2019年11月15日

フェイクニュースというロシアの効果的な新兵器

‘19年11月15日(金)

先日、本社から
「ロシアで産経新聞を悪用
 したフェイクニュースが
 報じられている」と連絡が
あり、記事を読んで仰天した。
ロシアのあるインターネット
通信社が5日に配信していた
記事は
「『日本の防衛相が、北方領土
 上空を飛行するロシア軍機を
 今後は撃墜するよう自衛隊に
 命じた』と産経新聞が報じた」
とする内容だったためだ。

防衛相がそうした命令を出した
事実はなく、当然、本紙が報じた
事実もない。
配信元であるネット通信社
「ペルシヤ」のサイト上の記事は
ゴシップ的なものが多く、
この“ニュース”を読んだロシア人の
大半も一笑に付したに違いない。

それでも一部では、
SNS(会員制交流サイト)を
通じて記事が拡散されていた。
本紙の信用に関わる問題であり、
掲載経緯などを尋ねようと
ペルシヤに何度も電話をしたが、
つながらない。
電子メールも送ったが返信はなく、
記事はまだサイト上に残ったままだ。

ロシアでは今年、ネット上の報道や
書き込みを捜査当局がフェイクと
判断した場合、発信者に罰則を科す
法律が施行された。
しかしこれまでのところ、政権側に
都合の悪い情報に適用される事例が
多いようだ。
日露関係を悪化させかねない
今回のようなフェイクニュースに
こそ、法を適用すべきではない
だろうか。(小野田雄一)
(偽ニュースに仰天
 外信コラム 赤の広場で
 産経新聞11/15 8(国際)面)

posted by (雑)学者 at 16:25| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

やってはいけないことを教えない教育は無力である

‘19年11月14日(木)

青森県八戸市で12日夕に
小学校高学年の女子児童が
首を切りつけられ、
全治3週間のけがを負った
事件で、県警は13日、
市内の男子中学生(14)を
殺人未遂容疑で
緊急逮捕したと発表した。
中学生は
「カッターナイフを使った。
 殺すつもりだった。
 誰でもよかった」との
趣旨の供述をしており、
容疑を認めている。

発表では、中学生は12日
午後4時40分頃、
同市新井田西の路上で、
下校していた女児の首の
前部を刃物で切りつけ、
殺害しようとした疑い。
切り傷は長さ約10a、
深さが最大1aという。

捜査関係者によると、
現場付近の防犯カメラに
女児の後をつける若い男が
映っていた。
学校指定のようなリュックや
カバンを持っており、
逮捕された中学生とみられる。
また、中学生の所持品の
中から、凶器とみられる
カッターナイフが見つかった。
県警は中学生も
下校途中だったとみている。

女児は、後ろから来た
面識のない男にいきなり
切りつけられたと話しており、
県警は、容疑者の服装に
関する女児の証言や、
防犯カメラ映像を基に
12日夜、中学生を市内で
発見、緊急逮捕した。
刑法や少年法は、
刑事処分の対象を14歳以上と
規定している。

八戸市教育委員会は
13日午後に記者会見して、
女児が病院で順調に回復し、
面会した小学校の担任と
笑顔で話しているものの、
大事を取って週末まで入院
することを明らかにした。
一方、逮捕された中学生は
運動部所属で入学以来、
目立ったトラブルは確認
されていないという。
市教委は、小中学校で児童、
生徒の不安を解消するため、
臨床心理士による
カウンセリングを行う方針。
(讀賣新聞11/14 35(社会)面)

教育関係者は自分の立場から
都合のいい事実を述べている
だけで、どうすればそういう
行為を未然に防げるのか、
状況改善に取り組む決意が
感じられない。

教育は、まず
「やってはいけないこと」を
その理由と一緒に、徹底的に
教え、それを犯すことが
人として「恥ずかしいことだ」
ということを教えなければ
ならない。

恥を教えない教育は
未完成で役に立たない。

「誰でもよかった」など
自暴自棄の甘えが感じられる
ように思う。
posted by (雑)学者 at 10:29| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

米離れは、その本当の美味しさを知らないからである

‘19年11月13日(水)

書名を紹介するだけで
やや行数を要す。
『天丼 かつ丼 牛丼
 うな丼 親子丼』
(ちくま学芸文庫)
◆食文化史研究家の
飯野亮一さんが
「日本五大どんぶり」の
誕生を探る一冊である。
江戸時代に白飯に挟んで
食べられた「鰻飯(うなぎめし)」が、
上にのせるうな丼となるのは
明治への移行期とみられ、
その後、天丼、親子丼、
牛丼、かつ丼の順で誕生し、
世の中に広まったという
◆発展の下地は江戸時代、
庶民がおいしいお米に
親しんだことにあると
飯野さんは言う。
「舂米屋(つきこめや)」と
呼ばれる精米業者が町々に
あって、江戸っ子は
磨きをかけた白米で
舌を肥やしたらしい
◆北国でも稲刈りが一段落
したようで、スーパーの
売り場に新米が所狭しと
並ぶ時節になった。
先日、ブランド米の銘柄を
眺めるだけで満たされた
気持ちになった。
すてきな名が多い。
銀河のしずく(岩手)、
雪若丸(山形)、
てんこもり(富山)、
キヌヒカリ(京都)、
夢しずく(佐賀)・・・。
百花繚乱である
◆本紙川柳欄(大阪版)に
つぎの作品を見かけた。
<新米の銘柄多し迷い箸>
木下淳。
ほかほかのごはんあっての
日本の食卓だろう。
おなかが鳴る。
(編集手帳 讀賣新聞11/13)

近くの農家から
玄米を分けてもらって、
10`ずつ、近くの精米機で
白米にして食べている。
関西に住む息子に送ると、
「関西では手に入らない」
美味しさだと礼を言ってくる。

従弟は、明治まで存在して
いた米沢村に由来する
米沢米を全国に広めようと
している。

米は水が命であると思う。
酒所と米所は一緒ではないか。
posted by (雑)学者 at 15:52| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

ドタキャンは褒められないし、無断キャンセルなら犯罪

‘19年11月12日(火)

辞書を引く。
【無断】
誰にも断りを入れたり、
許しをえたりしないこと。
【キャンセル】
約束や契約の取消し
◆つまるところ、
巷間よく耳にする
<無断キャンセル>という
言葉は、大変な矛盾を
抱えていることがわかる。
ひと言も断りを入れず、
約束を取り消すなど
神様にもできないことだろう。
お役所はこんな用語にも
神経を使うらしく、
経済産業省は
<ノーショー(No Show)>を
推奨している
◆もともとホテル業の用語で
予約客が姿を見せないことを
表す。定着するかどうかは
ともかくとして、飲食業で
予約客が現れない問題が
深刻化しているという
◆被害が年2000億円に上る
との試算もある。
東京では偽名で1人1万円、
17人の食事を予約した50歳代の
男が偽計業務妨害容疑で逮捕
された。
嫌がらせの疑いが強そうだが、
こうした事例に加えて、
多くがそうであろう
すっぽかしが積もり積もって
2000億円は気味が悪い
◆料理の仕込みなどに
立ち働く人の思いは痛切だろう。
予約のリスクは店側が
一方的に引き受けるケースが
多い。ノーショーそれこそ、
姿を現さないでほしい言葉
ではないか。
(編集手帳 讀賣新聞11/12)

契約のほとんどは
契約書によらず、口頭でなされる。
交わした契約は
解約という手続きがなければ
ならない。
客だからといって一方的な
無断キャンセルは許されない。
posted by (雑)学者 at 12:56| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

息切れがする、咳や痰が続くなどの気になることは・・・

‘19年11月11日(月)

慢性閉塞性肺疾患
(COPD=Chronic
 Obstructive Pulmonary
 Disease)という肺の
生活習慣病がある。
放置すると深刻化するのが
怖ろしい。


COPDはどんな病気か?
COPDとは、有害物質を
吸い込むことで起こる病気の
総称。原因としては、
粉じんや大気汚染などが
あるが、日本ではCOPDの
90%以上の原因が喫煙に
よるものと考えられている。
細い気管支や肺が慢性的に
炎症を起こし、
内側が狭くなって空気を
吐き出せなくなったり、
呼吸が苦しくなったりする。

COPDは、肺気腫や慢性
気管支炎と診断される
ことも多い。


COPDの有無がわかる
チェックテスト

⬜年齢が40歳以上である
⬜タバコを吸っている、または
 過去に長期間吸っていた
⬜朝起きたときにタンが絡む
 ことがよくある
⬜階段や坂道を上ると、ひどい
 息切れがする
⬜いったん息切れが起こると、
 息が落ち着くまでに30秒以上
 かかる
⬜肥満ぎみ、または肥満している
⬜1日に何度もセキが出る、セキが
 出だすとなかなか治まらない
⬜黄色や粘りけのあるタンが出る
⬜同世代の人と歩いていると
 自分だけ歩くのが遅く、
 遅れがちになる
⬜重い荷物を持ったり前かがみに
 なったりすると、
 動悸や息切れがする
⬜食事をしたり入浴をしたりすると
 動悸や息切れがする
⬜のどの奥から。ヒューヒュー、
 ゼーゼーという音が
 することがある
⬜カゼを引きやすく、
 いったん引くと治りにくい

判定
「年齢が40歳以上」で
「タバコを吸っている、または
 過去に長期間吸っていた」人は
COPDになりやすいとされて
いる。
この2項目に加え、そのほかの
項目に1つでも当てはまる場合には、
COPDの疑い大。まずは
かかりつけ医を受診し、必要に
応じて呼吸器の専門医を紹介して
もらって診断を受けるといい。
(肺気腫COPD慢性気管支炎
 呼吸器の専門医が患者にすすめる
 自力克服大全 わかさ夢MOOK128 
 (株)わかさ出版)

posted by (雑)学者 at 12:06| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする