐待は生き物としての
本能さえ損なわれた
危機的な状態である。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

世界が報じたアニメの聖地の放火、日本は大丈夫なのか

'19年7月20日(土)

若手の俳人、佐藤文香さんに
映画館の景色を詠んだ句が
ある。
<晩夏のキネマ氏名を
 ありったけ流し>
(句集「海藻標本」所収)
◆心を揺さぶられたあと、
涼しい空調の中で
エンドロールをぼうっと
見つめるのだろうか。
映像作品に大勢の人が
かかわることも、それで
知ることが多い。
きのう(18日)アニメ映画
「けいおん!」を取り寄せ、
亡くなる人の数を次第に
増す速報に耳を傾けつつ、
エンドロールを眺めた
◆スタジオの風景を
垣間見る気がした。
「絵コンテ」「作画」「動画」
といった役割とともに、
何十人という氏名が流れて
いく
◆被害者の名もそこにある
かもしれない。放火された
アニメ制作会社
「京都アニメーション」
第1スタジオの死傷者は
68人におよぶ。
エンドロールにもう名前を
刻めなくなった人も多数
含まれる。
若者たちの心をとらえて
離さない人気作品を次々に
生んだ場所が、残酷な炎と
煙に包まれた。
これから亡くなった方々の
暮らし、家族、どんな夢や
希望を抱いていたかが
明らかになっていく。
ガソリンをまいた41歳の
男が奪ったものである
◆血も凍る放火事件が
起った。悲しい夏になった。
(編集手帳 讀賣新聞7/19)

放火はどこで起るか分から
ない。犯人の分からない
連続放火事件も解決して
いない。

刃物による事件が横行し、
警官を襲って拳銃を奪う
者もいる。
オリンピック開催を控えた
日本だが、安全な国では
なくなった。

治安は次元を変えて取り締
まらなければ維持できない
段階にきている。


参考
エンドロール(end roll)
映画やテレビなどで、
映像作品の最後に出演者・
制作者・協力者などの
氏名を流れるように示す
字幕。スタッフロール。
(大辞林第三版)‘


posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする